2020年11月20日

やる気満々、まんまんマン!

テレ朝news;「失明に気を付けよ」中国が「FIVE EYES」に猛反発 2020/11/20 08:14

>アメリカやイギリスなどの5カ国からなる「FIVE EYES」が香港問題で中国を批判したことに対し、中国政府は「目を突かれて失明しないよう気を付けよ」と強い言葉で反発しました。

>中国外務省報道官:「中国の主権と安全、発展の利益を損なうなら、目を突かれて失明しないよう気を付けよ」

>機密情報を共有し、FIVE EYESと呼ばれるアメリカとイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国は、香港の民主派議員4人が議員資格を剥奪(はくだつ)されたことに共同で懸念を表明していました。これに対し、中国外務省の報道官は会見で「EYES」が「目」を意味することを皮肉る形で、「失明に気を付けろ」と牽制(けんせい)しました。さらに、香港は中国の内政問題だとし、「批判や口出しには断固反対する」と反発しました。





日本側も、言うべきことは、ハッキリと言ったんさいな… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;中国の王毅外相が24日に訪日 菅首相への表敬も調整 2020.11.20 12:44

>茂木敏充外相は20日の記者会見で、中国の王毅国務委員兼外相が24、25両日の日程で来日すると発表した。24日に茂木氏との外相会談や夕食会を行う。菅義偉(すが・よしひで)首相への表敬も調整している。

>日中間のハイレベルの要人往来は、新型コロナウイルス拡大後初めて。茂木氏と王氏の対面での会談は2月にドイツ・ミュンヘンで行われて以来となる。

>外相会談では、日中関係の重要性や人の往来再開を含めた新型コロナウイルスへの対応について意見を交わす。一方で、日本側は中国公船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で挑発行為を繰り返している問題などを提起する見通しだ。

>茂木氏は会見で「日中関係にもさまざま懸案があり、会談を通じて一つ一つ解決していくことが重要だ。地域の問題や新型コロナの世界的拡大、国際情勢について率直な意見交換を行いたい」と述べた。

>習近平国家主席の国賓訪日については「今は新型コロナの収束に最優先で取り組む時期だ。現段階で具体的な日程を調整する段階にはない」と慎重な姿勢を見せた。政府関係者も「王氏が来日しても進展する見込みはない」と話した。






zakzak;「腹黒い」中国外相、来日のタイミング 習氏「国賓来日」画策か 翌25日には訪韓で「日米韓」分断も 2020.11.20

>中国の王毅国務委員兼外相が24日に来日し、菅義偉首相や茂木敏充外相と会談する見通しとなった。王氏は翌25日から韓国も訪問する予定という。米大統領選で当選確実が報じられた民主党のジョー・バイデン前副大統領は「親中派」とされ、ドナルド・トランプ政権の対中強硬姿勢が維持されるのかが注目されている。軍事的覇権拡大を進める中国共産党政権は狡猾(こうかつ)に、「日米韓の分断」を狙っているのか。

>菅首相の就任後、中国政府要人と対面で会うのは初めて。新型コロナウイルス対策のため制限している両国間の往来再開へ詰めの協議が行われる。日本側は、中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海侵入をめぐり、対応を求める方針だ。

>中国の覇権拡大をめぐっては、日本と米国、オーストラリア、インドによる「日米豪印戦略対話(QUAD=クアッド)」が強化されている。王氏は10月、クアッドについて、「インド太平洋版の新たなNATOの構築を企てるものだ」と牽制(けんせい)している。

>王氏来日の狙いは何か。

>中国情勢に詳しい評論家の石平氏は「王氏としては、クアッドを視野に入れながら、習近平国家主席の『国賓』来日を考えているはずだ。9月に行われた菅首相と習氏との電話会談では、『国賓』の話題は上がらなかったという。コロナ禍で宙に浮いた国賓来日にメドをつける思いが強いのではないか」と語る。

>新型コロナの世界的流行(パンデミック)をめぐっては、中国とWHO(世界保健機関)の情報隠蔽が指摘されている。こうしたなかで、日本が習氏を「国賓」来日させれば、米国をはじめ世界の批判を浴びかねない。

>日本側は「今は新型コロナ対策が優先だ」(外務省筋)として、「国賓」来日は議題にしない意向だ。

>韓国訪問はどうか。

>韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「大きな目的は『日米韓の関係を分断すること』にある。ただ、米国のバイデン新政権が、中国にどのような姿勢を見せるか分からない部分も多い。今回の訪韓では、『文在寅(ムン・ジェイン)政権の動きを見ているぞ』という意思表示以上の目的は見いだせないのではないか」と指摘している。






cheers_001.jpg














posted by kwazz at 18:36| Comment(0) | 中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする