2020年11月22日

あべぴょん、放し飼い…w

デイリースポーツ online;安倍前首相「元朝日記者敗訴」リツイート…平穏モード一転に「ぶっ込み」「覚醒」 2020.11.22

>安倍晋三前首相が19日付ツイッターで、従軍慰安婦についての記事に関連する訴訟で、元朝日新聞記者の敗訴が確定したと報じた産経新聞のニュース記事をリツイートした。

>安倍氏は首相退任後は、ツイッターで国民への感謝の言葉や、メルケル独首相との交流を記したり、IOC・バッハ会長から五輪オーダーの金章を受けたことを報告するなど、比較的、穏やかな投稿を続けていた。

>こうした中での、突然のリツイートに、ネット上は「滅多にリツイートなんかしないのに」「総理やめて覚醒」「安倍ちゃんがリツイートしてる!」「リツイートする安倍さんを想像すると…」「安倍さんリツイートぶっこんできたな」と反応している。





総理というリミッターが、解除されちゃったからね… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;元朝日新聞記者の敗訴確定 最高裁、慰安婦記事巡り 2020.11.19 17:12

>元朝日新聞記者の植村隆氏(62)が従軍慰安婦について書いた記事を「捏造(ねつぞう)」とされ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの櫻井よしこ氏(75)と出版社3社に謝罪広告の掲載と損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は植村氏の上告を退ける決定をした。18日付。請求を棄却した1、2審判決が確定した。

>1、2審判決によると、桜井氏は、韓国の元慰安婦の証言を取り上げた平成3年の朝日新聞の記事について「捏造」「意図的な虚偽報道」などとする論文を執筆し、週刊誌などに掲載された。植村氏は「事実に基づかない中傷で激しいバッシングを受け、家族も含め危険にさらされた」と平成27年に提訴した。

>1審札幌地裁は30年の判決で「櫻井氏が、記事の公正さに疑問を持ち、植村氏があえて事実と異なる記事を執筆したと信じたのには相当な理由がある」として請求を棄却。今年2月の2審札幌高裁判決も支持した。






note;植村隆敗訴が最高裁で確定:櫻井よし子・西岡力へのスラップ訴訟と弁護団の新たな「捏造」 Nathan(ねーさん) 2020/11/20 18:59

>元朝日新聞記者で、従軍慰安婦の捏造記事を書いた植村隆敗訴が起こした名誉毀損を理由とするスラップ訴訟について、櫻井勝訴=植村敗訴が最高裁で確定しました。

>同時期に展開されていた西岡力 氏へのスラップ訴訟では、弁護団が新たに訴訟結果について「捏造」していたことも判明しています。

(以下略)






有本 香 Kaori Arimoto
@kaori


>私がこの訴訟で驚いたのは、植村隆氏に100人超の大弁護団がついたことだ。大半が手弁当だというところに、日本法曹界の「闇」を感じる。この集団に若干名で立ち向かい完勝したのが、櫻井さん側の林いづみ弁護士。報道には出ないが、林先生の手腕と尽力に深く敬意を表したい。
https://asahi.com/amp/articles/ASNCM6HHQNCMUTIL02Z.html?__twitter_impression=true

午後10:16 ・ 2020年11月20日






okusama_001.jpg














posted by kwazz at 18:49| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする