2015年09月12日

コンクリートから、人災へ…。

スポーツ報知;ソーラーパネル設置のため削られた自然堤防「一番危険な場所」も土のうだけ 2015年9月11日6時0分

>台風18号の影響による大雨で関東や東北では10日も記録的な豪雨が続き、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊した。気象庁は10日未明から順次、栃木、茨城各県に特別警報を出した。

>栃木・茨城両県を襲った大雨で、鬼怒川があふれ出したとされる茨城県常総市の鬼怒川左岸にある若宮戸地区は、人工的な堤防がなく洪水の危険性が市議会などで指摘されていたことが10日、国土交通省などへの取材で分かった。鬼怒川は1級河川で国が管理している。若宮戸地区は民有地のため、堤防を造る場合、国と土地所有者の協力が必要になる。

>同省関東地方整備局河川事務所などによると、若宮戸地区では、通称「十一面山」と呼ばれる丘陵部が自然堤防の役割を果たしていた。しかし昨年3月下旬、民間事業者が太陽光発電事業を行うため、横150メートル、高さ2メートル部分を削ったという。

>住民から「採掘されている」と連絡があり、市は河川事務所に連絡。削ったことで、100年に1回起こりうる洪水の水位を下回ったため、民間事業者は大型土のうを積んで対策を施したという。

>昨年5月の常総市議会では、風野芳之市議が無堤防化の危険性を指摘したところ、市の担当者は「この地域が無堤防地区となっており、一番危険な場所と判断している」と答弁。茨城県筑西、結城、守谷3市にも同様の無堤防地区があると説明した。市側は各市町村などと連携しながら、国に堤防設置の要望をしていると説明していた。

>「無堤防」状態だったことが、今回の被害の拡大につながったかどうかについて、国交省関東地方整備局河川事務所は「因果関係は分からない」としている。





( ´・ω・`)っ旦~ やっぱ、わが党の逆が正しい、ってことか…。





IWJ; 1万2千人が新宿歩行者天国に集結、伊勢丹から紀伊国屋まで抗議のプラカード――学生と学者が「安保法案」に反対の声 2015/09/06

>「常識外の行動をして、立憲主義を踏みにじった総理の言葉をいったい誰が信用するのか」――蓮舫・民主党代表代行

>政界からは民主党代表代行の蓮舫氏、社民党党首の吉田忠智氏、元公明党副委員長の二見伸明氏、そして、日本共産党の志位和夫委員長がスピーチを行った。

>蓮舫氏は国会での審議を通して、この法案の欠陥が明らかになっているとして、「なんで自衛隊が地球の裏側まで行って、米軍の後方支援をして、核弾頭を運べるようにするんですか?劣化ウラン弾を運べるようにするんですか?クラスター爆弾を運べるようにするんですが?安倍総理は『常識的にそんなことするはずがない。そんなことわかるじゃないか』と言いました。しかし、常識外の行動をして、立憲主義を踏みにじった総理の言葉をいったい誰が信用するんでしょうか」と、安倍総理の姿勢を強く批判した。

>さらに続けて、「これらの法案が通ったら、自衛隊は防衛大臣が判断をすれば、地球のどこでも米軍の空母を、米軍のステルス戦闘機を、たったひとりの自衛官が守れるようになるという。撃たれたらどうするのか。魚雷が撃ち込まれたらどうするのか。現場の判断で撃ち返す、という。これを一般的には『戦争が始まること』というのではないのか。安倍総理は、『安全な場所でやるからだいじょうぶだ』と言う。世界のどこに、安全な場所だから武器や弾薬を守ってくださいという場所が、いったいどこにあるのでしょうか」と訴え、参加者から賛同の喝采を浴びた。



れんほー_001.jpg






保守速報;【悲報】 今回の河川氾濫、シミュレーション済みだったのに民主に事業仕分けされていたことが判明 2015年09月11日20:23

>1: ランサルセ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/09/11(金)19:38:17.91 ID:Y3Xz++H10.net

>今朝のテレ朝「モーニングバード」で「仕分けで予算削られて堤防増強できなかった」と専門家が答えた


>吉永みちこ「50年に一度の災害に備える計画はしてるんですか!?」

>土木の専門家(中央大 山田教授)「会議でシミュレーションして計画していたのに、事業仕分けで削られたんです!反省して欲しい!」

>コメンテーター陣「・・・」







新版 朝鮮カルタ
新版 朝鮮カルタ牛辺さとし

青林堂 2015-09-19
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ) 韓国人による震韓論 テコンダー朴 孤独のグルメ2 素晴らしい国・日本に告ぐ! (SERINDO BOOKS)

posted by kwazz at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック