2016年03月05日

いちたすいちは、えーと…。

EconomicNews;合流で1足す1を「3」に 岡田代表 2016年03月04日 11:01

>民主党の岡田克也代表は3日夜の両院議員総会で維新の党との結党について「夏の参院選挙でしっかり結果を出す為にも合流を成功させたい」と理解と一層の協力を求めた。

>岡田代表は「いろいろ考えるところもあったが、7月には参院選挙がある。そして今の安倍政権の憲法無視の暴走ぶり、国民生活をないがしろにする経済政策のなかで、野党が結集し立ち向かっていかなければいけない」と一強多弱のバランスの欠いた状況を打破し、暴走を止め、対抗できる政治勢力の構築を図る必要を強調。

>岡田代表は「維新の党とは特に考え方が近く、両党が1つになる必要があると判断した」とし「7月の参院選挙でしっかり結果を出すためにも合流を成功させたい。衆参ダブル選挙という声も聞こえる。ここできちんと態勢を整え、1足す1が3にも4にもなる新党を実現していきたい」と述べた。

>また、党名を新たにすることに賛否意見が出たなかで、岡田代表は「私自身も愛着があり党名も好きだが、安倍政権と対決できる戦いをすることが民主党の役割であり、自分の役割で、そのために決断した」と改めて理解を求めた。





マイナスに、いくらマイナスを加えても。

やっぱり、マイナス… (´▽`*) アハハン♪





FNNニュース;民主党両院議員懇談会音声をFNNが独自入手「合流を破談にして」 03/04 19:44

>安倍政権への対決姿勢を強める民主党の面々。民主党議員の懇談会直前の写真には、蓮舫参院議員、細野衆院議員、そして浮かない表情の枝野幹事長、そして岡田代表の姿が写っていた。このあと、この会議は、大荒れになってしまう。ここでの民主党の中のやりとり、会話を聞くと、民主党内の3つの「いやだ、いやだ」が見えてくる。

>沖縄問題で最大の懸案となっていた辺野古訴訟で、和解案を受け入れた安倍首相。

>そして、4日午後、笑顔で面会した女性は、2016年のミス日本に選ばれた松野未佳さん(20)。

>エキゾチックなルックスが印象的な、その松野さんの父親は、維新の党の松野頼久代表、その人。

>安倍首相は「お父さんのこと、言われるの嫌かもしれないけど、やっぱりよく似ているね」と述べた。

>松野未佳さんは「本当に、あこがれの安倍首相にお会いできて、本当に光栄です。ありがとうございます」と話した。

>未佳さんの父、松野代表がパートナーを組む民主党には、今回の合流をめぐって、3日夜、嵐が吹き荒れた。

>議員Aは「わたしはこの(維新の党との)合流に対しては、反対です。ですので、(岡田)代表が責任を取る形をとって、この合流の話を破談にしていただきたい」と述べた。

>民主党議員から噴き出した、不満の声。

>FNNは、党本部で開催された両院議員懇談会の音声を独自に入手した。

>不満の矛先は、維新の松野代表をはじめ、もともと民主党だった議員のいわゆる「出戻り問題」に向けられた。

>議員Bは「地元を回っていると、『維新は民主党から出た人たちでしょう。また別れるんじゃないですか』とか、そんな否定的なご意見があるのも事実です」と述べた。

>議員Cは「出て行った人から『(党名を)変えろ』と言われることは、極めて情けない! 掲げている帆の色が、『キャプテン民主』じゃ気に入らんと言われたんでは、これは涙も出ませんよ」と述べた。

>維新の党への拒否反応を示す、意見の数々。

>その一方で、議員Dから「わたしの選挙区では『民主党という名前は変えろ』というのが圧倒的です。民主党という名前はやめた方がいい」、議員Eから「政権が取れる党に、もう一度なれる可能性もある選択なんだと。政権を目指すか目指さないかということで、目指すのであれば、党を変えた、名前を変えたほうがいいと思います」といった声が上がった。

>今回の合流を評価し、党名の変更に前向きな意見も出た。

>そして、両党は4日からウェブサイト上などで、党名案の募集を開始。

>はたして、マスコットキャラクター「民主くん」の今後にもかかわる新党名は、何が望ましいのか。

>新党名について、「民維党」と書いた20代の大学生は「全く新しいものにしても、ちょっとわかりづらいので」と話した。

>新党名について、「未来党」と書いた60代の会社員は「若い人たちの将来を考えると、これがいいかなと」と話した。

>新党名について、「明るい党」と書いた19歳の学生は「世界が明るくなるような党を作ってほしいからです」と話した。

>さらに、民主党の野田前首相からも注目の発言が。

>野田前首相は「覚えていますか? 野田佳彦でございます」と述べた。

>3日夜、支持団体である連合の集会で、リングインした野田前首相は、新党への合流も取りざたされている、民主党元代表の小沢氏を批判した。

>野田前首相は「一番足を引っ張った(小沢)元代表さえ来なければ、あとは全部、わたしは、のみ込もうと思っているところでございます」と述べた。

>この小沢氏問題。

>岡田代表が2日の夜、小沢元代表と水面下で接触するなど連携を模索する動きを見せていることに向けたものだった。

>その野田氏の発言に4日、蓮舫代表代行は「今、党内で生活の党の小沢さんに対して、(批判の)声が高まっているとは思いません」と言及した。

>4日午前には、野党5党の幹事長らが会談し、夏の参議院選挙での共通政策の取りまとめに向けて、協議を進めていくことで一致した。

>しかし、この動きをめぐっても不安が。

>民主党からは、共産党との連携について、議員Fから「今後の政局を考えれば、官邸が『安保法案より怖いのは、共産党が与党になることです』と。こんなキャンペーンを張ってくるでしょう」といった声が上がっている。

>数々の不安が渦巻く中で、両党は3月18日までに、新しい党名を決め、3月中に新党を旗揚げする見通し。







井上太郎最前線日記
井上太郎最前線日記井上太郎

青林堂 2016-02-18
売り上げランキング : 540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
余命三年時事日記ハンドブック ジャパニズム29 さよならパヨク 韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書) 余命三年時事日記

posted by kwazz at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック