2021年11月10日

共産党もアレですが…w

NHK NEWS WEB;第101代総理大臣に岸田文雄氏 衆・参本会議の指名選挙で選出 2021年11月10日 15時30分

>岸田総理大臣は、衆参両院の本会議で行われた総理大臣指名選挙で、第101代の総理大臣に選出されました。これを受けて、岸田総理大臣は、10日中に第2次岸田内閣を発足させることにしています。

>先の衆議院選挙を受けた第206特別国会が、10日召集され、午後1時すぎから開かれた衆議院本会議で、新しい衆議院議長に、自民党の細田博之 元幹事長が、新しい副議長に、立憲民主党の海江田万里 元経済産業大臣が、それぞれ選出されました。

>そして、このあと、総理大臣指名選挙が行われ、その結果、
▼岸田総理大臣が297票、
▼立憲民主党の枝野代表が108票、
▼日本維新の会の片山共同代表が41票、
▼国民民主党の玉木代表が11票、
▼無所属の吉良州司氏が5票、
▼れいわ新選組の山本代表が3票で、
岸田総理大臣が与党側の過半数の票を得て、総理大臣に指名されました。





代表も副代表も蚊帳の外で、共同代表とやらも参院議員という維新さん。

まっとうな国政政党を目指すのなら、まずは、寄せ集め感を払拭し。

党内の人事も、まっとうにしようぜっと! … ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;共産が首相指名で枝野氏に投票 志位氏「当然だ」 2021/11/10 17:37

>共産党の志位和夫委員長は10日、同日の首相指名選挙で同党が立憲民主党の枝野幸男代表に投票した理由を説明した。国会内で記者団に「衆院選に向けた協議で(立民とは)共通政策や政権協力で合意している。公党間の合意を掲げて戦った以上、国民に対する公約でもある。合意と公約に照らせば、枝野氏に投票するのが当然だ」と述べた。

>枝野氏は衆院選で苦戦した責任をとって代表辞任を表明しているが、志位氏は「公党間の合意だ。枝野氏の辞意表明で左右されるものではない」と強調した。

>枝野氏への投票は共産の自主判断だったとしており、立民内でくすぶる「立共共闘」見直し論を牽制(けんせい)する狙いも透ける。






hen_001.jpg










posted by kwazz at 19:23| Comment(0) | 日本維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有権者も、注意深く見ていますから…w

NHK NEWS WEB;国民 今後 野党の国対委員長会談に参加しない方針 自民に説明 2021年11月9日 20時50分

>国民民主党の古川国会対策委員長は自民党の高木国会対策委員長と会談し、今後は野党の国会対策委員長の会談には参加せず、政策ごとに各党と対応する方針を説明したうえで、ガソリン価格の高騰への対策などを求めました。

>国民民主党は、衆議院選挙の結果を受け、これまで法案審議への対応を決めてきた立憲民主党や共産党など野党の国会対策委員長会談に参加しない方針を決めました。

>これを受け、国民民主党の古川国会対策委員長は9日、自民党の高木国会対策委員長と会談しました。

>この中で古川氏は「政策本位でどの党とも等距離でつきあい、政策の実現に向け協力していきたい」と述べ、今後は政策ごとに各党と対応する方針を説明しました。

>そのうえで、ガソリン価格の高騰を抑えるための対策などを求めました。

>これに対し、高木氏は、可能なところは協力していく考えを示しました。

>これに先立ち、国民民主党は、日本維新の会と幹事長会談を行っていて、古川氏は、今後の国会対応について、記者団に対し「立憲民主党にはきのう、わが党の立ち位置は説明したので、必要に応じて、それぞれの国会対策委員長と会談したい」と述べました。





わざわざ科学的に分析とかせずとも、なぜ衆院選で惨敗したのか。

それこそ、自明の理ジャマイカ… ( ´∀`)b ネッ!





しんぶん赤旗;維新と国民の連携 注意深く見ていく 小池書記局長が会見 2021年11月9日(火)

>日本共産党の小池晃書記局長は8日、国会内で記者会見し、日本維新の会と国民民主党の連携の動きについて問われ、「私たちは日本維新の会は自民党の補完勢力、最悪の別動隊と考えている。改憲をあおり、国民生活を壊す重要法案に賛成して、自民党に手をかしてきた。国民民主党が『維新の会』にどういう姿勢でのぞむか、注意深く見ていきたい」と述べました。





NHK NEWS WEB;立民 選挙前の議席 確保できなかったことを科学的に分析へ 2021年11月9日 20時38分

>立憲民主党は、衆議院選挙後初めてとなる両院議員総会を開き、選挙前の議席を確保できなかったことについて科学的に分析し、新しい執行部に引き継ぐ方針が了承されました。

>10日の特別国会の召集を前に立憲民主党は9日午後、両院議員総会を開きました。

>この中で、枝野代表は、衆議院選挙について「多くの仲間が議席を得られず、現有議席を減らすという大変残念な結果になった。この結果は全力を尽くしただけに私自身の力不足そのものだ」と述べ、今月12日の特別国会の閉会後に代表を辞任する考えを改めて示しました。

>そして、選挙前の議席を確保できなかったことについて、福山幹事長が共産党との連携がどのように影響したのかなどを科学的に分析し、新しい執行部に引き継いでいく方針を説明しました。

(以下略)






zakzak;【日本の解き方】立憲民主党は立ち直れるか? 問われる共産党との距離感、立証できない疑惑で騒ぐより政策重視を 2021.11.10

>衆院選で議席を減らした立憲民主党は枝野幸男代表が辞任することになったが、来年の参院選や次回の衆院選に向けて、野党第1党として党勢を立て直すためには何が必要なのだろうか。

>立民が衆院選で負けた大きな要因は、共産党との選挙協力だった。いくら閣外協力といっても、自衛隊違憲、日米安保条約破棄の共産党とは組めないというのが常識だ。「立憲共産党」と揶揄(やゆ)され、実際、連合やトヨタ系の労働組合はアレルギー反応を示した。その結果、立民は議席を大きく減らした。

(略)

>今後の立民の打開策としては、共産党との関係を元に戻すことが考えられるが、個別の選挙区事情もあり、そう簡単ではない。首相指名選挙が行われる特別国会の閉会後、立民の代表選も行われるが、共産党との距離感が争点になるだろう。連携を白紙に戻すくらいでないと、党の立ち直りは期待できないのではないか。

>その上で、少しは国民の生活に直結するような政策課題を取り上げるべきだ。いまなお「モリカケ」優先では、さすがに国民の関心からずれてしまう。森友学園問題と加計学園問題が発覚したのは2017年2月ごろだ。森友問題では、財務省による文書改竄(かいざん)が明らかになったが、安倍晋三首相の関与は何も出てこなかった。むしろ、財務省による文書改竄の中で、関与していないという事実が明らかになった。加計問題も同様だ。

>立民は、これほど長期間にわたり疑惑を叫び続けているにもかかわらず何も立証できていないので、国民はあきれているのだろう。今回の衆院選でも、議員当時、モリカケ疑惑を言い続けてきた候補者の落選が目立った。

(以下略)






NHK NEWS WEB;各党の支持率は NHK世論調査 2021年11月8日 19時18分

>各党の支持率です。

>「自民党」が39.5%、「立憲民主党」が8.2%、「公明党」が4.0%、「日本維新の会」が7.3%、「国民民主党」が1.2%、「共産党」が2.1%、「れいわ新選組」が0.6%、「社民党」が0.2%、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」が0.2%、「特に支持している政党はない」が28.6%でした。






yoron_nhk_2110.jpg














posted by kwazz at 12:27| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする