2020年11月14日

国の護りも、自助だろ…w

NHK NEWS WEB;戦闘機開発へ防衛予算見直しを 河野規制改革相 2020年11月14日 12時45分

>国の事業にむだがないか公開の場で検証する、政府の「秋のレビュー」で、航空自衛隊の次期戦闘機の調達をめぐって議論が行われ、河野行政改革担当大臣は、新しい技術を取り入れて戦闘機の開発を進めるため、今後、防衛予算の構成などを見直す必要があると指摘しました。

>国の事業の成果やむだがないかを公開の場で検証する、政府の「秋のレビュー」は、3日目の午前中、航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機の調達をめぐって議論が行われました。

>この中で、防衛省の担当者は、中国やロシアの新型の戦闘機の数が、航空自衛隊のおよそ3倍となるなど、日本を取り巻く安全保障環境が厳しさを増しているとして、防衛力の強化の必要性を訴えました。

>また、有識者からは「数の劣勢を質で覆すため、新しい技術を積極的に導入すべきだ」という意見や、「他国との共同開発の中でコストの増大などが生じないよう、日本が主導権をしっかりと握る必要がある」という指摘が出されました。

>こうした議論を受けて、9月まで防衛大臣を務めた河野行政改革担当大臣は「次期戦闘機の開発には、国民の理解が不可欠だ。新しい技術を取り入れることが大事で、今後、防衛予算を大きく増やすことが難しいなか、自衛隊の陸海空の人員や研究開発予算などについて、過去を引きずらず、見直しを大胆に行う必要がある」と指摘しました。





同盟云々以前に、まずは自主防衛… ( ´∀`)b ネッ!





テレ朝news;次期戦闘機「万が一に備え国民の理解必要」河野大臣 2020/11/14 12:15

>河野行革担当大臣は、国の事業の無駄を検証する会合を開きました。自身が防衛大臣時代に関わった次期戦闘機について議論し、国民の理解が必要だと訴えました。

>河野行革担当大臣:「万が一の時の台湾有事、あるいは尖閣有事にどう備えるのかということをしっかり国民にも説明をして理解を頂く」

>防衛省は、航空自衛隊F2戦闘機の後継となる次期戦闘機について2035年からの配備を目指しています。有識者からはコストや効果などの情報開示の在り方を問う意見が出ました。河野大臣は防衛費を増大させる中国を念頭に、自国主導の次期戦闘機の開発は必要だと主張し、国民への説明と理解が不可欠だと応じました。今回は無駄について議論するのではなく、政府の政策をアピールする形となった格好です。






zakzak;バイデン氏“口先外交”か 公表文書に「尖閣」明記なし 菅首相と電話会談で明言も…中国配慮か 2020.11.13

>菅義偉首相は12日、米大統領選で当選確実と報じられた民主党のジョー・バイデン前副大統領と電話会談を行った。バイデン氏は、中国の軍事的覇権拡大で緊迫する沖縄県・尖閣諸島について、日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲であるとの見解を示したという。ところが、政権移行チームのホームページ(HP)に掲載された発表文には「尖閣諸島」の文字がないのだ。「親中派」とされるバイデン氏だが、まさか日本には「口先外交」で対応し、中国にも配慮したのか。

>「日米安保条約5条の尖閣諸島への適用についてコミットメント(確約)する旨の表明があった」

>菅首相は会談後、記者団にこう説明した。バイデン氏を「次期大統領」と呼んだ。

>尖閣周辺では、10月に中国海警局の武装船による領海内での連続滞在時間が最長となる57時間39分を記録したほか、接続水域での航行は年間最多を更新している。これ以上の暴走を阻止するためにも、バイデン氏の発言は重要な意味を持つが、安心してもいられない。

>バイデン陣営が開設した政権移行チームのHPには、菅首相との電話会談内容が早速掲載された。「日米同盟の強化」や「日米安保条約5条」という記述はあったが、「尖閣諸島」という文字はなかった。

>さらに驚くべきは、安倍晋三前首相や、ドナルド・トランプ米大統領など自由主義陣営の首脳間で確認されてきた外交・安全保障方針「自由で開かれたインド太平洋戦略(Free and Open Indo-Pacific=FOIP)」について、HP内では「インド太平洋地域(Indo-Pacific region)」と表現されていたのだ。

(略)

>米国政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「バイデン陣営としては、現段階で具体的なことに言及して、批判されるのを恐れている可能性がある。また、トランプ政権からの転換をアピールするため、トランプ氏が使った言葉は使わないのだろう。電話会談では、尖閣諸島に言及したのかもしれないが、バイデン氏は『言行不一致』で有名であるため、日本政府は常に警戒し続けなければならない」と指摘した。






一色正春
@nipponichi8


>現状、一人の兵士も動かす権限のない米国人に「島を守ってやる」と言われて喜んでいるようでは、簡単にやられてしまいますよ

平和を欲するなら戦いに備えなければならない

午後6:28 ・ 2020年11月13日






chika_002.jpg














posted by kwazz at 15:05| Comment(0) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする