2016年03月08日

そりゃ、党名すら決まらないんじゃ…w

産経ニュース;【参院予算委】民主党またもバラバラを露呈?! 増子氏が党の方針に反して消費税10%への増税求める 2016.3.7 12:13

>参院予算委員会で7日、民主党のバラバラぶりがまたも露呈した。

>質問に立った増子輝彦氏は安倍晋三首相に対し、「経済がおかしくなっているからやめろ、という声が国会でもたくさん出ている。私は逆だ。政治が覚悟を持って決めたことだ。不退転の決意で、財政健全化、社会保障につぎ込むことを含め、上げるべきだ」と来年4月に消費税率10%への増税を予定通り行うよう迫った。

>ただ、民主党は軽減税率導入を前提とした増税に反対している。2日の参院予算委員会では大塚耕平氏が「いまの状況では引き上げ反対だ」と明確に述べていただけに、自民党席からは方針の違いを指摘するヤジが飛んだ。

>これに対し、増子氏は「民主党の方針とは関係ない。黙っていなさい君たち」と激高。増税先送りについて「また国民に嘘をつくことになる。国民は望んでいないが、首相の覚悟が必要だ。一事不再理ということもある。万が一、首相が衆院解散・総選挙を狙うなら、政治家としていかがなものか」と述べた。

>首相は「リーマン・ショックや大震災の事態がなければ予定通り引き上げる。解散は全く考えていない」と述べた。





アベガー、ジミンガー、で。

兎にも角にも、なんでも反対。

確かに、確かな野党… (*´∇`) アハハ





産経ニュース;【民維新党】「帰ってきた民主党」「七転八党」「野党連合」…党名募集でネットはまるで大喜利に! 2016.3.7 10:00

>民主党と維新の党は6日、インターネットなどで受け付けていた新党の名称募集を終え、7日から絞り込み作業に着手する。18日までの党名決定を目指すが、具体的な選考手順は固まっていない。「民主」を残す党名を求める民主党に対し、全く新しい名称を目指す維新は世論調査で案を絞ることを提案しており、調整は難航しそうだ。

>「帰ってきた民主党」「七転八党」「野党連合」…。インターネット上では新党結成が報じられた2月下旬以降、さまざまな案が大喜利のように飛び交う。ネット募集に踏み切った民主党の赤松広隆最高顧問、維新の江田憲司前代表らで作る党名検討チームが目指した「幅広い英知を集め、新党への関心を高めたい」(赤松氏)との狙いはある程度実現しているようだが、ネット上では新党を揶揄する内容が目立つ。

>党名募集は、維新が「密室で決めたとの印象にすべきでない」と強く求めた。ただ、新党名は応募数の多寡で決めるわけではなく、あくまで参考資料との位置付け。集まった案の公表さえ「予断を生む」(江田氏)として行わず、具体的な絞り込みは「密室」で行われることになる。

>両党議員からも「立憲民主党」「民主党・国民連合」「民主自由党」「共生党」「民権党」などの党名案が浮上しているが、選考の方法は決まっていない。維新が世論調査実施にこだわるのは、国会議員や党員らの投票で決めた場合、数で勝る民主党に敗れるのは確実とみているからだ。

>一方、民主党は両党間の議論で「民主」を含む党名に持ち込みたい考えだ。党名を大幅に変更すれば夏の参院選で無効票が続出する可能性が高い。党幹部は「死に票が何十万票も出たら維新は責任を取ることができるのか」と牽制する。

>政党名を一般に求める手法は決して珍しくない。日本新党(平成4年発足)や新進党(同6年発足)のほか、昭和30年に日本民主党と自由党が合流した自民党も、単に「自由」と「民主」を足したのではなく、公募で党名を決定した。

>自民党ホームページによると、先に綱領などを策定し、党名は「広く党内外に公募」して自由民主党に決めた。ただ、本格的なネット時代での党名募集は今回が初めて。手軽な応募が可能な半面、風当たりの強いアイデアが続出している民主、維新両党の新党は自民党のように長命となれるか。







韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)
韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)シンシアリー

扶桑社 2016-03-02
売り上げランキング : 291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「反日韓国」の苦悩 韓国はどこへ? なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争 余命三年時事日記ハンドブック さよならパヨク

posted by kwazz at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック