2015年10月09日

セクハラ暴行、訴えてやる! キタ━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━ッ!!!!!

zakzak;民主党の津田議員を女性団体が警視庁に告発 「セクハラ暴行」手打ちに“異議” 2015.10.08

>安全保障関連法をめぐる参院特別委員会での採決時(9月17日夜)に、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に羽交い締めにされ引き倒されるなどして右手にけがを負った問題で、女性団体が7日午後、警視庁麹町署に告発状を提出した。同署はこの日、告発状の写しを受け取り、事件として扱うか検討を行うとした。

>告発状を提出したのは「愛国女性のつどい花時計」。子育て中の主婦ら20〜40代の女性を中心に2010年に設立された団体だ。

>岡真樹子代表は「政治の場ではこれまでも乱闘騒ぎが起きていますが、今回の騒ぎは政治目的とは無関係のところで起きた傷害事件との印象です」と語った。

>この問題では、津田氏が先月末、民主党の榛葉賀津也参院国対委員長とともに大沼氏を訪ねて謝罪した。大沼氏は「榛葉氏の謝罪は受け止めるが、津田氏に対しては全く納得がいかない」と記者団に述べていた。

>告発状は、今回の一件を、議員らがもみ合いとなっていた委員長席周辺とは離れた委員会室の隅で発生していることなどから、「単なるもみ合いでの偶発的な犯行とは認められない」と指摘。津田氏が腕力に任せて大沼氏を引き倒し、けがをさせた行為は「悪質な犯行」と主張している。

>岡代表は「道を歩いていて女性が突然羽交い締めにされ、引き倒されたらそれは事件であり、犯人はその場で逮捕されてもおかしくありません。国会の中でなら、そうした行為が許されるというのはおかしい」と話す。

>同団体は、特定の政党と関わりは持たず、夫婦別姓に反対する活動や、被災地にオムツを送るなどの慈善活動にも力を入れている。今年8月時点の会員数は1040人となっている。

>女性たちの怒りの声を、警視庁はどう受け止めるのか。





│・ω・`)。。oO 官房長官談話には異常に反応しても。

こっちのほうは、シカトなのよね、アカのBBAたちは…。





産経ニュース;【大沼議員セクハラ暴行疑惑】女性団体がセクハラ暴行議員を告発、麹町署は拒否 2015.10.8 19:59

>先月17日の安全保障関連法の特別委員会採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員が民主党の津田弥太郎参院議員に投げ飛ばされた問題で、女性団体「愛国女性のつどい花時計」が警視庁麹町署に告発状を提出したが、同署は受理しなかった。

>愛国女性のつどい花時計のホームページによると、提出は7日で、麹町署は告発状のコピーと資料を受け取ったが、「犯罪の証拠となる資料が不十分」として正式な受理は拒否したという。

>告発状では、今回の事案について「単なるもみ合いでの偶発的な犯行とは認められず、悪質な犯行である」と指摘しており、ホームページに「国会内部で暴行傷害事件が起きるなどということは前代未聞」とのメッセージも掲載した。今後も、告発状の受理を麹町署に求めていくという。

>津田氏は特別委採決時、大沼氏の腕をつかむなどして数メートル後ろに引きずり、膝の上に乗せた後、横に投げ飛ばした。大沼氏は突き指をして病院で治療を受けた。ただ、民主党議員も採決をめぐる混乱時に自民党議員に暴行を受けて負傷したとしており、双方の加害者が謝罪することで“手打ち”している。






愛国女性のつどい花時計;麹町警察署に行ってきました

>本日の活動についてご報告申し上げます。

>結論から申し上げますと
麹町警察署は告発状の受理を嫌がり、告発状のコピーと資料のみを受け取りました。
これから内部で検討して返答するそうです。
なぜ告発状を受け取れないか、というと「犯罪の証拠となる資料が不充分だから」だそうです。委
員会の室内で撮影された映像や大沼議員が指に包帯を巻いている写真だけでは不十分で、大沼議員の負傷を証明する診断書が必要だそうです。

>しかし、これは明らかにおかしいです。当事者でない私たちが大沼議員の診断書を入手できるわけがないからです。これは単なる警察の口実に過ぎないと私は思います。

>国会内部で暴行傷害事件が起きるなどということは前代未聞で、それを裁く法律はありません。
国会法はあくまでも「国会の会期中、各議院の規律を保持するため」のものであって、今回のような事態を想定して作られたものではありません。
つまり、今回のような国会内の事件を誰も裁けないのです。
前例のない事件なので警察は受理を嫌がっているのだと思われます。

>しかし、大沼議員に対する暴行があったことは事実で、私たちが公正な事件処理を求めるべき公的機関は警察しかありません。
私たちは引き続き、告発状を受理することを麹町署に求めていく考えです。

2015-10-07






東京新聞;菅氏「産んで国に貢献」 「撤回を」ネット署名1万人 2015年10月8日 朝刊

>俳優の福山雅治さんと吹石(ふきいし)一恵さんの結婚への感想として、菅義偉官房長官が「ママさんたちが『一緒に子どもを産みたい』という形で国家に貢献してくれれば」と発言したことについて、民間団体が「多様な女性の在り方を理解していない」として撤回を求める署名をオンラインで募ったところ、七日までに一万人以上が賛同した。

>団体は、女性への暴力根絶などに取り組む「女性と人権全国ネットワーク」。菅氏は男女共同参画会議の議長であるにもかかわらず、結婚や出産に関する女性の多様な選択や状況を理解しておらず、発言は戦時下の人口増加政策も想起させ、不適切だとしている。二日から署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ」で呼び掛けた。
>菅氏は九月二十九日、テレビ番組で「この結婚を機に、ママさんたちが『一緒に子どもを産みたい』という形で国家に貢献してくれれば良いなあと思う」と発言。その後、「人気が高いカップル。世の中が明るくなり、皆さんが幸せな気分になってくれればいいとの趣旨だった」と釈明した。






zakzak;《zak女の雄叫び お題は「倒す」》「きもい」「お前が産めよ」朝日新聞女性記者の罵倒ツイッター 菅発言は本当に悪いのか? 2015.10.07

>「はああ?きもい・・・」「お前が産めよ。」

>ツイッターのタイムラインにリツイートされていたつぶやきに目が留まりました。発言の主は朝日新聞の女性記者たち。彼女たちがかみついた先は、福山雅治さん、吹石一恵さん結婚についての菅義偉官房長官の発言でした。

>菅氏の発言が出たのは、9月29日のフジテレビの番組。「この結婚を機にママさんたちがいっしょに子供を産みたいという形で国家に貢献してくれればいいなと思っている」と発言し、後に記者会見で「国民から大変人気の高いカップルで、世の中が明るくなり、幸せな気分になってくれればいいなと思った中での発言だ」と釈明しました。

>多くのママさん(産む前だからママではない)が子供を望むのは、国家に貢献させたいという動機ではないでしょうから、そういう意味では「え?」と感じなくはない。けれど、菅氏は女性たちに出産を強要したわけではないし、ましてやインターネット上にあふれた「産みたくても産めない女性たちに配慮がない」なんていう紋切り型の批判は過剰反応でしょう。

>国の未来を担う子供たちは結果的に国家に貢献することが多いので、子供が生まれれば国家への貢献になるという発言は、言い方は別として、間違いではありません。日ごろ、役人や医療関係者が女性の出産などの自己決定権についてかなり気を使った発言をしているのを知っている身としては、「やっちゃったな」と思いましたが、私の中では許容範囲でした。

>ところが、朝日新聞の女性記者たちはそうはいかなかったようです。「きもい」「こんな人が口先だけで女性輝けとか言ってると思うと、つわり並みに吐きそう」などとツイート。一国の官房長官に「お前」「産めよ」と命令形なのもすごいし、「きもい」という感覚をそのままつぶやくのもすごい。しかも、この雄叫びコラムが「匿名」なのに対して、彼女たちは実名、所属も明らかにした上で! 本当にすごい。

>個人的には、「最後の大物独身男性」といわれていた福山さんの結婚はショックでした。ショックの理由は、独身を楽しんでいるように見えた福山さんまでも結婚という生き方を肯定してしまうのか…という独身者の勝手な「裏切られた」感。ただ、この気持ちを裏返せば、福山さんの結婚は「結婚とは良いものですよ」というメッセージを発したとも言えます。であれば、福山さん結婚を機に家庭を作ろうと思う女性(男性)がいないとも言えず、菅発言は誤ってはいないでしょう。

>さまざまな結婚観や生き方があってよい。ただ、そうした幅広い価値観は、さまざまな意見を尊重してこそ生まれるのではないでしょうか。菅発言に腹が立ったのなら、感情的な言葉や勢いの良い口調ではなく、冷静にたしなめてやったらよろしい。

>今月のテーマが「倒す」なので過激な見出しをつけてみましたが、どうがんばっても、私には実名でああしたツイートをする度胸はありません。もしかしたらあのツイートは釣りかもしれないし、売名行為かも…。だとしたらますます、彼女たちを倒せる気がしません。負けました。







国防女子が行く-なでしこが国を思うて何が悪い
国防女子が行く-なでしこが国を思うて何が悪い河添 恵子 葛城 奈海 赤尾 由美 兼次 映利加

ビジネス社 2014-12-10
売り上げランキング : 161444

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
護憲派メディアの何が気持ち悪いのか (PHP新書) 「英霊との対話」としての政治 (SEIRINDO BOOKS) アメリカの社会主義者が日米戦争を仕組んだ 「日米近現代史」から戦争と革命の20世紀を総括する この国を滅ぼさないための重要な結論 《嘘まみれ保守》に憲法改正を任せるな! (Knock‐the‐Knowing) 自民党の正体

posted by kwazz at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック