2020年11月13日

ある意味、透明性は高まった…w

時事ドットコム;会員選考「透明性高めてきた」 学術会議、梶田会長が反論 2020年11月12日19時30分

>日本学術会議の梶田隆章会長らは12日、記者会見を開き、会員選考に関し菅義偉首相が「閉鎖的で既得権益」と国会答弁したことについて、「可能な限り透明性を高め、会員構成を良いものにしていこうと今までやってきている」と反論した。

>その上で、政府から年内の報告を求められている在り方見直しに関し、提言機能や情報発信の強化のほか、新会員を推薦するプロセスの透明性向上など5項目を検討課題にすると明らかにした。





特定野党、デマスゴミ大騒ぎのお陰で。

却って、学術会議構成員の正体が、透けて見えてきたよね… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





zakzak;盛り上がらない与野党論戦 学術会議問題に冷める国民、経済政策など議論すべき 2020.11.12

>臨時国会の与野党の論戦は、日本学術会議の任命拒否問題に集中しているが、これまでに問題点は浮上しているのか。ほかに議論すべきことはないのか。

>はっきり言って、国会は盛り上がっていない。国民も冷めている。学術会議の話題は一時、ワイドショーでも取り上げられたが、国民の関心は高くない。

>この問題はやればやるほど、学者が世間からかけ離れていることが明らかになるばかりだ。

(略)

>議論が盛り上がらない理由は、任命を拒否された学者側にあると筆者は考える。憲法や法律を専門とする学者もおり、法律違反を叫ぶが、一向に訴訟する気配はない。法律違反で文句があるならば、訴訟に訴え出るのが法律家だろう。それなのに、政府を非難するばかりで、行動を伴っていない。

>法学者が法律違反と主張するなら、訴訟を起こして、それを大学で講義すれば、学生のためにもなるだろう。それをしなければ、主張の信憑(しんぴょう)性が問われてしまう。

>そもそも任命されない理由を明らかにせよとの、彼らの言い分は常識外だ。テレビのコメンテーターは、人事を実際にした経験がない人が多いためか、浮世離れしている。

(略)

>学者が一般社会の常識に欠けることを利用し、国会質問する一部野党は情けない。菅政権が発足直後から具体的課題に取り組んでいるので、対立軸が立てにくいから、学術会議問題ばかりやっているのだろう。

>ポストコロナにおける経済政策はどうすべきかなど、国会で議論すべきことは多い。(内閣官房参与・嘉悦大教授、高橋洋一)






JBpress;日本学術会議は共産党と反日派の巣窟だった
野党の追及が仇となり、日に日に明らかになるその素性 2020.11.12(木)


>米中の動きは日本の安全保障や安定にも直結する。

>中国では10月29日に第19期5中総会を終え、習近平主席の独裁色を滲ませた。米国では11月3日の大統領選挙の結果、ジョー・バイデン氏が勝利宣言したが、裁判で混乱が続くことも予想される。

>覇権を目指し強硬姿勢をとっている隣国と同盟国の混乱という日本にとっては看過できない状況が起きている。

>しかし、菅義偉首相の所信表明に対する本会議での代表質問やその後の衆参両院における予算委員会でも、野党は首相が日本学術会議会員に6人を任命しなかった理由ばかりを質している。

>米中をはじめとした国際情勢や日本の在り方はおろか、学術会議自体についても問い質さなかった。

>日本共産党と立憲民主党は、6人排除の経緯を首相に質して食言を引き出して爾後の攻撃材料にしたいようであるが、国民がこんなことを許すはずがない。

>NHKの世論調査(11月9日、ニュースウォッチ9)でも6人排除の首相説明は不十分としながらも、学術会議の在り方検討は肯定(45%)が否定(28%)を大きく上回った。

>6人の非任命を共産党機関紙が報道(10月1日)した直後のマスコミや国会では語られなかった学術会議の「真実」が徐々に国民の前に明かされるようになってきた。

>以下、分かってきた学術会議の素性である。

>非任命の6人と専門分野

>まずは任命されなかった6人の概要を新聞報道などから纏めてみた。

>A、B・・・Fとあるが、AからEまでは集団的自衛権や特定秘密保護法制定などを目指した安倍晋三政権に対抗する目的で活動した組織である。

>Fの「民主主義科学者協会法律部会」はウィキペディアによると、1946年創立の民主主義科学者協会(民科)を母体とする日本共産党系法学者による、今日も活動している唯一の全国部会で、会員数は約530人。

>なお、「しんぶん赤旗」は共産党機関紙、『前衛』は共産党機関誌であることは言うまでもない。

>芦名定道:京都大教授、哲学、宗教倫理学会会長、Aの賛同者

>宇野重規:東京大教授、政治学、東大社会科学研究所副所長、A、Bの呼び掛け人

>岡田正則:早稲田大教授、行政法学、早大比較法研究所長、Fの元理事 Cの呼び掛け人

>小沢隆一:慈恵医大教授、憲法学、Fの元副理事長、『前衛』に寄稿 Dの呼び掛け人、「安保法案は9条違反」と発言

>加藤陽子:東京大教授、日本近代史、東大人文社会系研究科教授、Bの呼び掛け人

>松宮孝明:立命館大教授、刑事法学、Fの元理事、9条の会賛同者、E参考人で「戦後最悪の治安立法」と発言

>備考:A;「安保関連法に反対する学者の会」、B;「立憲デモクラシーの会」、C;「安保関連法の廃止を求める早稲田大学有志の会)、D;特定秘密保護法、E;改正組織犯罪処罰法、F;「民主主義科学者協会法律部会」(日本共産党系)

(以下略)




















posted by kwazz at 04:17| Comment(0) | 日本学術会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする