2020年10月17日

キジも鳴かずば撃たれまい…w

zakzak;菅首相「既得権益」打破へ 学者も容赦なし 日本学術会議の会員任命見送り 2020.10.17

>日本学術会議の会員任命見送り問題で「菅義偉首相憎し」が高じたのか、首相の学歴や教養を見下す知事やジャーナリストが出てきた。学歴で人を見下すのは、中途半端な学歴なのに自己認識よりも社会の扱いが悪いと感じている者と相場は決まっている。

>政治家の能力は学歴と比例しない。政治の世界を多少知った者の周知の事実だ。だが、菅首相には歓迎すべき状況かもしれない。首相の政治手法は意図しているかは別として「ポピュリズム」であるからだ。

>ポピュリズムにはさまざまな定義があるが、大きく言えば「大衆の立場からエスタブリッシュメントをたたき、大衆の支持に押されて政策を進めていく政治手法」をいう。

(略)

>日本学術会議の会員任命見送りは、問題の所在自体を大衆は理解していない。学術会議に特定の政治勢力の関係者が浸透し、任命を見送られた6人にも関係者がいることを、政府もメディアも一言も触れないからだ。大衆は自分たちの生活とは関係のない学者のエライ先生の世界の話と理解している。関心も高くはない。

>むしろエスタブリッシュメントの学者先生が既得権益を守ろうとし、政府がそこに斬り込んでいると受け止めている。テレビの街頭インタビューでもそんな声があった。左派野党やメディアの攻勢は、国民には届いていない。菅政権を甘く見ない方がいい。





特定野党、デマスゴミ共犯での大騒ぎで。

却って、学術会議の胡散臭さが、藪から棒に薮蛇と… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





Share News Japan;【学術会議】門田隆将氏「“政治介入はいけない”と言いながら共産党の政治介入をずっと受けてきた事を自ら宣言してしまった…」 2020-10-17

>自由さんのツイート

櫻井よしこ
「共産党の宮本たけし氏の応援演説で『安倍政権を倒す!一緒に戦ってくれたのが共産党!』と、広渡清吾氏(学術会議の元会長)」

門田隆将
「”政治介入はいけない”と言いながら共産党の政治介入をずっと受けてきた事を自ら宣言。国民の生命/財産/利益を守るはずの学術会議に(菅さんが)手を」

(略)

>ネット上のコメント

・どんどん出てきましたねぇ

・言ってることとやってることが矛盾しまくり

・バレバレ😂

・知ってたw






アノニマスポスト;日本学術会議、共産党機関紙「赤旗」を税金で購入 会議資料として配布してた〜ネットの反応「これもう日本共産党会議だろ」 2020年10月17日

>“赤旗は新聞と「同種」なのか?

学術会議のホームページ内を「赤旗」で検索すると「委員会等で机上配布した新聞等記事一覧」という資料がみつかる。

資料を読むと「机上配布した新聞等記事」の一部に赤旗の記事が挙げられている。これはおかしい。赤旗は政党機関紙であり、新聞と同種ではなく「新聞等記事」の「等」には含まれない。どういうことだろうか。

赤旗の記事が机上配布されたのは2016年10月28日開催の「第5回安全保障と学術に関する検討委員会」、2017年8月31日及び9月22日開催の「日本学術会議幹事会」である。

しかも政党機関紙の記事は赤旗しか配布されていない。なぜ赤旗だけなのか。なぜ他の政党機関紙の記事は配布されていないのか。

言うまでもなく学術会議会員の身分は国家公務員であり、もちろん「特別職」だから通常のそれとは扱いは異なるが、例えば選挙運動が特別職、一般職を問わず禁止されているように公務員である以上、「全体の奉仕者(日本国憲法第15条2項)」としての振る舞いは期待されている。だから学術会議は政党との距離には注意を払わなくてならない。

仮に会議資料として赤旗の記事を配布するとしても、それは赤旗の記事を配布しなくては会議が成立しないような事例に限られ、おそらくそれは日本共産党を議題とした会議ではないのか。
管見の限り日本共産党は議題になっていない。学術会議の使命・目的を考えればそれは想像しがたいことである。

なぜ「赤旗」だけなのか

さて、素朴単純に「赤旗の記事配布」の情報に接すると「学術会議事務局が経費で赤旗を購入し、必要な記事を抜粋、それを会議資料として配布した」と解釈できるのではないか。

それはすなわち「税金で赤旗を購入した」「税金で政党機関紙を購入した」ということである。
「そう単純な話ではない」という批判が聞こえそうだが「新聞等記事一覧」程度の情報公開ならば「税金で赤旗を購入した」「税金で政党機関紙を購入した」という批判は避けられないのではないか。

(以下略)

http://agora-web.jp/archives/2048552.html


>ネットの反応

・会計検査院は仕事しろよ

・何で赤旗のような極左の機関紙を配布した?

・これもう日本共産党会議だろ

・これマジなら結構なスキャンダルだろう
それこそもっと大騒ぎになれば国会で証人喚問レベルの

・これはアカン

・日本学術会議さんに逆らうと政権飛ぶ位に影響力大きいんですよね?影響力行使マダー?

・もしかして共産党の組織なの?
だから、あんなに顔を真っ赤にして怒ってるのねwww

・赤旗の記事やらインタビューやら識者コメでも学術会議の会長経験者の名前で検索かけると山のように出てくるもんな
 
完全に共産党の利権構造の一部だよな、学術会議
共産党が必死になるわけだよ

・もうガチで腐りきった売国クソ団体やないか

・赤すぎてワロタ

・赤旗の押し紙か

・共産党のフロント企業みたいな団体なのかな

・市役所に無理やり購入させる手口と一緒か

・マスゴミ「……へー、そーなんだー。それよりトリチウムガー」

・共産党による学問への政治介入だね






oi_001.jpg














posted by kwazz at 18:23| Comment(0) | 日本学術会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヲイ! なんちゃってアイヌ利権もかよっ!?

産経ニュース;学術会議改革で一致 首相と梶田会長が初会談 6人任命要望書も提出 2020.10.16 16:08

>菅義偉(すが・よしひで)首相は16日、日本学術会議の梶田隆章会長と首相官邸で会談し、学術会議のあり方について井上信治科学技術政策担当相と梶田氏が連絡を取り合いながら改革を進めることで一致した。梶田氏は、首相が新会員候補6人の任命を見送った説明と任命を求める学術会議の要望書も手渡した。

>6人の任命見送り後、首相と梶田氏が会うのは初めて。梶田氏が申し入れ、15分間行った。首相は梶田氏に「学術会議が国の予算を投じる機関として国民に理解される存在であるべきだ」と要請した。梶田氏は「未来志向で今後の学術会議のあり方を政府とともに考えていきたい」と述べた。

>梶田氏は会談後、記者団に対し「学術会議としても発信力が今まで弱かった点は、具体的に早い段階からしっかりと改革していきたいと申し上げた」と語った。

>梶田氏によると、6人の任命に関しては要望書を手渡しただけで、具体的なやり取りはなかった。梶田氏は記者団に「今日は回答を求める趣旨ではなかった」と説明。6人の任命に関する今後の対応については「学術会議でしっかりと検討していきたい」と述べた。

>これに先立ち、首相は井上氏と官邸で面会した。井上氏が学術会議の役割について検証し、必要があれば見直しも行う考えを伝えたのに対し、首相は「しっかりやってくれ」と指示した。





ガースー、Do するよ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





zakzak;【有本香の以読制毒】日本学術会議の「3つの問題点」 学者とも思えないおバカっぷりに加え10年間職務を果たさず 「軍事研究に慎重であれ」と宣言も「中国科学技術協会」とは協力覚書結ぶ 2020.10.16

>日本学術会議の委員任命見送りの件で、一部の学者と大メディア、さらに特定野党が依然、大騒ぎを続けている。目下、野党側は、人事案の取りまとめをしたとされる杉田和博官房副長官の国会招致を、と言っているが、警察庁出身で公安畑を歩んだ杉田氏のスクリーニングにかかった案件なら、いたずらに突っつくと返り血を浴びる人が出る可能性もあることを彼らは承知しているのか。

(略)

>東日本大震災後の復興増税やら、レジ袋有料化やら−。とにかく日本学術会議が出した「提言」類は、学術的にデタラメのトンデモ提言ばかりだ。中でも、私が特に腹立たしいのは、11年に出た「報告 アイヌ政策のあり方と国民的理解」なる文書である。

>「政府はアイヌ民族が先住民族であるとの認識の下にこの問題への取組を始めているものの、一般の国民にあってはこの問題への関心が薄い。日本の近代化の過程において不利益を蒙ったアイヌの人々への対策や保障は本来全国民の理解のもとに進められる必要がある」

>アイヌが先住民族だという「政府見解」には、いまも複数の学者から異論や疑義の声がある。折しも来年度予算に60億円超もの案が上げられる「アイヌ関連事業」だが、この巨額利権の創出を後押ししたのが日本学術会議だったのだ。「学問の自由」重視の点から言えば、同会議が、異論を廃して一方向への流れを作ったことは不適切ではないか。

>日本学術会議は誰を利するものなのか。その検証を急ぐべきだ。






oni_001.jpg














posted by kwazz at 10:35| Comment(0) | 日本学術会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする