2020年09月18日

これまた、ブーメランになんないかい?

産経ニュース;立民・安住国対委員長「政府の責任は大きい」 ジャパンライフ幹部ら逮捕 2020.9.18 11:10

>立憲民主党の安住淳国対委員長は18日、磁気治療器の預託商法などを展開していた「ジャパンライフ」の元会長らが詐欺容疑で逮捕されたことを受け、政府批判を強めた。元会長は安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を宣伝に使っていたとされ、安住氏は「『桜を見る会』の招待状が2千億円の詐欺を生むきっかけになったことを考えれば、政府の責任は非常に大きい」と述べた。

>国会内で記者団に語った。

>安住氏は、菅義偉首相が就任後の記者会見で、「客観的にみておかしいことは直していかなきゃならない」と述べたことに触れ、「最初にこのことの再調査をお願いしたい」と実態解明を求めた。





旧悪夢党も、マスゴミも、当事者側なんだが… ( ̄∀ ̄) アヒャ





政治知新;またもや大ブーメラン!鳩山政権もジャパンライフ会長を『桜を見る会』に招待していた!野党議員もジャパンライフ会長のお中元を受け取る! 2019.12.09

>致命的な大ブーメランだ。「悪夢の鳩山由紀夫政権」も、ジャパンライフの山口会長に対し、2010年に招待状を出していたということが発覚した。それも他ならぬTBSの取材によって明らかとなった。久しぶりにいい仕事をしたTBS。

>そして、さらに野党議員にもジャパンライフ会長が大量のお歳暮を贈っていたことが明らかになった。

(以下略)






政治知新;ジャパンライフ会長、安倍総理夫妻との面識を否定!招待状もチラシとしては配布していなかった!安倍総理の無実が確定し、デマを信じたメディアと野党の責任問題へ! 2019.12.09

>ジャパンライフの山口会長が安倍総理夫妻と面識がないことが明らかとなった!ジャパンライフの山口会長がTBSの取材に対し、そのことを明言したのである。

>しかも、山口会長は、『桜を見る会』招待状もチラシとしては配布していないことを明らかにした。これは山口会長に批判的なメディアの報道とも一致する。

>つまり、安倍総理はジャパンライフ問題における無実がTBSによって証明される事態になったのである。

(以下略)






zakzak;ジャパンライフ元会長逮捕 「預託商法」の悪質マルチで 桜を見る会、朝日新聞OBらも宣伝に利用 2020.9.18

>磁気治療器の預託商法などを展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」をめぐり、警視庁は18日、詐欺の疑いで創業者で元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)を逮捕した。悪質なマルチ商法の「宣伝用資料」には、山口容疑者に対する安倍晋三首相(当時)主催の「桜を見る会」(2015年)の招待状や、自民党の二階俊博幹事長らを囲み、元朝日新聞政治部長や、政治評論家、ジャーナリストらと懇親会を開いていたことも記されていた。



>捜査関係者によると、山口容疑者は元幹部らと共謀して、同社が債務超過であることを知りながら、利息や元本を支払うなどと装い顧客12人から計約8000万円を詐取するなどした疑いが持たれている。

>同社は、高齢者ら全国の約7000人の顧客から総額約2000億円を集めたとみられており、警視庁は事件の全容解明を進める。

>ジャパンライフをめぐっては、日本消費経済新聞が18年2月5日付のスクープ記事で、同社元社員から入手した「宣伝用資料」を報じている。

>同資料によると、山口容疑者に出された首相主催の「桜を見る会」の招待状や、山口容疑者主催で、元朝日新聞政治部長や、政治評論家、ジャーナリストらとともに、月一回、高級ホテルで政治家や官僚を呼んで懇親会を開いていたことも、マルチ商法の「宣伝」に使われていた。

>ジャパンライフは14年9月と10月、消費者庁から「行政指導」を受け、16年以降、業務停止命令などの「行政処分」を複数回受けている。

>元朝日新聞政治部長は昨年12月、夕刊フジの取材に応じ、同社の顧問となり顧問料を受け取っていたことを認めたうえで、「(山口容疑者は)政界と関係の深い人で、政治記者として、いろんな場所で会っていた。昔から顔は知っていた」「ジャパンライフがどのような事業を行っていたのかは知らないし、関わっていない」「事件が顕在化した17年にテレビで知り、懇親会はやめた」「『大変心外で、遺憾』という言葉に尽きる」と語っていた。






sakura_002.jpg














posted by kwazz at 18:31| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘタに発言すると、またブーメランになるぞ…w

産経ニュース;立民・福山幹事長、「生い立ち」発言の小川淳也氏を擁護 2020.9.17 22:19

>立憲民主党の福山哲郎幹事長は17日の記者会見で、同党の小川淳也衆院議員(比例四国)が菅義偉(すが・よしひで)首相に対し、国会で生い立ちを説明するようTBSのBS番組で求めたことを擁護した。「一般的に出自などでの差別は許されない。首相になられる方は、(生い立ちなどを)それなりにさらされるものだ」と語った。

>福山氏は「菅首相が2世、3世議員でもなく、苦労しながらリーダーになったことは評価したい」としつつ「生い立ちなどについては、トップリーダーはある種さらされるものだ」と繰り返した。

>小川氏は14日のBS番組で「どういう人間かは、どういう生い立ち、どういう環境かに規定されるんですよ」などと主張し、インターネット上で批判が広がっていた。小川氏は17日、自身のツイッターに動画を投稿し、「この言葉が持つ非常にセンシティブな意味合いに対して、もっともっと敏感でなければならなかった」などとして謝罪した。





陳さんや、旧姓村田さんを筆頭に。

新生悪夢党の幹部連中の生い立ちを、ハッキリさせようか… (´▽`*) アハハン♪





J-CASTニュース;菅首相への「生い立ち明らかに」発言 立憲・小川淳也氏が謝罪「多くの方を傷つけ、不信を招いてしまった」 2020年09月17日19時36分

>無所属から立憲民主党に合流した小川淳也衆院議員が、菅義偉首相の出自を明らかにする必要があるとした発言をめぐり、2020年9月17日にツイッターで謝罪を行った。

>「私の未熟を深くお詫び申し上げます」

>小川氏は14日、テレビ番組「報道1930」(BS-TBS)で、

「叩き上げストーリーをもし作られているとしたら、それはちゃんと実情を見ないといけない」
「逆の意味の虚像を作っているのであれば、それはきちんと国会も含めて、どういう人物なのか、というところをしっかり明らかにすることが、総理大臣としては最初の仕事であるような気がします」

>などと、持論を展開。その後「少し真意が十分伝わらなかった」としてツイッターの動画などで釈明をしていた。そして今回、

「一晩置いてよく考えさせて頂きました。この間のお叱り、ご批判を真摯に受け止め深くお詫び申し上げます。真意をお伝えしきれず、多くの皆様を傷つけ、不愉快な思いをおかけいたしました。重ねて深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございません」

>と文章で前置きをし、動画の中でも

「元々は、新しい首相の経歴は『等身大で報じられるべきだ』という問題意識でした。しかしそれがあたかも『人を生い立ちで差別するのか』というふうに取られてしまったことは、本当に不本意で、私の未熟を深くお詫び申し上げます」

>と謝罪。また、発言の経緯について、小川氏自身が「庶民の家庭で生まれ育った」という経歴を持ち、それを誇りとしながら活動をしてきたとした上で、

「巨大な権力や特に既得権としっかり戦って、公平な社会を作りたいということを、文字通り何度も発言してきた私自身の歴史があります。ひょっとしたらそこからきた発言だったのかもしれない」

>と振り返った。最後に

「一方、世の中の受け止めは、いろんな諸事情を抱えておられる方々、そしてこの言葉が持つ非常にセンシティブな意味あい、こういうものに対してもっともっと敏感でなければならなかった。そのことによって結果として多くの方を傷つけ、また不信を招いてしまった」

>とした上で、改めて「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪を行った。






patty_mikuru_001.jpg














posted by kwazz at 09:23| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何を言っても、ブーメランになっちゃうぞ…w

産経ニュース;立民・枝野代表、菅首相の「桜を見る会」中止を批判 2020.9.17 21:48

>立憲民主党の枝野幸男代表は17日、菅義偉(すが・よしひで)首相が令和3年以降の首相主催の「桜を見る会」を中止する意向を表明したことについて「過去の問題に対して臭いものに蓋をするのではなく、しっかりと明らかにしてほしい」と批判した。東京都内の連合本部で記者団の質問に答えた。

>野党はこれまで「桜を見る会」の招待者名簿の取り扱いなどをめぐり、安倍晋三前首相だけでなく、菅首相の責任も追及していた。





マスゴミ擁護の報道しない自由だからといって、臭いものに蓋をせず。

過去を検証して、しっかりと明らかにしてほしいものですなぁ… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





zakzak;【松井一郎 維新伝心】「ブレない改革派」菅新首相に期待 「日本は弱腰だ」旧民主党政権、中国への忖度 2020.9.17

(略)

>われわれは野党だけに、選挙や政策については切磋琢磨(せっさたくま)していく。ただ、国民にプラスになる政策実現のためならば、安倍政権と同じく、協力していきたい。菅「新首相」に期待している。

>さて、民主党政権時代の10年9月に発生した、沖縄・尖閣沖中国漁船衝突事件をめぐり、当時外相だった前原誠司衆院議員が産経新聞の取材に対し、菅直人首相(当時)が逮捕した中国人船長の「釈放を強く指示した」と証言した(8日朝刊掲載)。これは極めて重大な問題だ。

>これまで、民主党政権は処分保留による船長釈放を「検察独自の判断」と強調し、政府の関与を否定してきた。前原氏の証言が事実ならば、中国に忖度(そんたく)して、首相自ら検察の判断に介入したことになる。わが国の法治を歪めて、国民にウソをついたことになる。

>現在、中国の武装公船などが連日のように、尖閣周辺海域に侵入してきている。民主党の菅直人政権の対応が、中国に対して「日本は弱腰だ」「日本は強く出れば、どうにでもなる」といった誤ったメッセージを送り、中国の覇権拡大を加速させたのではないのか。

>民主党政権の主要メンバーは現在、枝野幸男代表率いる合流新党・立憲民主党にいる。彼らは「三権分立が分かっていない」と安倍政権を激しく批判していたが、自分たちこそ三権分立をねじ曲げて、事実をこれまで隠蔽して、国益を毀損(きそん)した可能性が高い。

>日本維新の会は今後、この問題について、国会で徹底的に追及していく。(日本維新の会代表、大阪市長・松井一郎)






mei_001.jpg














posted by kwazz at 04:33| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする