2020年08月31日

出来レース、なんじゃねぇ?

産経ニュース;【総裁選ドキュメント】河野防衛相、総裁選出馬を見送りへ 2020.8.31 18:49

>河野太郎防衛相は31日、辞任を表明した安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を選ぶ総裁選への出馬を見送る意向を固めた。河野氏はかねてより次期総裁選への出馬を公言してきたが、所属する麻生派(志公会、54人)が菅義偉(すが・よしひで)官房長官を支持する方針を固めたことなどから断念した。

>党員・党友による投票を省略した両院議員総会で新総裁を選出する見通しになったことも、人気と発信力の高さを生かしたい河野氏にとってマイナス材料だったとみられる。

>河野氏は同日、所属する麻生派(志公会、54人)会長の麻生太郎副総理兼財務相らと東京都内で会談した。





本番は、一年先か… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





Bloomberg;安倍路線継続へ、菅官房長官支持が拡大−自民総裁選 2020年8月31日 8:09

>辞意を表明した安倍晋三首相の後任を選ぶ自民党総裁選で、各派閥の動きが本格化してきた。二階派などに支持の動きが出ていた菅義偉官房長官に対し、無派閥議員有志が31日、立候補を要請した。菅氏が出馬すれば新型コロナウイルス対策や経済政策などで安倍政権の路線継続を訴える見通し。

>共同通信は菅官房長官が9月1日の党総務会で総裁選日程が決まった後に正式立候補する方針を固めたと報じた。菅氏は31日午後、無派閥議員有志による要請に前向きに検討すると返答した。坂井学元財務副大臣が記者団に明らかにした。

>午前の記者会見で菅氏は、総裁選への出馬について問われると、官房長官としての会見は「政府見解を説明する場であり、コメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。安倍首相とは後継者について「話をしていない」と語った。

>菅氏への要請に先立ち坂井氏は同日昼、記者団に対し、「おそらく自民党の歴史で無派閥の人が総裁というのはかつてなかった」と指摘。党内で菅氏と同様に無派閥で世襲ではない議員にとっては「希望の星」であると述べた。出馬した場合には、同氏を推す他のグループとも協力し、「良い結果のために頑張っていく」と語った。

>菅氏は27日のブルームバーグのインタビューでは、「ポスト安倍」への意欲について、「まだ1年もある話だ」とした上で、「何回聞かれても、全く考えたことはない」と否定していた。二階派の河村建夫元官房長官は30日、同派として菅氏を支持するか問われ、「そういう空気が生まれつつある」と述べた。

>総裁選を巡っては31日、二階派が幹部会合で菅氏を支持する方針を決めたほか、麻生派も菅氏を支持する方針を固めたと共同通信などが報じている。さらに吉川貴盛元農相ら有志議員も菅氏と面会し、立候補を要請するなど、菅氏支持の動きが急速に広がっている。

>NHKによると、最大派閥の細田派は、総裁選の対応を会長の細田博之元幹事長に一任することを決めた。同派の西村康稔再生相は同日午後の会見で、「安倍政権の政策を継承・発展させていくことが何よりも大事だ」と繰り返し指摘した。

(以下略)






friends_001.jpg














posted by kwazz at 19:33| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ためしに1年やらせてみて…w

共同通信;次期首相候補は石破氏トップ 2020/8/30 18:17

>共同通信社が29、30両日に実施した全国緊急電話世論調査で、次期首相に「誰がふさわしいか」と聞いたところ、石破茂自民党元幹事長が34.3%でトップ。菅義偉官房長官が14.3%、河野太郎防衛相が13.6%と続いた。




「やっぱり、コイツ、ダメだったろ」

ってことで、あべぴょん三度目登場、とか… (´▽`*) アハハン♪





NHK NEWS WEB;安倍総理の病気 潰瘍性大腸炎とは 2020年8月28日 17時18分

(略)

>しかし、関係者によりますと、ことし6月の検査で、異常が見つかり、今月17日に慶応大学病院で行った検査では、症状が悪化していることがわかったということです。

>その1週間後の検査では、投薬治療で症状の改善がみられたものの向こう1年間、投薬治療が必要だと診断されたということです。

>このため、安倍総理大臣としては、「体調が万全でない中、政治判断を誤ることがあってはならない」と考え、総理大臣を続けることが難しいと判断したものとみられます。






zakzak;安倍首相の今後 トランプ氏らとのパイプ維持し「院政」か…「3度目登板」の可能性も!? 八幡和郎氏が緊急寄稿 2020.8.31

(略)

>持病の「潰瘍性大腸炎」に新しい薬を使うことで状態は改善したが、これが維持できるか分からない。そうなったときに、正しい判断ができるか分からないし、前回のような、みっともない辞め方になって迷惑をかけるのは忍びない。

>「(新型コロナの)患者数が減って、冬に向かっての対策もできたので、今が一番、後任者にバトンタッチするのにいいタイミングだ」といって誰も文句を言えない。

>北朝鮮による拉致事件や、憲法改正、北方領土返還、デフレ脱却といった宿題の解決ができなかったことを残念だと、唇をかみ少し涙ぐみ、公文書の管理などの不備を率直に謝ってしまえば、それ以上、追及する理由もない。まさに六方を踏みながら花道を下がる趣だ。

>党内の流れとしては、石破茂元幹事長に有利な党員投票を避けて、両院議員総会でという方向に急速に流れているようだ。安倍首相は「後任者選びには介入しない」と言ったが、これは岸田文雄政調会長の期待に背くし、コロナ対策を最も緊要の課題としたことは、菅義偉官房長官を利するかもしれない。

>また、外交の重要性を強調しなかったことは、もしかするとドナルド・トランプ米大統領などとのパイプは維持して、ある種の「院政」となるかもしれない。議員としての活動を強調したのは、改憲など保守派のリーダーとしての役割に積極的に取り組んでいくということだろう。

>そして、新聞記者は誰も聞かなかったが、その延長線上で「3度目の登板」ということも排除していないように見えた。もしかすると、また、さらにパワーアップしての3回目の登板というのもあり得るのでないか。






chari_002.jpg














posted by kwazz at 09:49| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする