2016年03月05日

身を切る反日、乙!

BuzzNews.JP;朝日新聞が山梨県内での夕刊発行終了でネットから一様に歓迎の声「朝刊も終了でいいのに」 2016/3/2 09:00

>朝日新聞が山梨県における夕刊発行を3月いっぱいで打ち切ることがわかり、影響力の低下にネットから歓迎の声が聞かれています。

>朝日新聞東京本社が3月31日付けで山梨県における夕刊発行を終了すると報じられ注目を集めています。朝日新聞が夕刊の発行を終了するのは佐賀、大分に次いで今回が3県目だということですが、ネットからは朝日新聞の影響力低下を歓迎する声が強いようです。

>このニュースを伝えたYahoo!ニュースのコメント欄には共感の高い意見の上位にこんな声が並んでいます。

>「終わりの始まり」

>「全国の朝夕刊を終了で良い」

>「朝日新聞そのものを終了すればいい」

>「全国で終了して下さい」

>「日本を毀損した新聞は消えて欲しい」

>「朝刊もなくなっていいよ」

>「朝日が無くなっても困る人は少ない」

>こうした傾向はTwitterやネット掲示板でも同様で、「ざまぁ」「メシウマ」といった辛辣な言葉も聞かれているほどです。

>2月上旬には日刊ゲンダイが朝日新聞の「給与カット」の実態を詳しく伝え注目を集めたばかりでした。 記事によると朝日新聞社では2017年4月から給与制度を変更し大幅な賃下げが開始されるとしており、その率は55歳で15.6%、40歳で15.4%と深刻です。

>それでもまだまだ高額給与であるのは間違いなく、朝日新聞に向けられる厳しい目が今後も収まる気配はありませんが、 報道によると山梨県における夕刊発行終了の理由として朝日新聞は「読者の生活様式の変化などから夕刊の購読者が減ったため」と説明しているといいこのような認識下での再生がおぼつかないのは間違いないでしょう。

>今回の報道ではネットの普及で新聞業界全体が苦境に陥っている中、夕刊の必要性に一石を投じたという効果もあるようで新聞の朝夕刊制度そのもののあり方についての議論にもつながりそうです。





企業業績が悪くなりゃ、真っ先に切られるのが。

宣伝広告費… (´▽`*) アハハン♪












余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記ハンドブック余命プロジェクトチーム

青林堂 2016-03-17
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
井上太郎最前線日記 ジャパニズム29 さよならパヨク 韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書) 在日の地図 新装改訂版 コリアタウン探訪記

posted by kwazz at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック