2016年03月20日

間抜けの党、改め、難民党。

zakzak;民進党、英語表記「間抜け」を回避 「難民」の略語と同じに 2016.03.19

>民主党と維新の党が合流する新党「民進党」の英語表記が「The Democratic Party(DP
)」に決まった。当初、「Democratic Innovation Party(DIP)」という提案もあったが、「DIP」は米俗語で「間抜け」の意味があるため、回避したようだ。ただ、「DP」にも意外な略語があって…。

>民主党の岡田克也、維新の党の松野頼久両代表らは18日、国会内で新党協議会を開いた。綱領案には、党代表のリコール制度や、「原発に頼らない社会を目指す」などの表現が盛り込まれた。

>注目されたのは英語表記だった。

>維新の江田憲司前代表は「DIP」の採用を求めたが、インターネット上で「DIP」には米俗語で「間抜け」という意味があるとして話題となった。民主党側には現在の「The Democratic Party of Japan(DPJ)」の継続使用を求める声が強かった。

>結局、双方の中間的な表現に落ち着いたようだが、ネットの英和辞典で「DP」をひくと、略語として「Displaced person」とあり、「(戦争などによって故国を失った)難民、流民」と出てきた。

>「政界の難民」にならなければいいが…。





泥船選挙互助会は、ただ今、漂流中… (*´∇`) アハハ





読売新聞;「民進党」綱領案、民主の「原発ゼロ」消える 2016年03月18日 13時04分

>民主党は17日、両院議員懇談会を党本部で開き、維新の党と合流してできる「民進党」の綱領案と規約案の取り扱いを岡田代表ら執行部に一任することを決めた。

>綱領、規約案は27日の結党大会で正式決定する。

>綱領案では原子力政策の記述が焦点になっていた。懇談会では、原案の「2030年代原発稼働ゼロを目指す」との文言を「原発に頼らない社会を目指す」に修正することがおおむね了承された。関係者によると、労組の一部などから表現を改めるよう要請が来ていたという。規約案には代表の解職請求(リコール)規定も設けられ、「党大会で代議員の2分の1以上の賛同がある場合は、代表解任選挙の実施を発議できる」と明記された。代表解任選挙は、党員や国会議員らが投票権を持つ予定だ。

>維新の党も17日に両院議員懇談会を国会内で開き、綱領案を了承したが、規約案についてはリコール規定に異論が出て、改めて懇談会を開いて協議することになった。






東京新聞;民進党の理念、新綱領案 「原発ゼロ」消える 基本政策には明記 2016年3月19日

>民主、維新両党は十八日の合流に向けた新党協議会で、民進党の基本理念となる新綱領案をまとめた。二十七日の結党大会で正式決定する。原発の記述は当初案の「二〇三〇年代原発稼働ゼロ」が消え、「原発に頼らない社会を目指す」と抽象的な表現に改めた。原発ゼロは綱領と併せて策定する基本政策に盛り込む。

>原発ゼロは、昨年十二月に両党が衆院で統一会派を組んだ際、政策合意に盛り込まれた。新綱領案も当初はこの合意を踏まえ「三〇年代原発稼働ゼロを目指し、あらゆる政策資源を投入する」と明記していた。

>その後、両党内で「個別の政策を書くのは綱領にそぐわない」「四〇年になったらどうするのか」と否定的な意見が相次いだため、時期などを明示しない理念的な表現に変えた。

>民主党の枝野幸男幹事長は十八日、新綱領案から原発ゼロを削ったことについて「基本政策の中に明確にある。法律に書くべきことを憲法に書いてしまったような話だ」と記者団に説明した。綱領・政策検討チームで維新側責任者を務める小野次郎政調会長も「内容的に後退した認識はない。実質的には変わらない内容だ」と強調した。

>一方で、民主党ベテラン議員は「東日本大震災を政権与党で経験した党を引き継ぐ新党の姿勢として『三〇年代ゼロ』は綱領に格上げすべきだった」と残念がった。他の野党では、社民党が綱領に相当する「理念」に「あらゆる核を否定する立場から、脱原発を積極的に推進」と記す。

>◆TheDemocraticParty 民進党、英語では「民主党」?

>民主、維新両党は18日の新党協議会で、27日に結党大会を行う民進党の英語表記を「The Democratic Party(略称DP)」とすることを確認した。現在の民主党(The Democratic Party of Japan)や米国の民主党(Democratic Party)とほぼ同じ表記になった。

>海外でも通用しやすい名前にする狙いがあるとみられる。「進」の訳語が抜けているが、民主党の岡田克也代表は記者会見で「民とともに進む。まさしくDemocraticだ」と説明した。党名検討チームで維新側責任者だった江田憲司前代表は、維新の英語表記(Japan Innovation Party)を踏まえ「Innovation(革新、刷新)」を含める案を主張したが、英語表記は「分かりやすさ」(民主党幹部)が優先された。







余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記ハンドブック余命プロジェクトチーム

青林堂 2016-03-17
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
井上太郎最前線日記 ジャパニズム29 余命三年時事日記 さよならパヨク 在日の地図 新装改訂版 コリアタウン探訪記







posted by kwazz at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック