2021年10月11日

ヲイ! これで幕引きかい!?

産経ニュース;「拉致被害者生きていない」発言の生方氏 発言撤回し謝罪 2021/10/11 13:27

>立憲民主党の生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が北朝鮮による拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言し、被害者家族会などが抗議声明を出した問題で、生方氏は11日午前、自身のツイッターで謝罪した。

>生方氏はツイッターで「9月の市民フォーラムにおいて、不適切な発言をしてしまいました」とした上で発言の撤回を表明。「拉致被害者の家族の皆さまおよび関係者の皆さまにおわび申し上げます」と謝罪した。





本人はツイッターで、「サーセン」とだけ。

で、党はコイツに厳重注意って、それだけかい? … ( ̄∀ ̄) アヒャ





共同通信;家族会、立民議員に抗議 「被害者生存せず」と発言 2021/10/11 15:29

>北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援組織「救う会」は11日、立憲民主党の生方幸夫衆院議員が会合で拉致被害者に関して「今は生存者はいない」などと発言したとして抗議声明を発表した。生方氏は自身のツイッターに「発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族、関係者の皆さまにおわび申し上げる」と投稿し、陳謝した。

>抗議声明は、家族会代表の飯塚繁雄さんと、救う会の西岡力会長の連名。声明によると、生方氏は9月23日に千葉県松戸市での会合で「日本から連れ去られた拉致被害者というのは、もう生きている人はいない」などと述べたという。






NHK NEWS WEB;拉致問題めぐり不適切発言 立民 生方衆院議員 発言を撤回 謝罪 2021年10月11日 15時48分

>北朝鮮による拉致問題をめぐり、立憲民主党の生方幸夫衆議院議員が先月開いた市民との対話集会で「拉致被害者はもう生きている人はいない」などと発言していたとして、家族会などから抗議を受け、生方氏はみずからの発言と認めたうえで発言を撤回し謝罪しました。

>拉致被害者の家族会や支援団体の「救う会」によりますと、立憲民主党の生方議員は先月、地元の千葉県松戸市で開いた市民との対話集会で、北朝鮮による拉致問題をめぐり「日本から連れ去られた拉致被害者というのは、もう生きている人はいない」などと発言したということです。

>家族会などは「生方氏の発言は、すべての被害者の救出のために心血を注いできた家族と支援者などへの重大な侮辱であり、冒とくだ」などとする抗議声明を出し、発言の取り消しと謝罪を求めました。

(略)

>立民 「本人を厳重注意 おわび申し上げる」

>立憲民主党は「生方議員の発言は、党の考え方と全く相いれないのみならず、拉致被害者とご家族、および問題解決に携わってきたすべての方々を深く傷つけるもので、本人に対し、厳重に注意を行いました。改めておわび申し上げるとともに、もはや一刻の猶予はないということを肝に銘じ、1日も早いすべての拉致被害者の帰国に向け、全力で取り組んで参ります」などとする緊急声明を発表しました。






KSL-Live!;これで終わり?立憲・生方議員が謝罪「発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族の皆様及び関係者の皆様にお詫び申し上げます」 2021年10月11日

>拉致被害者に関して事実無根の発言を行い「家族会」と「救う会」から抗議を受けていた立憲民主党の生方幸夫衆院議員(千葉6区)が11日、自身のツイッターで発言の撤回とお詫びをする投稿を行った。

(略)

>衆議院本会議前であったことから簡素な謝罪文になったのかもしれないが生方氏には、なぜそのような認識に至ったのかを説明する責任がある。立憲民主党の拉致対策本部としても調査すべき事案ではないか。このような認識で政権を奪取するなど恐ろしいことを言わないでほしい。立憲民主党が政権を取ったら邦人を救出せず、拉致加害国の意のままになるということなのか。






KSL-Live!;ブーメラン!立憲・生方幸夫「失言という”本音” 自民党の辞書には責任を取るという文字がない。誰も議員を辞めようとはしない」 2021年10月11日

>立憲民主党の生方幸夫衆院議員が市民フォーラムで「(横田めぐみさんは)生きていない、自民党議員も拉致生存者はいると思っていない」などと発言していた問題。枝野幸男代表は11日午後のぶら下がり会見で、本人を厳重注意し関係者にお詫びして回るよう求めたことを発表した。いまのところ処分等は考えていないという。

(以下略)
















posted by kwazz at 17:37| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙前に、やっちゃったよね…w

Yahoo!ニュース;「拉致被害者は生きていない」と立民・生方氏 家族会など抗議 10/11(月) 9:58

>立憲民主党の生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が、9月に千葉県松戸市で行った会合で、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は11日、発言の取り消しと謝罪を求める抗議声明を出した。声明では「すべての拉致被害者の救出のため心血を注いできた被害者家族、支援者、被害者自身の生命に対する重大な侮辱であり冒涜(ぼうとく)だ」と非難した。

>救う会などによると、生方氏は9月23日、松戸市での会合で拉致問題について見解を問われ、横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=について「横田さんが生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」とした上で、「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、政治家は皆そう思っているということ」などと発言した。

>また平成16年に北朝鮮が提出し、日本側が別人と鑑定しためぐみさんの偽の遺骨について「遺骨からDNAを鑑定して、それが横田さんであるのかないのかというような技術力はなかった」とした。

>死亡の根拠について問われると、「客観的情勢から考えて生きていたら(北朝鮮は横田さんを)帰す。帰さない理由はない」と説明。「生きているのだったら何かに使いたい。1回も使ったことがないですから、残念ながら亡くなってしまっているから使いようがない」などと主張した。

>一方、14年の日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認めて謝罪し、帰国した5人の被害者について、北朝鮮に一度返すとした約束を日本側が守らなかったとし、「首脳同士で話をして決めたことも守らないなら、それはだめなのではないか」と述べた。

(略)

>これに対し、家族会などによる抗議声明では「生方議員は人の命に関わる重大な人権問題について、日本政府の基本的立場を否定して、北朝鮮の主張に賛同している」と批判。生方氏が所属する立憲民主党に対し、「生方議員発言を党としてどう考えるのか、ぜひお聞かせ願いたい」としている。

(以下略)





さて、例によって、大手デマスゴミは。

ほぼ、報道しない自由の行使か? … ( ´∀`)b ネッ!





Yahoo!ニュース;松野官房長官、生方氏発言を批判「誠に遺憾」 10/11(月) 12:32

>松野博一官房長官は11日の記者会見で、立憲民主党の生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が北朝鮮による拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言したことについて「政府の立場と相いれず誠に遺憾。全ての拉致被害者が生存しているとの前提に立ち、一日も早い帰国実現に向け全力を挙げて取り組む」と述べた。

>一方、岸田文雄首相が各閣僚に求めている国民との「車座対話」を自身が行う場合のテーマとして拉致問題を挙げ、被害者や関係者と早期に面会し、意見交換する考えを重ねて表明。「国民の集いなどに可能な限り積極的に出席をし、声を直接うかがいたい」とも述べた。

>救う会によると、生方氏は9月、横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=について「生きているとは誰も思っていない」「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる。政治家は皆そう思っている」などと発言。家族会と支援組織「救う会」が抗議声明を出して発言撤回を求めている。






KSL-Live!;立憲・生方幸夫議員「(横田めぐみさんは)生きていない、自民党議員も拉致生存者はいると思っていない」救う会が抗議声明 2021年10月11日

>立憲民主党の生方幸夫衆院議員(千葉6区)が、毎月恒例の市民フォーラムで「(横田めぐみさんは)生きていない、自民党議員も拉致生存者はいると思っていない」など、北朝鮮による拉致被害者に生存者はいないとの私見を述べていたことがわかった。

>これを受けて北朝鮮による拉致被害者を救出する活動を行う「救う会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)」と拉致被害者家族の団体「家族会(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)」は11日、同議員の発言に対する抗議の声明を発表した。

(以下略)






megumi_001.jpg










posted by kwazz at 14:02| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説明責任、マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

NHK NEWS WEB;衆院選愛媛4区 杉山啓氏立候補せず 10月11日 07時31分

>次の衆議院選挙・愛媛4区に立憲民主党から立候補を予定していた杉山啓氏が自らのSNSでの投稿をめぐりインターネット上などで批判が出る中、立候補を取りやめることが明らかになりました。

>次の衆議院選挙・愛媛4区に立憲民主党から立候補を予定していた杉山啓氏は、自身のツイッターでの過去の投稿に女性に対する不適切な表現があったことがわかり、インターネット上などで批判が出ていて、今月8日、自らのホームページ上で「過去の私自身による不適切な表現および発信について、心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。

>そして杉山氏は10日、NHKの取材に対し、衆議院選挙への立候補を取りやめる考えを明らかにしました。

>杉山氏の立候補取りやめについて立憲民主党愛媛県連はきょう午前、取りやめにいたる経緯などについて説明することにしています。

>次の衆議院選挙・愛媛4区には元愛媛県副知事で自民党の長谷川淳二氏と、元衆議院議員で無所属の桜内文城氏が立候補する意向を表明しています。





モノトーン政治云々ではしゃいでいた、我が党の女性議員さん。

例によって、ダンマリですかい? … ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





Yahoo!ニュース;党職員の盗撮を“隠ぺい”しようとした立憲民主党 枝野代表は職員の性別を含めて回答を拒否 10/6(水) 5:57

>永田町で妙な盛り上がりを見せた“盗撮事件”。発生したのは、3連休の初日、9月18日のことだった。

>社会部記者が言う。

>「立憲民主党の50代の男性職員が、出張帰りの電車の中で、向かいに座る女性をスマホで盗撮。埼玉県警に逮捕されたのです」

>“盗撮”が女性の尊厳を踏みにじる卑劣な犯罪であることは論を俟たない。しかし、今回不興を買ったのは、そのお粗末な対応だった。

>政治部デスクによれば、

>「連休が明けた21日の午後には福山哲郎党幹事長による定例会見が行われたのですが、福山氏は事件のことはおくびにも出さなかった。その日の夜になって、突然“党本部勤務職員が酔って迷惑行為を行った”という、内容の全く分からない文書を発表したのです」

>記者からの質問を避けるような発表の仕方に非難は囂々(ごうごう)。翌日の枝野幸男代表のぶら下がりで、この件に質問が集中したのは当然の成り行きだった。ところが、

>「枝野氏も“職員は労働者”“彼の労働基本権に基づいて”“男性か女性かで分ける時代ではない”と、職員の性別も含めて回答を拒否。職員を庇うかのような態度に報道は過熱し、党内からも批判の声が上がることになったのです」(同)

>昨今の立民は、幹部から“報道が自民党総裁選に偏りすぎだ”と恨み節が聞こえてくるほどの存在感。その注目度の希薄さに乗じて事実隠しを図ったわけか。

>「問題の職員は『新党さきがけ』時代からの古参で、福山氏とは“ちゃん付け”で呼び合う間柄。国民民主との合流で立民に移籍した外様職員を下に見るパワハラ気質で、同僚の評判は最悪でしたが、上層部からは寵愛されていました。結局いつもの“身内贔屓”が仇になったのです」(同)

>政権交代も望み薄。

「週刊新潮」2021年10月7日号 掲載

新潮社






保守速報;立憲民主党・原田ケンスケ「性交中に同意を得て、手で首締めてて誤って死んでしまっても違法性はないよ」「帰宅困難なやつはうちにおいで!女の子が二人くることになってます。女の子と話すのにドキドキする。今晩どうしよ」 2021年10月10日19:49



















posted by kwazz at 12:34| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする