2015年09月15日

R4災で、火消しに必死だな、我が党は…w

産経ニュース;【鬼怒川堤防決壊】民主・枝野氏 「スーパー堤防の事業仕分けは全く関係ない!」 2015.9.14 12:31

>茨城県常総市の鬼怒川の堤防決壊をめぐり、専門家がテレビ番組で「(堤防補強などの)予算を(民主党政権が)事業仕分けで切った」と指摘したほか、インターネット上でも民主党批判が起きていることを受け、民主党の枝野幸男幹事長(51)は14日、「今回の災害とは関係ない」と反論した。事業仕分けを推進した蓮舫議員(47)も「デマだ」としている。

>事業仕分けの弊害を指摘したのは、国の治水関係の委員会などで役員を多数務めてきた中央大理工学部の山田正教授(64)=防災工学。11日のテレビ朝日番組で「(気象変動に対応した雨量想定などの)見直しは学会でしてきたが、事業仕分けで予算を切った。反省してほしい」と話した。またネット上でも決壊後から「民主党のせい」とする書き込みが相次いだ。

>これに対し、枝野氏は14日、国会内で「(仕分け対象となった)スーパー堤防は、首都圏や近畿圏の大河川の下流域に対応する防水施策であり、今回の災害とは全く関係ない」と反論。蓮舫氏も「鬼怒川はスーパー堤防対象外。災害時に悪質なデマを流すべきではない」と短文投稿サイト「ツイッター」に投稿した。





( ´・ω・`)っ旦~ ミンス政権の三年余の負の遺産、って結構デカイな…。 





ガジェット通信;鬼怒川の堤防決壊で“レンホー災”というフレーズまで登場 蓮舫議員「悪質なデマに注意をお願いします」 2015.09.14 14:41

>茨城県にて鬼怒川の堤防が決壊し氾濫、大きな被害がもたらされた。ネット上では、民主党政権時代の事業仕分けや、太陽光発電のソーラーパネル設置にともなう工事についてなど意見が交わされている。

>そんな中、9月12日に民主党・蓮舫参議院議員(@renho_sha)が『Twitter』にて

>【悪質なデマに注意をお願いします】 今般の鬼怒川の堤防決壊で亡くなられた方や被害にあわれた方に心からお悔やみとお見舞いを申しあげます。早急な救助や復旧が重要で、政府には最優先で取り組んでいただき、我々も全面的に協力します。

>こうした中、ネット上に看過しがたいデマが流れています。鬼怒川のスーパー堤防計画が民主党時代の事業仕分けで取りやめになったために今回の災害が起きたとするものです。 これはデマそのものです。

>とツイート。

>その後“スーパー堤防”について詳しい説明を行い、

>今回のような大変な災害が発生した時には、速やかな救助、普及に全力を傾けるべきです。そこに事実無根の悪質なデマをネット上に流す行為には、政治信条や政党支持のいかんにかかわらず慎むべきです。 冷静な対応を求めたいと思います。

>と結んだ。

>蓮舫議員のこれら一連のツイートに対し、「事業仕分けによって治水事業に対しての予算を削減したのは事実ではないのか?」といったような意見が根強くあり、“レンホー災”といったフレーズも誕生するなど、未だに多くの批判ツイートが寄せられて炎上している模様である。






夕刊アメーバニュース;防災学者の内閣官房参与「洪水の背景に治水予算削減」 2015年09月13日 13時49分

>東日本で降った記録的な豪雨により、鬼怒川を始め各地で河川が氾濫したことについて、「国土強靭化」を提唱する土木工学者で内閣官房参与でもある京都大大学の藤井聡教授がFacebookで自身の見解を述べている。

>藤井氏は、鬼怒川の決壊した地点が治水事業の対象であったことを説明。最終的な結論としては調査が必要としながらも、鬼怒川の治水事業が完了していた場合に決壊を防げた可能性について「十二分以上に考えられます」と述べた。

>さらに治水事業が完了しなかった背景に「治水予算の過激な削減」があることを指摘し、国土交通省がまとめた国内の治水事業費の推移を表したグラフを公開した。グラフによると、治水事業費は1997年の2.3兆円をピークに、以降は減少傾向にあるが、2010年を境に急激に減少。2012年にはピーク時と比較して約3分の1に縮小されている。

>また鬼怒川の氾濫をめぐっては、決壊した茨城県・常総市三坂地区とは別に同市若宮戸地区でも越水が発生。若宮戸地区の越水については、同地区で民間の太陽光発電事業者がソーラーパネル設置のために自然堤防を削り取ったことが影響しているとも報じられている。藤井氏は、その点についても触れ、洪水の背景として「民間活動を自由にさせすぎる風潮」の影響もあると指摘。「もうこれ以上我が国は、無根拠な公共事業バッシングのみならず、自由化だ民営化だ規制緩和だと言って思考停止しながら騒ぎ続ける愚挙もまた、やめねばなりません」との見解を述べている。













超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 (PHP新書)
超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 (PHP新書)藤井 聡

PHP研究所 2015-07-16
売り上げランキング : 4769

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
亡国の農協改革 ――日本の食料安保の解体を許すな 英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) 国土が日本人の謎を解く 超・技術革命で世界最強となる日本 モビリティをマネジメントする コミュニケーションによる交通戦略







posted by kwazz at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック