2019年12月31日

謝ったら、負けだもんな…w

KSL-Live!;民主党大反省会を企画した津村啓介「蓮舫さんに、みっともないことやるなって叱られた」←これとまた合流するんだぞ 2019.12.31

>国民民主党の津村啓介衆院議員は30日、下野後の2013年に民主党青年委員長として企画した『民主党公開大反省会』について「蓮舫さんには、みっともないことやるなって叱られた記憶も」と当時を振り返った。

>津村氏は立憲民主党との合流協議を玉木雄一郎代表に要請した中心人物。こんな蓮舫さんとまた同じ党になり、悪夢の民主党に戻ることに抵抗はないのだろうか?

(以下略)





過去の反省、総括もないままに。

くっ付いたり離れたり、看板を架け替えたりで… (´▽`*) アハハン♪





アノニマスポスト;元民主党・津村啓介議員「民主党公開反省会をやったら、蓮舫さんに、みっともないことやるなと叱られた」〜ネットの反応「みっともない事ww 自分たちは反省しないくせに日本には反省しろとかww」「民主党を与党にしてしまった国民のほうが深く反省したからね」 12月 31, 2019

>津村啓介
@Tsumura_Keisuke

民主党大反省会。民主党青年委員長のころ、こんなこともやりました

蓮舫さんには、みっともないことやるなって叱られた記憶も…


>ネットの反応

・国民も馬鹿じゃない、一度やらせてくださいって言うからやらせてみたら、全く国の運営なんてできない人たちだったって気づいたんだよ
もう二度と政権与党にはなれんよお前ら、と言ってやりたい

・民主党を与党にしてしまった国民のほうが深く反省したからね

・二度と同じ過ちは繰り返さない
と国民が決意

・だって謝れんほうだから

・自分たちがみっともないって自覚があるんだな

・枝野曰く民主党は政権を失ったときに総括をして反省点をまとめたらしい
ただし中身の詳細は「機密のため非公表」だ
どこをどう反省すれば今みたいな体たらくになるのかわからんが

・でも彼ら自身はもう民主じゃないからと民主時の責任から逃れてるんだよね
じゃあ反省なんて意味ないじゃんという

・なるほど、自分の失態を振り返らないから、あんなに自分を棚に挙げて政権批判できるんだな。

・まともな思考の持ち主がいてはいけない政党だと気付こうか

・蓮舫の存在自体がみっともないんだが

・みっともない事ww 自分たちは反省しないくせに日本には反省しろとかwww
 
・「反省することはみっともないこと」である、か。そう考えるとこれまでの蓮舫の行動にも辻褄が合うな






詐欺フェスト_001.jpeg














posted by kwazz at 10:43| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの本のことじゃ、ないんかいっ!

東洋経済オンライン;日本が「韓国文学」から受けたすさまじい衝撃 編集者たちが見る「ブームの背景」 2019/12/29 5:25

>2019年、出版界に巻き起こった“韓国文学ブーム”。出版不況と言われる中、韓国文学のヒット作を手がけた編集者たちは、そのとき何を思い、このヒットをどう見ているのか?
ブームの火付け役となった『82年生まれ、キム・ジヨン』を刊行した筑摩書房の編集者・井口かおりさんと、「韓国・フェミニズム・日本」特集号が3刷となり、その完全版を単行本として刊行したばかりの河出書房新社の『文藝』編集長・坂上陽子さん、そして韓国文学の翻訳者であり2冊のキーパーソンである斎藤真理子さんに話してもらった(全3回)。
第1回は、ここ数年での韓国文学をめぐる変化と、ヒットした背景についてです。

(以下略)





こっちの方が、余程売れてるんジャマイカ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





文春オンライン;「みっともないことするなよ」日韓W杯で韓国に思ったこと――川淵三郎が語る「反日種族主義」 「反日種族主義」大論争#1 川淵 三郎 2019年12月19日号

>竹島、徴用工や慰安婦問題など韓国で通説となっている歴史認識を検証した書籍『反日種族主義』。今夏刊行された韓国でば国前法相が批判するなど物議を醸し11万部超、11月発売の日本版は36万部のベストセラーとなった。日韓で賛否両論、波紋を呼ぶ本書を識者が論じる。

◆◆◆

>よくぞ韓国の学者先生が、このような本を書いてくれたものです。

>何より驚いたのが、李栄薫(イヨンフン)先生をはじめ、李承晩学堂に所属している方々が中心となってご執筆されたこと。李承晩大統領と言えば、反日政策で有名です。1952年に公海上に「李承晩ライン」を設定し、この境界線を越えた日本漁船を拿捕、大勢の漁師を拘束した。それゆえ、75歳以上の世代にとって李大統領は、腹だたしい存在でした。

>その反日の象徴のような大統領の名を冠した研究機関の方が、韓国の反日の実態を明らかにする。著者の元ソウル大学教授の李先生たちが自らの信念に従い、歴史的事実に嘘はつけないと行動された結果でしょう。

>資料に基づいた実証的研究で、説得力もある。李先生は日本統治下の朝鮮の土地調査事業を調べていた。当時の土地台帳と朝鮮王朝のものを比較し、日本が朝鮮の土地の4割を収奪したという歴史教科書の記述が事実ではないと明らかにした。慰安婦についても「日本軍によって強制連行された性奴隷」という韓国での通説を否定し、公娼制度の一環だったと書いている。

>こういった事実は韓国で無視されてきた。反日を利用したい政治家はもちろん、マスコミも報道しなかった。やせ細った日本人労働者の写真を「労務動員された朝鮮人だ」と世界にアピールする始末。非常に残念です。

>日韓W杯で「えっ」と驚く経験

>韓国の方々は、対日本となると冷静ではいられない面があるのは事実でしょう。私も日韓ワールドカップ共催のときに「えっ」と驚く経験をしました。

>大会の呼称問題です。本来はアルファベット順で「JAPAN・KOREA」のはずが、韓国側が難色を示した。そこでW杯組織委員長のヨハンソンから「決勝は日本で行う代わりに、韓国・日本の順でもいいか」と打診があり、私たちは受け入れた。だが、鄭夢準(チョンモンジュン)韓国サッカー協会会長は「日本から勝ち取った」と名称のことだけ宣伝した。みっともないことをするんじゃないよ、と思ったものです。

>『反日種族主義』の出版には、ことによっては身に危険がふりかかるかもしれず、大変な勇気が必要だったでしょう。でも、歴史認識の誤りを放置しておいたら、韓国は衰退していってしまうのではないか。そう考えた見識ある著者の方々の叫びが本書には詰まっている。日本にとっても、これ程ありがたい歴史書はない。

>私は孫にも渡しました。ぜひ大勢の方に読んで欲しい。100万部、行ってもらいたいね。






中央日報;『反日種族主義』読んだかどうかの質問に…安倍氏、少し笑った後に「ノーコメント」 2019.12.31 07:25

>安倍晋三首相が、今年11月に日本で出版された後、人気裏に販売中の李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大学教授の本『反日種族主義』に対して言及した。

>最近発売された日本の保守指向の月刊誌『Hanada』2月号のインタビューでだ。

>「『反日種族主義』という本が日本と韓国で話題になっているが、総理はお読みになりましたか」という質問に、安倍首相は「日本でもベストセラーになったことは知っている。ここまで申し上げたい」と言って笑った。「読んだ」というニュアンスを強く含む回答だった。

>インタビューは24日韓日首脳会談が開かれる前に行われた。

>安倍首相は徴用問題に対して「国境を接している隣国同士は多くの課題を抱えていて、ときには対立することもある」とし「そのような状況に終止符を打って正常化させるために条約を交わす」と話した。

>安倍首相は続いて「そのような新しいスタートを切るとき、両国が交わした条約を守らないなら、すべての基本が崩れてしまう」とし、1965年請求権協定の遵守を再度韓国政府に求めた。

>安倍首相は「条約を遵守することが国際法の常識であり、国際的な通念」とも話した。2015年韓日政府の慰安婦合意については「当時の朴槿恵(パク・クネ)政権と合意したのではなく、日本と韓国、国と国との間の約束」としながら「政権が変わったからといって約束を紙くずにすることは決して受け入れられない」とした。

>また「現在、韓国に対する日本国内の世論が冷ややかなのは、これまで多くの日本人が『韓国と良好な関係を築きたい』と望みながらさまざまな行動をしてきたにもかかわらず、(韓国側の行動のために)『これは何だ』という気持ちになったからだと考える」とも話した。

>それとあわせて、徴用問題などにおける対処に関連して「私は『どのようにすれば未来の日韓関係がうまくいくか』ということを基本として考えている」とし「安倍政権が根本的な原則を譲歩することはありえない」と話した。






higurashi_001.jpg














posted by kwazz at 10:27| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

大阪民国の言論弾圧、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

産経ニュース;大阪市がヘイトスピーチ初の氏名公表 2019.12.27 21:14

>大阪市は27日、市条例に定めるヘイトスピーチ(憎悪表現)に認定した市内の街宣活動など2件について、実行者2人の氏名を市のホームページ上で公表した。ヘイトスピーチに関する自治体条例に基づく氏名の公表は全国で初めてとみられる。

>公表されたのは、政治団体「朝鮮人のいない日本を目指す会」(大阪府枚方市)の川東大了(かわひがし・だいりょう)氏と、まとめサイト「保守速報」の運営者、栗田香(かおる)氏。

>2件は市民団体の申し出を受け、市の有識者でつくる審査会が今年7月、ヘイトスピーチと認定。市が氏名と内容の公表について検討していた。

>川東氏はこれまで実名でインターネット上に自らの主張を発信。栗田氏については被害を申し立てた人が提出した裁判資料などから氏名を特定した。

>市はこれまで同条例に基づき、ネット上の動画など6件をヘイトスピーチと認定したが、電気通信事業法の守秘義務などが壁となって投稿者などの特定に至らず、サイト名や投稿者のアカウント名の公表にとどまっていた。

>市によると、川東氏は平成28年9月、大阪市のJR鶴橋駅周辺で在日韓国・朝鮮人に対して「朝鮮人は危険」などの発言で街宣活動を行い、その音声ファイルをネット上で公開した。

>栗田氏は、ネット上の匿名掲示板に書き込まれた在日韓国・朝鮮人に対する差別的な文章を編集し「保守速報」に掲載した。





これだから、維新ってやつも… ┐(´ー`)┌ フッ





保守速報;大阪市ヘイト条例について 2019年12月27日22:05

>管理人です。読者様、いつもサイトにお越し頂き誠にありがとうございます。

大阪市から指摘された記事は削除済みです。対応したにもかかわらず本日、措置を受けてしまいました。
保守速報の今後については日をあらためて報告させて頂きます。

読者様、応援ありがとうございます。
今後とも保守速報をよろしくお願いいたします。






yasuna_006.jpg














posted by kwazz at 09:21| Comment(0) | 地方行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

取りあえずは、くっ付いちゃえよ…w

時事ドットコム;立・国幹事長、合流で一致 年明け党首会談で最終判断 2019年12月27日19時22分

>立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は27日、東京都内のホテルで会談し、両党が合流する方針で一致した。年明けの党首会談で最終判断する。ただ、合流をめぐり両党間には認識の違いも大きく、実現するかは不透明だ。

>約2時間の会談では、衆参一体での合併を確認。(1)次期衆院選の小選挙区と比例代表の重複立候補は比例名簿登載を同一順位とする(2)代表選規定を速やかに策定する―ことなども申し合わせた。

>福山、平野両氏は会談後、そろって記者団の取材に応じた。福山氏は「一つの政党になることを目指し、自民党政権に代わって政権を担い得る強力な態勢を築く必要性を共有した」と強調。平野氏も「大義のために大きな固まりを目指して頑張っていく」と語った。

>ただ、立憲は「吸収合併」を想定。国民が求める「対等合併」には否定的だ。

>一方の国民も、7月の参院選で立憲と対決した参院側を中心に、合流への慎重論が根強い。このため、党首会談で合意しても、党内から不満が噴出する可能性がある。





理念、政策、細かいことを詰めようとすると。

また、内ゲバっちゃうもんな… ( ̄∀ ̄) アヒャ





NHK NEWS WEB;立民 国民 合流へ政策や党名は年明けの党首会談で 2019年12月28日 6時16分

>立憲民主党と国民民主党の幹事長が27日会談し、党を合流させる方向で一致しました。ただ、政策や党名などの扱いは年明けに行う党首会談に委ねられることになり、さらに調整が行われる見通しです。

>立憲民主党の福山幹事長と国民民主党の平野幹事長は27日会談し、「1つの政党になることを目指す必要性を共有した」として、両党を合流させる方向で一致しました。

>立憲民主党の幹部の一人は「転がり始めた石は止まらない」と述べ、合流に向けた方向性は変わらないという認識を示しました。

>ただ、幹事長どうしの話し合いでは、政策や理念、党名、人事などの扱いに調整がつかず、年明けに行う党首会談に委ねられることになりました。

>立憲民主党が政策などを堅持する姿勢を崩していない一方、国民民主党からは「丸飲みはできない」として「一度の党首会談で結論を出すのは難しいのではないか」という見方も出ています。

>このため来月20日に召集される見通しの通常国会までの合意を目指して、両党の間でさらに調整が行われる見通しです。






nata_001.jpg














posted by kwazz at 17:06| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

政界だけじゃ、無いっしょ!

zakzak;秋元議員“汚職逮捕”で浮き彫り…政界を侵食する「中国マネー」の正体! 2019.12.28

>日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員、秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=が、2017年末に中国企業「500ドットコム」本社を訪問した際の費用を、同社側が負担した疑いがあることが28日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、賄賂に当たるかどうか慎重に捜査している。

>関係者によると、秋元容疑者は17年12月に2泊3日の日程で、「500」社副社長の肩書で活動していた鄭希容疑者(37)=贈賄容疑で逮捕=らと羽田空港を出発。「500」社の経営トップと面会し、マカオのカジノを視察した。

>秋元容疑者の後援会の政治資金収支報告書には出発前日の日付で「旅費」256万円を支出した記載があるが、支出先は「500」社顧問だった紺野昌彦容疑者(48)=贈賄容疑で逮捕=の香港の会社だった。

>■氷山の一角

>今回の事件で、中国マネーが日本の政界を侵食する実態が浮き彫りになった。贈賄側の中国企業「500ドットコム」はIRのノウハウに乏しい後発組で、悪目立ちした末に摘発されたが、氷山の一角ではないのか。

>中国・深セン(シンセン)に本社を置く500ドットコムは2001年に設立され、中国で初めてインターネット上に宝くじ・スポーツくじ販売のプラットフォームを開設した。13年にニューヨーク証券取引所に上場。世界135カ国に6000万人以上の登録ユーザーを持つというが、ここ数年は逆風続きだった。

>ギャンブル研究者で「国際カジノ研究所」代表の木曽崇氏は「習近平政権下の中国にあって、本土側の富くじ業やゲーム業などに厳しい規制がかけられ始めているなか、海外への新事業の展開を余儀なくされていた」と指摘する。

>15年の中国の規制強化で株価は暴落。筆頭株主も国有企業の関係会社に移った。

>同社は17年ごろ、北海道留寿都(るすつ)村でIR参入を目指したが、「地方都市での中小IR開発はまず難しいだろうと予想されていた」と前出の木曽氏。自治体関係者も「あまり筋がよくない話だと当時思っていた」という。

>同社が数百万円を渡すなどしたとされる秋元容疑者も、担当副大臣に就任するまで、「IRに熱心だという話は聞いたことがない」という証言もあり、終始後手に回った。

>日本のIRは当面最大3カ所。米ラスベガスなどの事業者が進出を表明するほか、中国に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏は「香港に本社を持ち、マカオを主力市場とするIR企業の参入も避けられないのではないか」とみる。

>■富坂聰氏「本腰なら額も2ケタ上がる」

>中国資本をめぐっては、日本企業を傘下に収める例が相次いでいるほか、北海道の水源地のある森林が買収され、問題になっている。

>中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏は「中国は今後も日本の雪国を狙っていく可能性が高い。中国にとってはきれいに雪が積もる雪原地帯というだけでも価値がある」としたうえで、こう警鐘を鳴らす。

>「今回の事件は贈賄の金額が少なく、あくまで様子見だったということではないか。当初は北海道がIR採用の候補から外れても、人気が集まれば今後、雪国に誘致される可能性はある。その際に動くカネはこれまでとは2ケタほど高い額になるのではないか」





桜に比べれば、野党もマスゴミも、随分とおとなしいよね… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;“カジノ疑獄”官邸は特捜部や秋元容疑者の動きを事前に知っていた? 「中国マネー」一掃の思惑も 2019.12.27

>カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐり、内閣府副大臣でIRを担当していた衆院議員、秋元司容疑者(48)=自民党を離党=が、収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された。首相主催の「桜を見る会」問題に続き、安倍晋三政権には大打撃だが、首相官邸は事前に、特捜部や秋元氏らの動きをつかんでいたのか。「中国マネー」への警戒態勢はどうなっていたのか。

>中国企業「500ドットコム」側が、秋元容疑者に「衆院選の陣中見舞い」として現金300万円を手渡した2017年9月ごろ、IRの整備地域の数をめぐっては、「少なくとも4、5カ所」という自民党案と、「2、3カ所」という公明党案が対立していた。

>関係者によると、北海道留寿都(るすつ)村でのIR参入を目指した「500」社の元顧問、紺野昌彦容疑者(48)らは、秋元容疑者に「なるべく多く」「5カ所に」と要望していたという。

>最終的には、整備地域は「3カ所」に決まり、中国側の思惑は外れた。

>こうしたなか、官邸が事前に特捜部の動きを把握していたかが注目されている。

>事件発覚直後、官邸関係者が特捜部の動向を探っていたため、「特捜部の動きを知らなかったのでは」との見方もあるが、永田町事情通は「当然、官邸中枢はつかんでいたはずだ」といい、続けた。

>「秋元氏の動きは目立ちすぎていた。IR議員連盟の与野党議員を『500』社側に紹介していただけでなく、欧米系企業にも派手に接触していた。『危ない』とは思っていたが、『ここまでズブズブとは…』と、怒り心頭ではないか」

>そもそも、官邸は、北海道の土地購入などに「中国マネー」が大量に流入していることを警戒してきた。

>同事情通は「官邸は、IRを『成長戦略の目玉』の1つと位置付けてきた。それにマイナスイメージが付いたのは残念だが、IRに怪しげな資金が入ることは絶対に避けなければならない。今回の事件が、それに歯止めをかけることになればいい」と語っている。






Share News Japan;【IR収賄】朝日新聞「秋元議員は潔白を主張しており、慎重な捜査が求められる」「いったん歩みを止め、問題点を洗い出すのが筋ではないか」 2019-12-26

>(社説)秋元議員逮捕 カジノ推進の裏で何が

▼記事によると…

・カジノを含む統合型リゾート(IR)の参入をめぐり、中国企業から賄賂を受け取ったとして、東京地検は秋元司衆院議員=自民党を離党=を収賄の疑いで逮捕した。別の同党議員らの事務所も家宅捜索を受けた。

・秋元議員は潔白を主張しており、慎重な捜査が求められる。

・年明けにはカジノ規制を担う管理委員会が発足するが、いったん歩みを止め、問題点を洗い出すのが筋ではないか。

2019年12月26日05時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14308190.html

(略)

>▼ネット上のコメント

・朝日情報操作社の逆が正解なのです。

・普段はあんなにくだらないことを疑惑として与党を叩いてるのにね

・朝日新聞の逆張りが正解だ!!

・慎重に捜査するのは当たり前。

・うん、これは分かり易い!想像通りのさすが朝日!

・朝日新聞が擁護しているということは間違いなく裏がある。物凄く分かりやすい。

・答え合わせ






yasuna_010.jpg














posted by kwazz at 16:11| Comment(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

他人に厳しく、自分に甘く…w

しらべぇ;初鹿明博議員の「強制わいせつ離党」をすっとぼける立憲・枝野幸男代表 強制わいせつの容疑で書類送検された初鹿明博議員が立憲民主党を離党。枝野代表は… 2019/12/27 10:00

>立憲民主党は24日、強制わいせつの疑いで書類送検された初鹿明博衆院議員の離党届を受理した。

>■福山幹事長が謝罪

>初鹿議員は、2015年にタクシーの中で党の女性関係者の顔を自分の下半身に押しつけるなどしたとして、今月、強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検された。調べに対し、初鹿議員は「合意があった」などと容疑を否認しているという。

>24日の会見で福山哲郎幹事長は「初鹿議員の書類送検を受け、臨時の常任幹事会などを開くべきだったのでは?」という質問に次のように答えて謝罪した。

>「嫌疑を持たれ書類送検を受けるということになったこと自体、はなはだ遺憾で申し訳なく思っております。捜査当局に本人も協力する意向を示していますし、捜査当局の判断を待っているところでございます。

>起訴、起訴猶予、不起訴等々、判断があると思いますが、そのことに対して何らかの予断をいま私たちが持つことは適切ではないと思っておりますが、本人も離党の意思を表明され先週離党届が出ましたので、今週速やかに処理をさせていただいた」

>■国民民主党の玉木代表も批判

>他党からも批判の声が上がった。25日の会見で玉木雄一郎「国民民主党」代表は「性犯罪に厳しく対応していくのが日本だけではなく世界の潮流だ。被害者の人権や女性の権利を尊重するのであれば(立民が)厳しく処分すべき案件だ」と痛烈に批判。

>続けて、「性犯罪に厳しい対処が必要だとわれわれ野党は言っている。ダブルスタンダードとみられないような対応が不可欠だ」と述べた。極めてまっとうな指摘だろう。

>■枝野代表はすっとぼけ

>26日に枝野幸男・代表の会見が行われた。記者からは「初鹿議員は女性を無理矢理ホテルに連れ込もうとしたり、今回の問題だけではない。立憲民主党は2017年の総選挙にあたって、候補者の身体検査を行わなかったのか」といった質問も。

>枝野氏は「あくまで一般論でいうが」と断った上で、「2017年の立憲民主党の総選挙の折は、その前の段階で民進党の公認候補者であった方はいっさい排除の論理は問わないということを申し上げ、その通り対応した」と回答。

>つまり、問題児であっても目をつぶったかともとられない発言である。

>立憲から当選後すぐにセクハラがバレて党を離党した「ハイハイ青山」こと青山雅幸衆院議員の件もある。青山氏も初鹿氏も離党にとどめ、除名しないというのは、ジェンダー平等を掲げる立憲民主党としてはいかがなものなのか。同党のモラルが問われている。





野党お得意の、説明責任とやらは… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





産経ニュース;枝野氏「コメントすべきでない」 大学教授へのレイシズム発信 2019.12.26 16:10

>立憲民主党の枝野幸男代表は26日の記者会見で、同党の石垣のり子参院議員から「レイシズムとファシズムに加担するような人物」とツイッターで発信された嘉悦大の高橋洋一教授から「党代表としての見解」を求められていたことに関し、「私が何かコメントすべき問題だと思っていない」と述べた。

>石垣氏は11月28日、れいわ新選組の山本太郎代表らが共催する「消費税減税研究会」の講師に高橋氏が招かれたことに反発し、その理由をツイッターで発信した。

>高橋氏は直後にツイッターで石垣氏に「私がレイシズムとファシズムということですが、何を根拠とされているのでしょうか教えていただけますか」と質問。しかし、回答がなかったことから、枝野氏に対し「貴党所属の石垣のりこ参院議員はツイッターで私をファシスト、レイシスト呼ばわりしています。貴党代表としての見解を教えてください」と書き込んでいた。






Share News Japan;AKBファンの立憲・枝野代表、1期生峯岸さんの卒業にコメント「寂しい」→「他にコメントすべきことある」と批判殺到 2019-12-27

>AKB峯岸さん卒業「寂しい」 ファンの枝野氏

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野幸男代表は26日の記者会見で、自身がファンのアイドルグループ「AKB48」から来春、1期生で最後まで残っていた峯岸みなみさんが卒業することについて「時間は経過するんだなという寂しさを感じる」と述べた。

「初期の厳しい状況を支えてきたメンバーで、卒業は大変残念だ」とも語った。

2019.12.26 21:09
https://www.sankei.com/politics/news/191226/plt1912260029-n1.html

(略)

>▼ネット上のコメント

・これってニュースですか

・コメントする立場にないと言えばいいのに

・別にアイドルのことをコメントするなとは言わないけど、他にコメントするべきことがあるんと違うの?

・これを記者会見で聞いてどうなる?

・結局コイツからは政策を聞かなかったな。

・2019年のニュースの中で一番どうでもいい.

・世代交代するグループとしない党の違い。






sakurako_002.jpg














posted by kwazz at 13:20| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじまる前から、内ゲバかよ…w

産経ニュース;立民・福山氏「何言っているのか」 政党合流、玉木氏に不快感 2019.12.26 21:16

>立憲民主党の福山哲郎幹事長は26日、国民民主党の玉木雄一郎代表が25日に立民との政党合流をめぐる幹事長間の協議に関し「根本のところで折り合っていない」と述べたことに対し、「(国民の)平野博文幹事長とは、いろいろなことについて共有しながら話しているという認識だ。何を言っているのか分からない」と述べ、不快感を示した。

>福山氏は、先の臨時国会で立民と国民などが野党統一会派を組んで活動したことなどに触れ、「それを基に党首会談をし、(合流をめぐる)具体的なことを幹事長間で話し合えという指示をもって平野氏とやっている」と強調。「根本的なことがかけ離れているなら、こういう議論が進んでいるわけはない」と述べ、玉木氏の発言に反発した。

>福山氏はこの日、東京都内で平野氏と会談し、合流に関する協議を行った。福山氏は協議後、記者団に「いろいろな課題について一つ一つ具体的に固めている最中だ」と説明した。年内に何らかの方針を打ち出すか問われると、「努力をしている」と語った。

>協議に先立ち、立民の枝野幸男代表は記者会見で、合流に向けた早期の合意を促す発言をした。平野氏はこれに対し、「拙速に物事を決めてしまうのはいかがなものか。われわれは丁寧にやる」と記者団に強調した。





元々、理念も政策もなく。

ただ、票と金のためだけに、くっ付いたり離れたり… (´▽`*) アハハン♪





NHK NEWS WEB;立民と国民 合流に向けた話し合い 両党間で調整見通し 2019年12月27日 4時06分

>野党の合流をめぐり、立憲民主党が、27日の幹事長どうしの会談を年内最後と位置づけて一定の方向性を出したいとしているのに対し、国民民主党は、年明け以降も政策面などで話し合いを続けたい考えで、両党の間で調整が行われる見通しです。

>立憲民主党の福山幹事長と国民民主党の平野幹事長は、先週から両党の合流に向けた話し合いを続けていて、27日も、東京都内のホテルで意見を交わすことにしています。

>立憲民主党の枝野代表が、国民民主党に対し、合流するかどうかを年内に判断するよう求めていることを踏まえ、福山氏は、27日の会談を年内最後と位置づけて、一定の方向性を出したいとしています。そして、これまでに折り合いのついた項目を公表したうえで、年明けの早い段階で、党首会談を行い、正式に合意したい考えです。

>一方、国民民主党の玉木代表が、年内にこだわらず丁寧に議論して判断したいとしていることから、平野氏は、合流するかどうかの方向性を打ち出すことには慎重な姿勢です。

>また、エネルギー政策などのすり合わせが進んでいないとして年明け以降も政策面などで話し合いを続けるよう求める方針で、両党の間で調整が行われる見通しです。






Share News Japan;立憲・枝野代表「カジノは反社の悪用も含めて、やるべきではないと言ってきた。法制定のプロセスから進めていた人間が反社だった」 2019-12-27

>立憲民主党の公式ツイート

枝野代表
「カジノは反社会的勢力の悪用も含めて、やるべきではないと言ってきた。法制定のプロセスから進めていた人間が反社会的勢力だった」

(略)

>▼ネット上のコメント

・他のギャンブルには目を瞑るのかよ。

・バックに反社会的勢力がいればカジノやりたくてたまらんわな。

・汚職は汚職、カジノはカジノ別けて問題を追求するべき。

・ブーメランに注意。

・そんなカジノを成長戦略として推進していたのが枝野も所属する民主党政権でした笑笑

・カジノが悪いとは批判するが、チャイナマネーの悪辣さには一切言及しないんですね。へー

・政権党のときは推進して、野党になったら反対。説得力無いよねぇ。






tousou_001.jpg














posted by kwazz at 10:38| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

年末大掃除で、大蔵ざらい、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

NHK NEWS WEB;IR汚職事件 パチンコチェーン本社を捜索 東京地検特捜部 2019年12月26日 14時06分

>IR=統合型リゾート施設をめぐり秋元司衆議院議員が逮捕された汚職事件の関係先として、東京地検特捜部が26日、東京 中央区にある大手パチンコチェーンの本社の捜索を始めたことが関係者への取材で分かりました。この会社は秋元議員が以前、顧問を務めていた会社と取り引きがあったということで、特捜部は秋元議員周辺の資金の流れの解明を進めているものとみられます。

>自民党を離党した衆議院議員の秋元司容疑者(48)はIR=統合型リゾート施設などを担当する内閣府などの副大臣を務めていたおととし9月、IRへの参入を目指していた中国企業側から現金300万円などの賄賂を受け取ったなどとして、25日、収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

>この事件の関係先として特捜部が26日、東京 中央区にある大手パチンコチェーンの本社の捜索を始めたことが関係者への取材でわかりました。

>このパチンコチェーンは、秋元議員の元政策秘書が平成23年に都内に設立し秋元議員が一時顧問を務めていた会社と取り引きがあったということで、特捜部は秋元議員周辺の資金の流れの解明を進めるものとみられます。

>秋元議員は、IRのほかパチンコやナイトクラブなどの娯楽産業の振興にも力を入れていました。

>秋元議員は逮捕容疑について「一切、身に覚えがない」などと全面的に否認しているということです。





あちらこちらに飛び火、炎上で、祭り不可避か? … (´▽`*) アハハン♪





まとめダネ!;【IR汚職事件】捜索されたパチンコチェーン本社はどこ?「NHKにガイアが映っているぞ」 2019年12月26日

(以下ソース)





アノニマスポスト;【IR汚職事件】大手パチンコチェーン本社を捜索 東京地検特捜部〜ネットの反応「面白くなってきた」「日本の大掃除キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!」 12月 26, 2019

(略)

>ネットの反応

・どこのチェーンだ?

・マジかよこれ
俺は興奮してきたぞすごく
きたねえ政治家ども一掃だろ

・やはり、本丸はパチンコだったかww

・マルハンもダイナムも本社が中央区じゃないから違うな
ガイアは中央区みたいだけど

・日本の大掃除キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

・よしよし、パチンコ利権でガサ入れで困る政治家も多いだろうね

・むしろ警察にも繋がりありそうだから
自らの首を絞めないように政治家も見逃しそうな気もする

・これは祭りの予感

・東京地検超がんばれw

・こうなると思った
とことんやっちまえ

・カジノも結局パチンコ屋利権でワロタw

・野党、秋元擁護に華麗に変身w

・青木埋はこれより桜の会のが大事だと
言ってなかったっけ

・面白くなってきた






kyoju_001.jpg














posted by kwazz at 18:18| Comment(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

まった、二階派かよ…w

産経ニュース;秋元司議員、収賄容疑で逮捕 IRめぐり現金300万円、北海道旅行も 東京地検特捜部 2019.12.25 12:44

>カジノを含む統合型リゾート施設(IR)への日本参入を目指していた中国企業側から現金300万円を受け取るなどしたとして、東京地検特捜部は25日、収賄容疑で自民党衆院議員、秋元司容疑者(48)=東京15区=を、贈賄容疑で中国企業日本法人元役員ら3人をそれぞれ逮捕した。中国企業をめぐる外為法違反事件は、政界の汚職事件へと発展した。

>現職国会議員の逮捕は、平成22年1月に小沢一郎衆院議員の資金管理団体「陸山会」をめぐり政治資金規正法違反容疑で逮捕された石川知裕衆院議員(当時)以来、約10年ぶり。

>贈賄容疑で逮捕されたのは、「500ドットコムジャパン」元副社長、鄭希ことジェン・シー(37)=東京都港区▽同社元顧問、紺野昌彦(48)=那覇市▽同社元顧問、仲里勝憲(47)=沖縄県浦添市−の3容疑者。

>逮捕容疑は、秋元容疑者はIR担当の内閣府副大臣だった平成29年9月下旬、同社のIR事業で便宜を受けたいとの趣旨だとを知りながら、東京都内で現金300万円を受領。30年2月中旬には、妻子とともに北海道留寿都(るすつ)村への約70万円相当の旅行に招待されたとしている。

>秋元容疑者は25日、産経新聞の取材に「500ドットコムジャパン側から金銭はもらっていない。そもそも権限がないが、何か便宜を図った記憶もない」と容疑を否定した。

>特捜部は今月19日、紺野容疑者らが無届けで国内へ現金数百万円を持ち込んだとされる外為法違反事件の関係先として、衆院議員会館内の秋元容疑者の事務所などを家宅捜索。秋元容疑者から任意で事情聴取し、持ち込まれた現金への関与を調べていた。外為法は100万円を超える現金を国内へ持ち込む場合は税関への届け出を義務付けている。

>紺野容疑者は、500ドットコムジャパンが参入を目指した北海道留寿都村でのIR誘致計画に同社の交渉担当として深く関与。同社と秋元氏をつなぐ役割を果たしていた。

>500ドットコムは広東省深●(=土へんに川)に本社を置き、インターネット上でのゲームやスポーツくじなどの事業を展開。29年7月に日本法人を設立し、翌8月に那覇市で開いたシンポジウムでIR進出を検討していることを表明。秋元容疑者はこの際、基調講演を行った。

>500ドットコムジャパンは30年1月、札幌市の観光会社が留寿都村でのIR誘致計画を公表した際に出資を表明。翌月には秋元容疑者が村を訪れ、鄭、紺野容疑者らのほか、村幹部とも面会していた。

>だが、道は同村を含めた複数の地域の中から苫小牧(とまこまい)市を優先候補地に選定。今年11月には、環境への配慮などを理由に誘致の見送りを表明していた。

>秋元容疑者は28年12月の臨時国会で衆院内閣委員長としてIR推進法の成立に関わったほか、29年8月から今年9月まで内閣府副大臣を務め、昨年10月まではIRを担当していた。





アベ友なら、逮捕されなかったのにね… ( ̄σ・ ̄*) ホジホジ





日刊ゲンダイ;記者に激高…二階幹事長「秋元カジノ疑惑」に怒り大爆発 2019/12/23 14:50

>あの怒り方はタダごとじゃない。自民党の二階俊博幹事長が20日、台風19号の被害を受けた栃木県内を視察。報道陣へのぶら下がりで、東京地検特捜部から任意聴取された秋元司衆院議員について聞かれると、突然激高。色をなして記者を罵倒したのだ。テレビ東京が報じた動画がSNSで広がり、物議を醸している。

>質問され憮然とした表情を浮かべた二階幹事長は、指で記者を小突きながら「キミは大事な仕事としてオレに聞いてるんだろうけど、今そんなことの説明に来たんじゃないじゃないか、オマエ。場所を考えて言え!」とブチ切れ。「東京地検がすった転んだって、そんなことをオレが知るかい!」「ここには災害のことで来てんだもん」と怒りが収まらず、さらに記者を指さし、「キミは得意になってるけど、そんなバカなことあるかい!」と切れながら立ち去っていったのだった。

>べらんめえ口調で「オマエ」と何度も繰り返す様子に、SNSでは、〈みっともないクソジジイ〉〈情けないというか呆れるというか。どうしようもないね〉〈この件に触れられたくないんだな〉といった声があふれている。

>秋元議員への捜査で、カジノを含むIR事業はイメージがガタ落ち。二階幹事長も地元・和歌山での設置を前向きに推進してきただけに、今回の一件でミソがついたことに怒り心頭なのは間違いあるまい。さらに、別の原因もありそうだ。ある二階派関係者はこう言う。

>「正直、二階さんの怒り方には驚きました。公の場で声を荒らげることはまずありませんから、相当な怒りだったのでしょう。秋元さんが二階派所属ということも影響していると思います。これまで二階派所属の大臣や議員が次々に不祥事を起こしていますからね……。党内で『また二階派議員か』と受け止められるのは必至です」

>確かに二階派は“ポンコツ”だらけだ。失言連発だった桜田義孝元五輪相に、有権者へのカレンダー配布問題などで大揺れだった片山さつき元地方創生相。準強制性交などの疑いで書類送検され辞職した田畑毅元衆院議員も二階派だった。

>よくぞこれだけ二階派に集まったものだ。






産経ニュース;IR誘致にブローカー暗躍 違法資金移動の解明がカギ 秋元議員周辺捜査 2019.12.22 20:24

>カジノを含む統合型リゾート施設(IR)をめぐる中国企業側による外為法違反事件に絡み、自民党の秋元司衆院議員(48)=東京15区=周辺への東京地検特捜部の捜査が進んでいる。捜査線上には、違法な資金移動に関与した疑いがあるとして、中国企業と秋元氏側の間を暗躍していた男性コンサルタントの存在が浮上。IR参入をめぐり中国資本と政治家をつなぐ「ブローカー」(関係者)の果たした役割が事件のカギを握りそうだ。

>■6年ぶりの捜索

>今月19日、東京都千代田区の衆院議員会館にある秋元氏の事務所へ特捜部の係官が家宅捜索に入った。議員会館内での特捜部による捜索は、平成25年の医療法人「徳洲会」グループによる公職選挙法違反事件での徳田毅衆院議員(当時)の事務所以来、6年ぶりだ。

>容疑は日本国内でのIR参入を目指していた中国企業側が、現金数百万円を税関に無届けで国内へ持ち込んだとされる外為法違反。

>特捜部はこれに先立つ今月7〜8日、この事件の関係先として、秋元氏の事務所に長年勤めた元政策秘書らの自宅などを捜索。秋元氏は29年8月から昨年10月まで内閣府副大臣としてIRを担当しており、特捜部は中国企業側と秋元氏側との関係性や、不透明な資金異動との関連について慎重に調べている。

>■「日中友好協会」

>きっかけは29年2月に設立された「沖縄県日中友好協会」。程永華前駐日中国大使ら約250人を集めて設立記念パーティーが開かれ、事務局長を名乗る日本人男性は自身のSNSに、こう書き込んだ。「僕たち主催でビジネス主体の日中友好協会を設立しました」

>男性は沖縄や中国、タイなど国内外で活動する自称経営コンサルタント。半年後の8月、男性が実質的に運営したIR誘致に関するシンポジウムが那覇市で開催され、そこで登壇して講演を行ったのが、中国企業のトップと秋元氏だった。

>男性は沖縄県内の人脈を通じ、秋元氏の元政策秘書と接触したとみられる。協会幹部は「協会はIRと一切関係ないのに、うまく使って中国企業と秋元氏に近づいたのだろう」と話す。だが翁長(おなが)雄志知事(当時)がIR誘致に反対を表明。別の関係者は「もともと沖縄での実現可能性は低く、彼はいわゆるブローカーのたぐい」との見方を示す。

>■中国本社を訪問

>次に目を付けたのが北海道留寿都(るすつ)村だった。ここでは、スキー場や遊園地を備えた大型リゾート施設を札幌市内の観光会社が運営しており、人気の観光地となっていた。男性は同年8月以降、中国企業の「役員」の名刺で村を訪問。十数回も訪ねて村の幹部の信用を得るなどし、翌年の30年1月には村での中国企業の投資表明にこぎつけた。業界では「中国資本が唐突に留寿都を狙ってきたので不思議だった」(関係者)と受け止められた。

>道庁内では、高橋はるみ知事(当時)が留寿都でのIR誘致に一時、前向きだったという。自治体が小規模で議会に大きな反対がない上、もともとの知人で手堅い経営で知られる、この観光会社代表を信頼していたからだ。男性の関係者は「村が観光会社代表に頭が上がらないことに目を付け、話をまとめた」と振り返る。

>一方、秋元氏とも距離を詰めていく。29年11月には副大臣を務めていた国土交通省の執務室を中国企業幹部らと訪問。12月には今度は秋元氏が企業側が準備した航空機で広東省深●(=土へんに川)の中国企業本社を訪れた。費用は秋元氏側が負担したという。30年2月、秋元氏は留寿都村のリゾート施設へ家族で旅行した。

>だが、国はIRについて、「国際競争力」を重視することや、単独事業者による方針を示し、留寿都村での誘致は困難に。高橋知事は今年4月、優先候補地を苫小牧市とすることを明らかにした。インターネット上でのスポーツくじが主力事業で、カジノ運営の経験がない中国企業にとって唯一の足がかりだったとみられる男性のロビー活動は成就しなかった。

>北海道のIR関係者は「何度も足を運んだのは不動産取引も含めた自分のビジネスのためであって結局、どこまで地元のためにIRを実現しようとしたのか疑問だ」と話す。

>特捜部は男性から既に任意聴取しており、国内に持ち込まれた現金が秋元氏側に流れた可能性がないか慎重に調べている。






アノニマスポスト;【カジノ汚職】自民・秋元司衆院議員を逮捕へ IRめぐり中国企業から数百万円収受の疑い〜ネットの反応「二階の爺さんまで捜査の手を伸ばして欲しいね…」「野党のダンマリが気になる」 12月 25, 2019

(略)

>ネットの反応

・特捜頑張れ頑張れ

・っったくどいつもこいつも、まともな政治家いねぇのか?馬鹿野郎が

・こうやって日本国内の美味しいところは
全て中韓に渡すんだよなぁ

・これが事実なら悪質だし逮捕は当然だろ。
それよりも野党の連中が妙に大人しいのが気になる。
どうでもいい桜の会の追及にはぎゃーぎゃーうるさいくせに。

・IR関連法成立に関しては野党にも賛同者がいたからな
野党にも中国企業と癒着してる国会議員は絶対いるだろ
それとカジノ誘致を表明している自治体関係者とカジノ関連企業との癒着も疑われる
IR関連法の成立過程そのものに違法な利益供与があった可能性が高まったのだから、この法律そのものを廃止してカジノ導入も中止すべき
もちろんカジノ導入を中止してもパチンコに対する規制は従来通り強化すべきだけどな

・次は誰だ

・二階の爺さんまで捜査の手を伸ばして欲しいね…

・これはまだマシな方
単なる金とビジネスの分野だから
国家の根幹に関わるスパイも吊し上げろ

・秋元某にとってはずいぶんなクリスマスプレゼントだなw

・売国奴やっと逮捕か

・国会議員逮捕って久しぶりだな

・中華カジノで日本人から巻き上げる計画に、日本の現政権政党の元副大臣が中国から賄賂を貰い動いていたわけだなw これぞ売国の極み

・今頃ビビってる奴がいるんだろうな
MとかYとかww

・野党のダンマリが気になる






umr_014.jpg














posted by kwazz at 13:45| Comment(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現状維持の確認で、終了…w

産経ニュース;日韓首脳会談 安倍首相、徴用工判決解決迫るも文氏は解決策示さず 2019.12.24 21:20

>安倍晋三首相は24日午後(日本時間同)、中国四川省成都で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。両首脳の正式な会談は1年3カ月ぶりで、いわゆる徴用工訴訟の韓国最高裁判決で日韓関係が決定的に悪化して以降初めて。首相は判決で生じた日韓請求権協定違反の状態を早期に是正するよう強く求めたが、文氏は解決策を示さなかった。両首脳は懸案解決のため、対話を続けていくことでは一致した。

>会談は成都市内のホテルで行われ、予定を15分間超え45分間に及んだ。 

>首相は会談で、日韓関係は「引き続き非常に厳しい状況にある」との認識を示した上で、徴用工訴訟をめぐる昨年10月の韓国最高裁判決が「根本原因」だと指摘した。

>首相は、徴用工の問題は日韓関係の法的基盤の根本にかかわると言及し、「韓国が国家として日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作るよう求める。韓国側の責任において解決策を示してほしい」と迫った。韓国内で差し押さえられた日本企業の資産の現金化も避けるよう求めた。

>文氏は「問題の解決の重要性については自分としても認識しており、早期に問題解決を図りたい」と述べたが、具体的な解消策や新たな提案は示さなかった。

>首相は緊張が高まる北朝鮮情勢にも触れ、非核化に向け「引き続き米朝プロセスを最大限後押ししていくことが重要だ」と強調した。国連安保理決議の完全履行を含め「日韓、日米韓が緊密に連携することが重要だ」とも述べ、文氏も同意した。

>一方、文氏は会談の冒頭で日本側の対韓輸出管理厳格化を取り上げ、「膝を交えて懸案の解決策を早急に見い出せることを期待している」と語った。首相は、日本側の従来の立場と原則に基づいて対処する考えを示した。

>また首相は、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水を浄化後の処理水をめぐり、韓国が風評被害をあおるような言動をしていることを念頭に、「透明性をもって情報提供している」と説明。韓国側に抑制的な対応を求めた。





だから、おまエラ、約束を守れよ… ( ´∀`)b ネッ!





産経ニュース;韓国世論がかき消す請求権協定順守の声 韓国国会議長も「弁解」 2019.12.23 19:35

>いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決に対し、「1965年韓日請求権協定の尊重」を求めて日本側法律家との共同声明に名を連ねた朴仁煥(パク・インファン)弁護士は「日本に請求する前に、韓国側はやるべきことをやるべきだ」と訴えた。朴氏は「韓国は日本と結んだ協定を守り、国際条約違反の状態を是正すべきだ」と主張する。

>韓国では朴氏らのように、韓国最高裁判決が対日関係に及ぼす影響を懸念する法曹関係者は少なくない。だが、日本との歴史がからむと異論は許されないという現実もある。

>徴用工問題の解決に向け、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が今月18日、国会に提出した法案への韓国社会の反応がそれを示している。日韓で寄付金を募り、元徴用工だと主張する韓国人に支給することで、被告となっている日本企業の資産の現金化を回避するための法案に対し、元徴用工らは日本企業の出資や日本側の謝罪が前提でないことに反発した。元徴用工の支援団体などは「加害者に免罪符を与える法案だ」などと批判した。

>反発を踏まえ、韓国大統領府高官は、賠償を命じられた日本企業が出資しなかった場合、「問題解決にならない可能性がある」と語った。「最重視してきたのは最高裁判決の尊重で、全被害者(元徴用工ら)が賠償される解決策が必要だ」とも述べている。

>法案提出者の文議長でさえ「最高裁判決の尊重を前提として可能な法案で、日本企業の責任が消滅するものではない」とホームページで説明した。歴史問題で日本への妥協を許さない世論に弁解しようという色合いがうかがえる。

>韓国政府は「被害者の意見が非常に重要」(大統領府高官)との立場で、問題解決に向けた動きは頓挫する可能性が高い。






rori_001.jpg














posted by kwazz at 04:09| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

単なる、主導権争いだろ…w

zakzak;考え方や政策・理念で立民と大きな溝…国民・玉木代表「年内の合流は困難」 2019.12.23

>国民民主党の玉木雄一郎代表が、立憲民主党との合流協議をめぐって「年内の合意は困難」との考えを示した。合流についての考え方や政策・理念で大きな溝があるという。立憲民主党の枝野幸男代表は「年明けの衆院解散」を警戒して、年内合流にこだわっていたが…。

>「平野博文幹事長から報告を受けている限り、とても(仕事納めまでの)ビジネスデーの5日間で全部、まとまる感じではない」

>玉木氏は22日、訪問先の長崎市内で、記者団にこう語った。

>枝野氏は前日、さいたま市内での講演で「1、2週間で当面の結論は出ると思う」「選挙前にバタバタすることでは、最悪だ」と話すなど、早期決着に楽観的だったが、両党の認識は違うようだ。

>国民民主党は、保守的で現実主義的な考え方の議員が多い。一方の立憲民主党は、社民党との合流にも前向きで、共産党との連携も視野に入れているとされる。国民民主党内には、左派色が強まることへの警戒感がある。

>玉木氏は「期限を区切らず議論するのが党首会談の約束で、みんなが納得できる結論に至ることが大事だ」と話した。





そもそも、理念も政策もない、スッカラカンのオツムで。

ただ金と議席を保守したいだけのアカとバカが、小さなパイを争っているだけの。

国民不在の、特定野党、残念合流劇場… (´▽`*) アハハン♪





KSL-Live!;二枚舌!共産党の選挙協力にすがる原口一博議員→3年前「天皇制を否定する人達(共産党)との政治における連帯は難しく一線を画すべき」 2019.12.22

>国民民主党の玉木雄一郎代表と日本共産党の志位和夫委員長が20日に会談し、次期衆議院選挙に向けて選挙区での候補者調整などで協力する方針で合意した。  このニュースに対して元・民主党の細野豪志衆院議員(自民党)が「ただただ残念だ。二大政党の夢は終わった。私は自らが選んだ道を行こうと思う。」とツイッターに投稿したしたところ、かつての同僚である原口一博国対委員長は、北海道5区補選で細野氏が共産党の議員と同じ街宣車でマイクを握った事例を挙げたうえで「今や志位さんの方が領土問題も明確に主張している。」と反論する投稿を行った。

>しかし、原口氏は2016年に、共産党が天皇制を否定していることを理由に「政治における連帯は難しく一線を画すべき」と投稿をしている。安定の二枚舌である。

(以下略)






アノニマスポスト;国民民主党・原口一博「民主党政権時代に『国民一人当たりGDP』は順位を上げている!(ドヤァ」」〜ネットの反応「ドル換算で世界と比較する意味があるのかと…w しかも超円高時のドル換算てw」「『私は経済オンチ』と自白してどうするwww」 12月 23, 2019

https://t.co/vwzwPwHWlO

民主党政権時代に「国民一人当たりGDP」の国際順位を上げている。
逆に新自由主義を信奉する政権は、一部の人間の利益を優先し開かれた機会を毀損し日本の経済社会の衰退を招いている。 https://t.co/4rSCKuD6XS

− 原口 一博 (@kharaguchi) December 22, 2019


>ネットの反応

・民主党政権が、経済、金融政策を誤り、円高が進みドル換算でGDPが上がりました。失政の産物であることは、誰もが知っていること。
それを今更、こうやって紹介する意味が分かりません。

− koichi5863 (@koichi58631) December 22, 2019


・こういうのを見ると、民主党が政権与党だった時代を本当に反省してないんだなあと。
もしまた政権とっても同じこと繰り返すんでしょうね。

− みち (@kM4mxKaZo7vh0r5) December 23, 2019


・ドルペースで?当時の為替は?

− 超汚染殺臨 (@wxaTYdIlY3QkJea) December 23, 2019


・じゃあ次の選挙も圧勝だな!

・グーグル先生の薄っぺらい知識で語られても

・それ為替マジックな

・異常な円高にして捏造しただけ

・ドル換算で世界と比較する意味があるのかと…w しかも超円高でドル換算てw
 
例えば今、為替が1ドル120円だったとする。
明日超急激な円高になり、1ドル80円になったとしたら、ドル換算でGDPは1.5倍になる。
こんな為替トリックのドル換算GDP比較に全く意味はない。
こんな経済音痴な奴らが政権握って経済政策してたのかと思うと、ゾッとするよ。

・ああ、日本企業を大虐殺したあの超円高でのドル換算の話だろ

・円高にしたからなw

・ドル換算なんだからバカみたいな円高を放置したらそりゃ上がるに決まってるだろ
輸出企業を殺したバカな政策を自慢気に語るお前は精神障害者か?

・んで民主党政権時代に生活は楽になったのか?

・円高下のドルベースw

・『私は経済オンチ』と自白してどうするwww

・民主党のときボーナスと今のボーナスで比較してみろと

・ドルベースだろ?
当たり前だ

・あの頃、就職最悪で可哀想だった

・円高放置してドルベースで見せかけ上がったのが理解できないのはヤバイなw






aru_002.jpg














posted by kwazz at 09:20| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

桜も、下げ止まりか?

日本経済新聞;内閣支持率横ばいの50% 日経世論調査 2019/12/22 20:01

>日本経済新聞社とテレビ東京による20〜22日の世論調査で安倍内閣の支持率は50%となり、前回11月の調査から横ばいだった。不支持率も横ばいの41%だった。首相主催の「桜を見る会」をめぐる一連の問題について、政府の説明に「納得できない」と答えた人は74%、「納得できる」と答えた人は14%だった。

>安倍内閣を「支持する」と答えた人は男性が前回より3ポイント減の53%、女性は3ポイント増の46%だった。世代別では18〜39歳が56%、40歳代・50歳代は50%、60歳以上は48%と若いほど高かった。

>臨時国会で野党が桜を見る会を追及していた時期に実施した前回11月の調査では、内閣支持率は50%で前々回の10月調査から7ポイント低下していた。

>桜を見る会に関する政府の説明に「納得できない」と答えた人は内閣不支持層で92%で、内閣支持層、自民党支持層でも6割を超えた。

>日本船舶の安全のため中東に海上自衛隊を派遣する方針には「賛成」が49%、「反対」が38%だった。憲法改正に向けて各党が具体的な議論をすべきかどうかを聞くと「議論すべきだ」と答えた人は74%と11月の調査から横ばいだった。

>日韓関係に関しては「日本が譲歩するぐらいなら関係改善を急ぐ必要はない」が70%、「関係改善のためには日本が譲歩することもやむを得ない」は20%だった。

>調査は日経リサーチが12月20〜22日に全国の18歳以上の男女に携帯電話も含めて乱数番号(RDD方式)による電話で実施し、957件の回答を得た。回答率は43.8%。





そもそも、桜を見る会の何が問題なのか。

特定野党も、マスゴミも、言ってることが二転三転で… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;元気のない安倍政権に喝! 諸悪の根源は左派野党にあるが…自民党側による発信少なく、静かすぎる 2019.12.21

>報道各社の世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が落ち込んだ。共同通信では、不支持率が支持率を1年ぶりに上回った。首相主催の「桜を見る会」疑惑の影響が大きく、83・5%が「(疑惑について)十分に説明しているとは思わない」と回答している。

>今回ばかりは、野党ではなく、元気のなかった安倍政権に物申したい。

>先の臨時国会は、まさに桜一色で、憲法改正の議論は進まず、可決した日米貿易協定の承認案も十分な議論が尽くされたとは思えない。

>左派野党がブーメランも気にせずに批判・攻撃を続けたのは、安倍内閣の支持率を下げたいからだろう。野党の支持率も下がったことで分かるように、諸悪の根源は、左派野党にあると思う。

>一方で、安倍首相や内閣、自民党側による発信は少なく、静かすぎた。政府が国会質疑で、野党から「口撃」されてサンドバッグ状態となる日本では、もっと発信しなければならない。

>ドナルド・トランプ米大統領を見習うべきだ。

>野党・民主党が多数を握る米下院は18日、トランプ氏への弾劾訴追決議案を可決した。2016年の大統領選の結果を認めない民主党は、トランプの就任直後から「弾劾」に取りつき、マスコミと共謀して根拠を探していた。ロシアゲートが不発に終わり、ウクライナゲート疑惑を“捏造(ねつぞう)”してトランプ氏を攻撃したのだ。

>私は、民主党が大統領攻撃ばかりに専念して、本来議会でやるべき仕事をやっていないと感じている。日本の無責任野党も全く同じだ。

>トランプ氏は、民主党にどんどん反撃している。弾劾には、ツイッターで100回以上も投稿した。反トランプ報道に徹しているマスコミを迂回(うかい)して、直接国民に自らの言動を説明している。マスコミが必死に批判しているが、国民の多くはトランプ氏に理解を示し、集会を開けば大盛況だ。来年の大統領選に死角はない。

>トランプ氏の政治手法は当初、与党・共和党内で軋轢(あつれき)を生んだが、その発信力や行動力には、政党を束ねる力があった。この間、実績を重ねてきたため、今では共和党内にトランプ氏を批判する者はほとんどいない。ついに、18日の世論調査では、どの民主党候補を相手にしても、20年の大統領選でトランプが当選する結果が発表された。

>一方、安倍首相はどうだろうか。「桜を見る会」について先月、官邸で会見を行ったが、国民に直接訴えることはほぼなかった。もっとSNSを活用して、批判しかできない野党を徹底的に糾弾すればよい。

>政治というのは泥仕合だ。あらゆる手段を通して国民と徹底的なコミュニケーションをとり、信頼を勝ち取る手段を安倍政権には勧めたい。






sakura_001.jpg














posted by kwazz at 17:33| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

リストはない? シュレッダーにかけちゃったのか…w

zakzak;「僕らが政権なら…真っ先に役所から去ってもらう」国民・原口国対委員長、官僚への“粛清”発言で炎上! 夕刊フジ直撃に「パワハラとの認識ない、激励だ」 2019.12.22

>国民民主党の原口一博国対委員長が、首相主催「桜を見る会」追及本部ヒアリングで、官僚を脅迫・恫喝(どうかつ)するような発言をして、その動画がネットで拡散して大騒ぎになっている。発言を聞いていた官僚側だけでなく、合流に向けた協議入りを決めた立憲民主党側にも問題視する声がある。夕刊フジは20日、原口氏を直撃し、真意を尋ねた。

>原口氏の問題発言は17日、国会内で、目の前に居並ぶ内閣府の幹部職員らにぶつけられた。動画は同日、ネット上にアップされた。

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の招待状が、悪質なマルチ商法で経営破綻した「ジャパンライフ」の元会長に出されていた。原口氏は招待状の「区分番号」をめぐる、官僚側の回答に不満だったようだ。

>しかし、「あなた方から出してくる予算案は一切、認めない」「もし、僕らが政権のときにいたら、真っ先に役所から去ってもらうというリストに入る」といった発言は、度を超えているのではないか。

>政府関係者(官僚側)は「原口氏の発言を聞いた瞬間、『言い過ぎ』『看過できない恫喝だ』と、周囲も言葉を失った。ヒアリングでの回答も、『クビだ』と言われるほど(=懲戒相当)ではなかった。そもそも、公務員を簡単に辞職させることはできない。『精神的に辞職に追い込むつもりなのか…』と怖くなった」と、夕刊フジの取材に語った。

>立憲民主党の中堅議員も周辺に「原口氏の発言はアウトだ。マスコミに騒がれても仕方がないだろう」と語った。

>原口氏の発言動画に対し、ネット上では、《パワハラ、脅迫では》《怖すぎる》《どうしてメディアは問題にしないのか?》などと批判と疑問の声が相次いでいる。

>野党合同ヒアリングは以前にも、何人かの議員が官僚を一方的に大声で責め立てたため、「官僚いじめ」「人権侵害行為」と問題視された。

>今回の発言を、原口氏はどう説明するのか。

>まず、「予算案は一切、認めない」発言について。

>原口氏は「内閣委員会で要請した質問にゼロ回答だった。予算の説明もできないなら、『桜を見る会』周辺の予算は一切認められないという意味。内閣府の予算というのではない」と説明した。

>次に、「役所から去ってもらうリストに入る」発言について。そんなリストが存在するのか。

>■「政治のレトリック」

>原口氏は「パワハラとの認識の発言ではない。リストもありません」「政治のレトリックで、(彼ら役人への)激励、という意味だ。あくまで彼ら役人の後ろにいる政務三役(=政治家)に向け、『法律違反を官僚の人たちにさせてはいけませんよ』と話しているのだ。われわれは政務三役をあの場に呼んでいるが、逃げるから、代わりに役人さんが盾になっている。統治機構そのものを追及しており、応援してくださる方も多い。間違った税金の使い道を追及し、国益にも大きな役割を果たしている」

>読者の方々は、どう判断されるか。

>【国民民主党、原口一博国対委員長の問題発言】

>「あの〜、止めましょ。あなた方から出してくる予算案は一切、認めない! 国会を冒涜している」

>「もしね、あなた方が僕らが政権のときにいたら、真っ先に役所から去ってもらうというリストに入る。脅しじゃないですよ」(首相主催「桜を見る会」追及本部ヒアリング=17日、国会内)





そもそも、その前に、まずは、おまエラが政権に就けと… (´▽`*) アハハン♪





アノニマスポスト;国民民主党・原口一博「もしね、あなた方が僕らが政権の時にいたら真っ先に役所から去ってもらうリストに入る、脅しじゃない」〜ネットの反応「官僚の皆さん、その心配がなくていいねw」 12月 17, 2019

>Mi2
@mi2_yes

【ガクブル案件】桜を見る会・野党追及本部。内閣府官房総務課長らを前に、国民民主党・原口一博「もしね、あなた方が僕らが政権の時にいたら真っ先に役所から去ってもらうリストに入る、脅しじゃない」
民主党政権時に真っ先に去ってもらうリスト作ってたのかよ。官僚を震え上がらせる原口センセー。


>ネットの反応

・恫喝じゃん…

・最近、この人の言動は問題ありと思います。国会議員は特権階級ではなくて、国民の負託を受け、国民のために働く公僕だという点を忘れていないかと。、、

・「脅しじゃないですよ」って脅迫より上😱?
絶対に政権とったらあかん系を自ら暴露😱😱

・次の選挙で政界から去ってもらおう。
支持率が1%に満たない政党の議員が言っても、脅しにもならんけど。

・官僚の皆さん、その心配がなくていいねw

・まさに恐怖政治を行う宣言ですね。

・でもね、原口さん政権交代無理だから。痛くも痒くもないかもよ😅。確かに脅しにならないね。

・ハラスメントの公言とはたまげたな

・うわっ、こわっ!!! さすが暗黒の民主党政権と言われるだけのことはある!!!

・こんな脅しかけてくる人間の下で、真面目に仕事する気起きないですよね。
原口も絶対政権取る気ないから、好き勝手役人をいじめるのでしょう。

・公務員はこの話を聞いて「この人たちに政権は取らせたらいけない」と思う事でしょう。

・あんなグダグタ政権だったのに、な〜に偉そうに言ってんだよ原口?

・え……「仕事を続けたければ、白を黒と言え」ってこと??

・これは・・・・普通にパワハラとも脅迫とも取れる
これはあかんやろ

・官僚さんは、神妙な表情で、「無理無理」と内心笑っていると思う。






chika_002.jpg














posted by kwazz at 17:55| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

だから、ボールはそっち側だって…w

産経ニュース;【田村秀男のお金は知っている】「日韓対話」再開の裏に韓国経済の窮迫化! 対日関係悪化で「株安・ウォン売り」加速 2019.12.21 10:00

>日韓は輸出管理に関する政策対話を約3年半ぶりに再開した。韓国側は輸出管理体制の改善に取り組むと言い、今月下旬には首脳会談での日韓関係修復に期待している。

>背景には韓国経済の行き詰まりがある。中国経済の不振による影響に加えて対日関係の悪化は株安とウォン売りを誘っているばかりでなく、生産や所得を押し下げている。日韓関係を正常化させて金融市場のムードチェンジを図るしかない。日本側としては毅然(きぜん)と輸出管理、徴用工問題などでスジを通すだけだ。

>韓国経済の不振のきっかけは国内総生産(GDP)の約1割を占める中国経済の減速による。中国経済は昨年前半から失速し、昨年夏に始まった米中貿易戦争によって景気の悪化に加速がかかり、株価が下がり始めた。韓国企業の株式は海外投資家のポートフォリオ投資が高い比率を占める。韓国株売りは通貨ウォン売りに直結するので、株安とウォン安が同時進行しやすい。7月には日本の半導体材料などの対韓国輸出管理強化を受け、こうした下落トレンドに拍車がかかる事態になった。

>実体経済も不振がひどくなっている。7〜9月期の実質生産前年同期比は繊維・皮革4・9%減、化学1・5%減、金属3・3%減、電気機器2%減、機械設備2・6%減など多くの産業分野でマイナスに陥った。ウォンは下落し続けたものの、輸出は伸びず、内需も落ち込んでいる。

(以下略)





兎にも角にも、おまエラ、約束を守れと… ( ´∀`)b ネッ!





zakzak;【日本の解き方】輸出管理も「元徴用工」問題も…対応を迫られるのは韓国だ 日本はじっくり待てばいい 2019.12.21

>日本の韓国に対する輸出管理の強化をめぐり、両国は局長級の政策対話を行った。次回はソウルで会合を開くことで合意した。日韓首脳会談も予定されているが、輸出管理や元徴用工問題について解決に向けて進む可能性はあるのか。

>結論から言えば、ボールは韓国側にある。輸出管理について、菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、「輸出管理はそもそも相手国と協議して決める性質のものではない」といい、「国際的責務として適切に実施する観点から総合的な運営を行う」との従来の方針を繰り返した。

>いわゆる元徴用工の問題は、2018年10月、韓国大法院(最高裁)が出した判決が発端だ。日韓請求権協定を根幹から揺るがすものであり、韓国内に三権分立があるのならば、韓国の国民から日本企業に対する請求を、韓国政府が肩代わりする法律を早急に制定すべき問題だ。

>そうした国際法順守の姿勢を見せずに、今年7月に日本の経済産業省が一部の半導体関連産品に対する輸出管理措置を発動したことを、韓国側は「元徴用工問題への日本側の報復だ」と勘違いし、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発表した。これに対し、米国は日米韓の同盟関係を重視する立場から韓国に反発した。その結果、GSOMIAは継続されたが、これは米国の韓国への圧力があったからだ。

>輸出管理は国際的な枠組みの話であるので、韓国側が国際的な批判にも耐えうるしっかりした枠組みを提供できるかどうかが問題になる。

>輸出管理は、そもそも対共産圏輸出統制をしていたココム規制の流れをくむ。1950年から北大西洋条約機構(NATO)と日本、オーストラリアが参加して行われていたが、旧ソ連崩壊により、ワッセナー協約などに引き継がれた。韓国が参加したのはそのころからなので、輸出管理の歴史はまだ浅く、しっかりとした管理にほど遠い状況といえ、いかに先進国並みの輸出管理ができるかどうかが課題になる。

>いわゆる元徴用工は日韓の問題であるが、明確な肩代わり法を韓国が制定できるかにかかっている。韓国内では、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が主導し元徴用工問題を解決するための基金案が国会に提出された。簡単にいえば日韓の企業や市民が基金を出し合い元徴用工や遺族らへの支払いにあてようというものだ。

>韓国政府による肩代わり法を出せばいいものを、韓国側の事情で日本をどうしても巻き込みたいので日本にも寄付を求めるという形式になっている。韓国側だけで日本企業への請求に対処するのは日本も文句を言わないからだろう。文議長案では、日本からの寄付が何らかの形で強要につながる恐れもあり、韓国国民の日本企業への訴えを防止できるかも疑問である。元徴用工問題への対応も、韓国政府次第だ。

>いずれもしても、韓国側の出方次第であるので、日本側は韓国の対応をじっくり待てばいい。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)






アノニマスポスト;韓国向けレジストの輸出管理を見直し 最大3年分を一括申請可能に→ 韓国大統領府がコメント「根本的な解決策としては不十分だ」〜ネットの反応「見直したとたんにこの態度」「優遇してもらう立場の奴らがなんでこんなに偉そうなんだ?」 12月 20, 2019

>[東京 20日 ロイター] - 経済産業省は20日、韓国向け輸出管理を厳格化していた半導体材料3品目のうち、感光剤「レジスト」について、措置の見直しを行った。経産省関係者が明らかにした。

「レジスト」は、特定の日本企業から特定の韓国企業へ輸出されていたが、毎回、同じ内容の申請を繰り返し行う必要があった。今回の見直しで、最大3年分を一括して許可申請することを可能にしたという。

https://jp.reuters.com/article/korea-japan-trade-idJPKBN1YO11T

>経済産業省は韓国向けの輸出管理を厳しくした半導体などの原材料のうち「レジスト」について、運用を一部見直しました。
輸出の契約ごとに個別に申請し許可をえる必要があることは変わりませんが、許可を与える期間についてこれまでの半年間から、3年間に延長されました。

安全保障上、問題がないと判断された、民生用の輸出の実績が積み上がってきたためだとしていて、日本の特定の企業から韓国側の特定の企業に継続的に輸出する場合に限って、期間の延長が認められることになります。

ことし7月に韓国向けの輸出管理を厳しくしてから運用の見直しは今回が初めてです。

これに関して韓国大統領府の当局者は報道陣に対して「今回の措置は日本政府が自発的にとったもので、一部、進展とみることもできるが、輸出規制の問題に対する根本的な解決策としては不十分だというのがわれわれの評価だ」というコメントを出しました。

NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191220/k10012223361000.html


>ネットの反応

・優遇してもらう立場の奴らがなんでこんなに偉そうなんだ?

・フッ化水素については書類の提出をお願いします

・甘やかすと付け上がる

・感光材だからな

・態度のデカい乞食だなぁ。
懇願する立場だろお前らは。
なぜ恵んでもらう側のお前らが
恵んであげる日本に上から目線なんだよ。

・見直したとたんにこの態度
譲歩しちゃダメとあれほど






kotatsu_001.jpg














posted by kwazz at 14:10| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

最後は、金目でしょ…w

NHK NEWS WEB;野党合流 立民と国民 合流可否の判断時期で駆け引き続く見通し 2019年12月20日 4時13分

>野党の合流をめぐり、立憲民主党が年内に方向性を出したいとしているのに対し、国民民主党は期限を区切らず丁寧に調整を進めるよう求めていて、合流の可否を判断する時期で駆け引きが続く見通しです。

>立憲民主党と国民民主党は19日、幹事長どうしでの合流に向けた話し合いを始め、衆議院選挙の候補者調整や地方組織の運営方法などをめぐって意見を交わしました。

>こうした中、立憲民主党の枝野代表は民放のテレビ番組の収録で、来年の通常国会での衆議院の解散も念頭に、年内に少なくとも方向性は出したいという考えを示しました。

>これに対し国民民主党は、対等な立場で政策などを協議すべきだという声も根強いことから、期限を区切らず丁寧に調整を進めるよう求めていて、合流の可否を判断する時期で駆け引きが続く見通しです。

>一方、立憲民主党などとの合流をめぐり、社民党は都道府県ごとの地方組織で議論し、来月末に意見集約することにしています。





交付金目当ての、年末駆け込み。

バタバタの合流劇… ( ̄∀ ̄) アヒャ





zakzak;立憲民主・国民民主、あきれた“野合” 社民党まで加えた合流「左傾化」ひどく 識者「政党助成金目当てだろうが…」 2019.12.18

>立憲民主党の枝野幸男代表と、国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、国会内で会談し、両党の合流に向け、本格的な協議に入ることで合意した。今後、幹事長間で具体的な話し合いを進める。ただ、両党には、合流への考え方や政策・理念などで大きな隔たりがある。社民党まで加えた合流について、識者は「旧民主党より左傾化しかねない」と懸念している。

>会談は、枝野氏が年明け早々にも解散総選挙の可能性があるとして、6日に玉木氏らに合流を打診したのを受けて行われた。立民の福山哲郎、国民の平野博文両幹事長も同席した。

>枝野氏は会談後、「私の申入れに対し、前向きなお話をいただいた」と記者団にいい、玉木氏も「さまざまな論点はあるが、詳細は幹事長間で話し合いを重ねたい」と語った。

>立憲民主党と国民民主党は先の臨時国会で、社民党や無所属議員で共同会派を組み、共産党とともに首相主催の「桜を見る会」などの追及で一定の成果を上げた。

>だが、政党の根幹である政策、例えば、原発や消費税、安全保障、憲法では意見を異にする。党の性格も違う。国民民主党は保守的で提案型の健全野党を志向してきたが、立憲民主党や社民党は左派野党といえ、共産党との連携もいとわない。

>国民民主党側は「対等の協議」を求めているが、立憲民主党幹部は「党名も人事も政策も変えない」と語るなど、自党への吸収合併を想定しており、玉木氏らも、すぐ了解するわけにはいかない。

>今回の野党合流に期待できるのか。

>政治評論家の伊藤達美氏は「選挙や政党助成金目当てで合流を急いでいるようだが、一番大切な理念や基本政策が異なるため、意見を集約できない構図は旧民主党と同じだろう。元のもくあみだ。社民党まで入ると、憲法などの主要政策では旧民主党より左傾化しかねない。期待できない。国民の支持も集まらないだろう」と語っている。






Share News Japan;【政党交付金】立憲・国民の合流に、福山哲郎氏「このお金には正直、民進党から離党した時に一銭も貰ってない…」 2019-12-19

>Mi2さんのツイート

【俺の金も入ってる】

立憲民主党と国民民主党との合流について、国民民主党の政党交付金の繰り越し金が目当てとの指摘について、

立憲民主党・福山哲郎
「このお金には正直、民進党から離党した時に一銭も貰ってない。でもこの中には僕らの政党交付金もいっぱいあるわけですから。多少どころじゃない」

(略)

>▼ネット上のコメント

・要は、欲しいのはカネっていうのが本音なんですね。まぁ、選挙目的ですからね。

・僕らのいや、税金なわけで

・やっぱり金ですか。

・結局はお金ですか。情けない話ですね。御自分達の議席が第一なのでしょうね。

・生コンがいなくなったら、一気に資金が枯渇したん?

・おお〜言うてもた。一緒になるのはお金が欲しいからですって。

・要するにこれが目当てという事ですか。






shamiko_002.jpg














posted by kwazz at 10:34| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

これが反アベなら、貧困調査で聖人認定なんだけどね…w

スポーツ報知;玉川徹氏「性暴力裁判」で敗訴の元TBS山口氏は「安倍総理とものすごい親しいですよ。番組にも何回も出てもらったけど、直接電話できるんですから…」 2019年12月19日 9時35分

>19日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜・前8時)ではジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者・山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が判決公判で「酩酊状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定し、山口氏に330万円の支払いを命じたことを報じた。

>スタジオでは、今回の判決を受け海外メディアが山口氏について「安倍総理と親しい」と伝えている記事を紹介した。

>これを受けてコメンテーターで同局の玉川徹氏は、過去に山口氏が番組に出演したときを振り返り「山口さんは安倍総理とものすごい親しいですよ。番組にも何回も出てもらったけど、直接電話できるんですから。直前でも直接話をして情報を取ってもらったことも確かありました」と明かした。

>その上で「そんなことできないですから、いくら総理番でも。そこはものすごい近いっていうこと」とコメントしていた。





旧悪夢党のミョンバク氏には、MeToo隊もダンマリで… (´▽`*) アハハン♪





文春オンライン;「うつやパニック発作に」強制わいせつで書類送検 初鹿明博議員の被害女性が告白 2019/12/18

>12月10日に強制わいせつ容疑で書類送検された立憲民主党の初鹿明博衆院議員(50)。

>その発端は「週刊文春」(2017年11月9日号)が報じたスクープ、「汚れたリベラル 立憲民主党 初鹿明博に強制わいせつ疑惑」だった。今回、被害者の佐藤陽子さん(仮名)が改めて心情を「週刊文春」に明かした。

>事件は2015年5月、ある懇親会の後に起きた。佐藤さんと別の出席者、初鹿氏の3人でタクシーに同乗した際のことだ。1人が先に降りて2人きりになった途端、初鹿氏は豹変した。キスを迫り、佐藤さんが拒否しても行為はエスカレート。遂には初鹿氏自らズボンのチャックを下ろし、佐藤さんの顔を股間に引き寄せた。初鹿氏は当時、小誌に「酔っていて記憶がない」「強制ではない」などと繰り返した。

>この時、立憲は初鹿氏を役職停止6カ月としたが、その後は、様々な役職につけている。今も初鹿氏は、党の文部科学部会や障がい者PTなど4つの部会の事務局長を担っている。佐藤さんが語る。

>「あの事件以降、うつやパニック発作といった精神的、肉体的な不調が続きました。昨年頃から体調がようやく落ち着き、今年2月に警視庁葛西署に告訴状を提出しました。その後3月にかけて、警察の事情聴取を受けました。被疑者の初鹿氏は夏頃に事情聴取を受けたようです。告訴に至ったのは、個人的な怒りも当然ありますが、私以上にセクハラや性暴力に悩んでいる人がすごく多いな、と感じることが多かったからです。『1人1人が、悲しい体験をした際に、納得のいく選択をしていくことが重要だ』ということを伝えたかった」

>書類送検を受けて、初鹿氏は、「捜査当局に全面的に協力している。お騒がせして申し訳ない」とした上で、事実関係や認否、進退などについては「捜査が進行中なので差し控える」と繰り返し、説明していない。また、立憲の福山哲郎幹事長は記者団に、「嫌疑を持たれたことは遺憾で、おわび申し上げたい。本人は捜査当局に全面的に協力する意向を示しており、党として当局の判断を見守りたい」とのコメントを出した。政治部デスクが解説する。

>「裏では『書類送検されただけでしょ』と嘯いています。警視庁は具体的な証拠がないことから厳重処分を求めない意見を付けており、起訴されない見込みですが、それを盾に重い処分を見送る意向のようです」

>佐藤さんが憤る。

>「福山幹事長が『捜査を見守りたい。甚だ遺憾』と話しているのを報道で見ましたが私のほうが遺憾です。党としてどう考えるのか、見解をはっきりと国民に示すべきだと思います」

>初鹿氏や立憲民主党は、安倍政権や自民党議員の不祥事について厳しく追及し、女性への性暴力問題についても寄り添う姿勢を見せてきただけに、どのような対応をとるのか注目される。

>12月19日(木)発売の「週刊文春」では初鹿氏の最近の言動や、過去に不倫未遂を起こした時の呆れた行状なども詳報している。






maika_hideri_001.jpg














posted by kwazz at 16:45| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

旧悪夢党を、突き抜けちゃってるよ…w

産経ニュース;【野党ウオッチ】民主党が左傾して帰ってくる 2019.12.18 11:43

>立憲民主、国民民主の両党などが合併協議に入り、旧民主党勢力が1つの政党として再結集する可能性が高まってきた。安倍晋三政権に対抗できる野党の誕生は政治に緊張感を取り戻すうえでも必要だが、今回の再結集は、旧民主党がそのまま復活するわけではない。かつて政権を担った旧民主党よりも、ずっと重心が「左」に傾いた統一野党として戻ってくる可能性があるのだ。

>世間の期待は

>「安倍政権に代わって政権を担いうる政党を築き上げ、次期総選挙での政権交代を現実のものとするため、立憲民主党とともに戦っていただけるようお呼びかけをいたします」

>立民の枝野幸男代表は6日、国民の玉木雄一郎代表、社民党の又市征治党首らと会談し、政党合流を呼びかけた。国民、社民も協議に応じる意向だ。

>しかし、世間の期待はあまり高くない。

>産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が14、15両日に実施した合同世論調査では、3党合流に賛成が37・6%、反対が39・5%で拮抗(きっこう)した。合流後の統一野党に「政権を任せたいと思う」は15・2%にとどまり、「思わない」が66・3%と大多数を占めた。

>期待値の低さは織り込み済み。支持は後からついてくる−。当事者たちは、そんな思いかもしれない。だが、「左」に傾きすぎた統一野党が国民の幅広い層から支持を集めるのは困難なようにみえる。

>なぜ、リベラル政党だった旧民主党以上に、路線が左に偏りそうなのか。理由はいくつか考えられるが、まず統一野党は共産党との共闘に忌避感がなく、むしろ選挙や国会など、あらゆる面で積極的に協力関係を築くとみられることだ。

>「私は京都なので、非常に共産党が強いところで戦ってきた。『自共2大政党制』というところで戦い、共産党の本質はよく分かっているつもりだ。シロアリみたいなものだ。協力したら土台が崩れてくる」

>平成27年11月に前原誠司元外相がそう述べたように、旧民主党には共産との協力をタブー視する空気が少なからずあった。民進党に衣替えした後も「民共共闘」の是非は2度の代表選で大きな争点となった。

>共産への忌避感消え

>今では、かつての忌避感は完全に消えたようにみえる。27年以降、3回の国政選挙や地方選での候補者調整を経て、共産党との協力は当然視されるようになっている。今年11月の高知県知事選では、共産党籍の候補者を立民、国民などが全面支援し、保守色が強いとされる野田佳彦前首相も応援演説に入った。

>2点目として、旧民主党時代に活躍した保守系の有力議員が居場所を失い、次々と離脱していったことが挙げられる。若手のホープと目された細野豪志元環境相や長島昭久元防衛副大臣、松本剛明元外相ら、今では自民党側の議員も多い。特に外交・安保分野でリアリズム志向の議員が減ったことで、観念論に傾く悪癖が強まりそうな気配がある。

>第三に、統一野党は現在の党勢からみて、枝野氏ら立民系が主導権を握る可能性が高いことだ。この枠組みに社民が加われば、ますます重心は左側に傾く。

>旧民主党がいったん政権を担うに至ったのは、中間層や無党派層、保守層にも支持のウイングを広げたからだった。今後、統一野党が実現したとして、ふたたび自民を下野に追い込めるほどの広範な支持を勝ち得るかと問われれば、懐疑的にならざるを得ない。





昔々の社会党へ、びっくりの先祖返り… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;【永田町美人秘書】「エレベーターに一緒に乗るのもイヤ!」左派野党合流なんかしなきゃいいのに… 2019.12.18

>左派野党の合流話が進んでいるというけれど、それほど簡単ではないはず。だって、議員同士の関係は必ずしも良くない。先日もこういうことがあった。

>ある会議に出ようと議事堂内のエレベーターに乗っていたら、A党のX先生が途中で乗り込んできた。X先生は素早く、操作ボタンのある隅っこに体を隠すようにして「閉ボタン」を押した。

>ビューン。

>エレベーターのドアはすぐ閉じられたけど、ドアの隙間に人の姿が…。胸の議員バッジもしっかり見えたけど、乗るつもりだったのでは?

>「えへへ。乗せてあげなーい」

>X先生はそう言って、にやりと笑った。あれは確か、A党と合流しようとしているB党の議員だった。X先生はよっぽど一緒のエレベーターに乗るのが嫌だったんだろうなあ。

>ということで、「そこまで嫌い同士なら、合流なんかしなきゃいいのに!」と思うのは、私だけじゃないはずです。






アノニマスポスト;一足先に「合流」 立憲民主党と国民民主党の控室を隔てる壁のぶち抜き工事〜ネットの反応「数年後にまた壁立てるんだろ? 公共事業かってのw」「次からはカーテンか屏風で仕切れ」 2019.12.18

>衆院内の立憲民主党と国民民主党の控室を隔てる壁を取り払う工事が、18日午前に始まった。共同会派を組んだことに伴う措置だが、両党は17日の党首会談で合流に向けた協議開始で合意しており、控室が一足先に「合流」に向け具体的に前進した格好だ。

 工事は来月中旬に完了し、壁を取り払った後の部屋は、代議士会などで使用する予定。工事を見守った立憲の安住淳国対委員長は記者団に、「自民、公明両党を相手に戦っていくには、壁の一つや二つ乗り越えていかないと駄目だ」と強調した。

時事通信
2019年12月18日11時27分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121800483&g=pol


>ネットの反応

・支持率5%と1%が合流しました。
さて合流後の支持率は?

・5+1=3かな〜?

・離れたりくっついたり
くっついたり離れたり
こいつら真面目にやってんかね

・どうせ喧嘩別れするのだから工事しなきゃいいのに… 税金の無駄だよ

・離合集散の典型例として子供に教えやすいw

・どーせまた壁作ることになるよw 税金の無駄w

・とうせまたくっついたり離れたりするんだから、次からはカーテンか屏風で仕切れ

・数年後にまた壁立てるんだろ? 公共事業かってのw

・わざわざメディア呼んでこれをやるセンスが・・

・看板変えて中身は同じ。
民主党詐欺がまた政党交付金を騙し取る
気をつけろ、オレオレ詐欺と、民主党

・民主党に戻っただけだろ
アホか

・バカの壁

・民主党で選挙に勝てないから党名ロンダリングした民進党で選挙に勝てないから分裂した野党で選挙に勝てないから合流してもそれ民主党じゃないですかね?

・ほんと薄っぺらいパフォーマンスばかりだな

・着々と民主党ロンダリング中

・自分らで勝手に壁作って、乗り越えたんだ!ってwww

・そもそも分かれて二年しか経ってないだろ

・コイツらバカだから、これで一致団結感を出してるつもりなんだろうなw
バカの愚行と失笑されていることに気付けよw

・オレならこんな構図の写真なんか絶対撮らせない
こいつらがどんだけ浮世離れしてるかよく分かるんだね

・たかが合併でいちいち壁作ったり壊したりするのか?

・税金の無駄遣いをよく批判できるなこいつら






santa_001.jpg














posted by kwazz at 18:29| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劣化しちゃってるのは、おまエラの方…w

zakzak;菅官房長官と記者の質疑応答 目立つ“的外れ”質問や印象操作…内容より答弁姿勢ばかり批判 2019.12.18

>菅義偉官房長官の記者会見をめぐり、一部のマスコミでは「桜を見る会問題で連日苦しい答弁をしている」などと報じられている。今回はこれを検証してみよう。

>一つは、菅氏が「桜を見る会」の招待者名簿のバックアップデータを行政文書ではないので国会に提出しなかったことについての質疑だ。

>菅氏は「国会議員からの資料要求については、その対象が行政文書であること」と答えたが、これに対し記者から「これは何に基づいて、前提としているのか」という質問があった。菅氏の答えは同じだったのでマスコミは答えられなかったと報じた。この記者は、行政文書のみならず公文書であれば国会議員からの要求に応えるべきと言いたかったらしい。

>行政文書の定義は公文書管理法で定められている。(1)行政機関の職員が職務上作成したもので、(2)当該行政機関の職員が組織的に用いるものだ。(1)が公文書で、(2)の作成者以外の役人も存在を知っているものを行政文書というわけだ。

>形式的には、記者が想定する通り公文書と行政文書は違うが、行政文書でない公文書は、個人メモなど理論的には存在するが、実際の実務ではまず目にしない。というのは、作成者以外が存在を知らないからだ。というわけで、それを国会議員から要求されても対応しようがない。この意味で、菅氏の対応が正しく、記者の質問が的外れだった。

>ほかの記事では、政府が「反社会的勢力の定義が困難だ」と質問主意書に答弁したことを批判していた。それは、かつて安倍晋三政権で反社会的勢力の定義をしていたのに、都合が悪くなると定義が困難といい出したと言わんばかりだった。

>筆者は原資料を見たが、反社会的勢力を見るときの着目点が書かれたもので、とても定義といえるものでなかった。筆者の役人時代の感覚からいえば、定義なら本文に書くが、これは脚注に書かれた説明だ。

>もともと、定義の方法によっては人権侵害になるようなもので、定義は難しい。反社会的勢力の典型例である暴力団についても明確な定義は困難なので、法規制は暴力団の中で具体的に指定して明確性を確保しているくらいだ。

>なお、原資料は公開済みなのに、マスコミが引用するときには一部のみを出して周囲は黒くボカすなど印象操作的なことをしているのも不思議だ。

>マスコミは、菅氏の答弁内容に対しまともな批判をしていない。システムに関する記者会見では、答弁の時に、事務方からメモが差し入れられた回数に関する記事もあったが、本質的なことではない。記者も自社のシステムについて知っている人は少ないだろう。質問している記者の方の無理解もあるから、慎重を期して答えているだけだろう。そもそもシステムに関する記者会見は、官房長官より専門家が行うべきだ。

>マスコミが、答弁内容ではなく答弁スタイルを批判的に書くときは、内容で批判できないので、揚げ足取りや印象操作をしたいときではないのか。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)





まっとうな質問すらできず、揚げ足取りと印象操作ばかりで。

フェイク垂れ流しの、特定野党と特定デマスゴミ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





KSL-Live!;毎日新聞の捏造!菅官房長官の発言、反社の定義に「お困りであれば警察に」→別の発言を切り取り逆の意味にして掲載 2019.12.18

>菅義偉官房長官が16日午前の会見で、反社会的勢力の定義に関し「お困りであれば警察に」と発言したと毎日新聞が報じ、政府として無責任ではないかと批判を浴びている。

“菅官房長官は、政府が2007年に反社を「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」と定めた指針は「まったく変わっていない」と述べたうえで、反社との関係について「お困りであれば警察にご相談いただければ」と語った。 出典:反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報 – 毎日新聞”

>野党議員らもこの記事をシェアし批判を展開している。だが、官房長官の会見をすべてチェックしている筆者に、このような無責任な発言の記憶はない。念のため動画を再確認したが、やはり別の意図で発言したものを「警察へ」という部分だけを切り取ってつなげている捏造であった。

(以下略)






アノニマスポスト;【毎日新聞】「お答え控える」安倍政権の答弁、「悪夢の民主党政権」の4倍 12年105回が19年420回に〜ネットの反応「つまりどうでもいい質問が4倍に増えたのかよwww」「つまり、野党議員が東京新聞の望月記者レベルってことだよ」 2019.12.17

>最近の国会を見ていて、ふと気づいた。安倍晋三首相以下、閣僚や官僚までもが、野党などの質問に「お答えは差し控える」と、答弁や説明を拒む場面が激増しているのだ。「桜を見る会」の問題でも聞き飽きたこのセリフ、どのくらい発せられたか? 調べると「悪夢の民主党政権」(安倍首相)もかすむ驚きの実態が明らかになった。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

「説明拒否」の12パターン

 国立国会図書館は、衆参両院の議事録をインターネット上で公開している。読者もパソコン、スマートフォンでご覧いただきたい。
 国会で、政府が国会議員の質問について説明を拒む時、主に@お答えを差し控え……A回答を差し控え……B答弁を差し控え……――の3パターンがある。「コメントは差し控え……」もあるが、これは説明よりも、意見・感想を求められた時に使うことが大半で、今回は除外した。
 さらにその3パターンの中でも、「お答えを」「お答えは」「差し控え」「控え」といった四つの言い回しがあるから「3パターン×4」の計12パターンになる。
 そのすべてについて、政府側(大臣、副大臣、政務官と、特別職を除く現職官僚)が、説明を拒む意味でこれらの言葉を使った回数を▽2019年(12月5日現在の議事録公開分まで)▽第2次安倍政権が初めて国会論戦に臨んだ13年▽旧民主党の野田佳彦政権時の12年――で調べてみた。
 つまり、何かと物議を醸すことが多い安倍政権の物言いだが、「答弁拒否」を一つの指標として、その政治姿勢を数値で可視化してみよう、という試みだ。

続きはソースで
毎日新聞 2019年12月17日 06時00分
https://mainichi.jp/articles/20191216/k00/00m/010/253000c


>ネットの反応

・つまりどうでもいい質問が4倍に増えたのかよw 毎日新聞にディスられる野党www

・暇だな毎日変態新聞のおじさん

・なら、なんで野党が国政選挙で6回も負けんの?
悪夢と回答拒否は「 = 」で繋がらないからだろ?

・そんだけ野党の質問がくだらないってこった。
答えないといけないような質問なら、この回答は通らないわけなので。
それに、そもそも民主党政権よりずっと長い政権なわけで、回数で比較しても意味ないと思うんだけどな。

・馬鹿らしくて相手できないをやんわり言ってるだけ

・まあそーだよな

・糞野党が糞質問とかクイズ大会ばかりするからだろ

・つまり、野党議員が東京新聞の望月記者レベルってことだよ

・野党がつまらん質問ばっかしてるから答えたくても答えられないのでは?

・今の野党相手じゃしかたない
変に揚げ足取られちゃ面倒くさくて叶わんだろ

・任期期間が違いすぎて単純に比較できないし質問の内容だって違うだろ
バカな印象操作だな

・回数なんかどうでもええねん
何を聞いたのか内容を書けや

・つまり、どうでもでも良い事を四倍以上喚いて国会運営の邪魔をしてるだけと






kaho_001.jpg














posted by kwazz at 09:45| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

攻められると、打たれ弱いのな…w

産経ニュース;立民の福山幹事長「嫌疑は遺憾」 初鹿議員の強制わいせつ容疑で 2019.12.16 19:54

>立憲民主党の福山哲郎幹事長は16日、タクシー車内で知人女性にわいせつな行為をしたとして、立憲民主党の初鹿明博衆院議員が強制わいせつ容疑で書類送検されたことについて「嫌疑を持たれたことは甚だ遺憾で、おわび申し上げたい」とするコメントを発表した。

>福山氏はコメントで「本人は捜査当局に全面的に協力する意向を示しており、党として捜査当局の判断を見守りたい」とした。

>初鹿氏はこの日、国会内の事務所から退室する際に記者団から離党するかどうかなどを尋ねられたが、答えなかった。





立場が逆になれば、シドロモドロ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





J-CASTニュース;初鹿明博議員、強制わいせつ疑いで書類送検 立民・福山幹事長「捜査を見守っていく」 2019/12/16 19:44

>立憲民主党の初鹿明博議員(50)が、タクシー内で女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで書類送検された。2019年12月16日、各メディアが報じた。

>同党の福山哲郎幹事長は「嫌疑を持たれたのはなかなか遺憾」などとコメントを出した。

>「(2年前に)処分させていただいた」

>初鹿氏は民進党に所属していた16年12月、20代の舞台女優とホテルに入ったことを週刊新潮に報じられ、党青年局長を辞任。立憲民主党から出馬して比例復活当選した直後の17年11月には、支援者の女性にキスを迫るなどのわいせつ行為を行った疑惑を週刊文春に報じられた。これを受け、立憲民主党は6か月の役職停止処分を決めた。

>このわいせつ行為をめぐり、警視庁葛西署は19年12月16日までに強制わいせつの疑いで初鹿氏を書類送検した。本人は容疑を否認しているという。

>同日には「臨時国会を振り返って―野党は批判ばっかり、桜ばっかり? 福山幹事長が本気で答えます―」と題したインターネット放送「立憲LIVE」が行われ、出演した福山氏は冒頭、「嫌疑を持たれたのはなかなか遺憾。お詫び申し上げます」と謝罪。党としての対応については「(2年前に)処分させていただいた」とし、「捜査を見守っていく」と答えるにとどめた。

>なお、放送には福山幹事長と司会の女性が出演したが、福山氏の声が聞き取りづらく、視聴者から「福山さんの声が小さすぎて聞こえないよ」「素人の配信じゃないんだから、マイクテストなどの準備くらいしてください」とのコメントが寄せられた。






Share News Japan;共産党・志位氏「立憲・枝野代表と会談、次の4点で一致しました… たいへんに重要な前進です!」 2019-12-16

>志位和夫氏のツイート

立憲・枝野代表と会談、次の4点で一致しました。

1、「桜」疑惑について、閉会中審査、通常国会で手を緩めず徹底追及する。
2、安倍政権を総辞職に追い込むために全力をあげる。
3、早期の衆院解散に備える。
4、安倍政権を倒し、政権を替え、立憲主義を取り戻す。

たいへんに重要な前進です!

(略)

>▼ネット上のコメント

・揚げ足取りしか出来ない野党は日本に不要です。

・君等が政権を取ることはないのでせいぜい頑張ってください。あと共産党だけが中国共産党の人権問題に抗議している点だけは評価します。

・2と4の違いって?

・中身がない!

・安倍政権が倒れるどころか、更に野党の支持率が落ちそうです。

・国民のための政策は一切一致なしですね。了解致しました。

・国民の為にという視点が見当たりませんが?






sagiri_001.jpg














posted by kwazz at 11:39| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最大の成果は、対話の継続でした…w

ロイター;日韓が輸出規制で局長級会合、対話継続で合意 2019年12月16日 / 21:45

>日韓両政府は16日、輸出規制を巡る局長級の政策対話を3年半ぶりに再開した。日本が7月に半導体材料3品目の輸出管理を強化して以降で初めて。韓国側が求めていた輸出管理厳格化の見直しなどには至らなかったが、両国とも相互理解が進んだとの認識を明らかにした。

>両国は対話を継続することで合意。次回会合はソウルで開催する。

>梶山弘志経済産業相は会合終了後、記者団の取材に対し「両国の輸出管理制度・運用についてのさらなる改善状況をアップデートすることも含め、今後も輸出管理政策対話と意思疎通を継続していくことに合意した」と述べ、次回会合の開催を「近い将来」行うことを明らかにした。

>韓国側からは李浩鉉(イ・ホヒョン)産業通商資源部貿易政策官、日本側からは飯田陽一・貿易経済協力局貿易管理部長などが出席し、午前10時から行われた。午後5時だった終了予定時間を3時間超オーバーし、午後8時過ぎに終了した。

>梶山経産相は「両国の輸出管理制度・運用について専門的観点から幅広く議論をされ、相互の理解を促進することができた」と評価。会合に出席した飯田部長も「信頼回復に向けて前に進んだ」とした。

>韓国の李政策官は、日本が輸出管理を厳格化した7月以前の状況に戻るべきとする一方で、「互いの制度について理解が進んだ」と述べた。





そもそも、三年もの間、対話を拒否し続けていたのは。

かの国の方なんですけどね… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;菅官房長官、対韓輸出管理「協議して決めるものでない」 2019.12.16 12:21

>菅義偉官房長官は16日の記者会見で、同日の日韓両政府の局長級による政策対話で議題となっている日本の対韓輸出管理の厳格化措置について「国際的責務として適切に実施する観点から総合的に評価し、運用する」と述べた。「そもそも相手国と協議して決定する性質のものではない」とも語った。





産経ニュース;日韓、輸出管理の局長級対話の継続で合意 次回はソウルで開催 2019.12.16 23:00

>日韓両政府は16日、日本の対韓輸出管理の厳格化をめぐり、約3年半ぶりに貿易管理当局による局長級の政策対話を経済産業省で開いた。輸出管理厳格化の原因となった韓国側の貿易管理体制などで意見交換した。輸出管理厳格化の見直しには至っていないが、政策対話は継続し、次回をソウルで近く開催することで合意した。時期の詳細は明らかにしていない。

>政策対話終了後、記者団の取材に応じた梶山弘志経産相は「それぞれの責任と裁量のもとに実効的な輸出管理の推進が必要との認識を共有した」と成果を強調した。その上で、「確認を重ねていく中で、(輸出管理厳格化の見直しなどを)判断していく」と述べ、韓国側の貿易管理体制を引き続き注視していく考えを示した。

>政策対話には、日本側から経産省の飯田陽一貿易管理部長ら、韓国側は産業通商資源省の李(イ)浩(ホ)鉉(ヒョン)貿易政策官らが出席。予定を3時間近くオーバーし、同日夜8時過ぎまで続いた。

>会見した飯田氏は、輸出管理厳格化の見直しについて「決まっているわけではない」と話した。

>韓国側は政策対話を通じ、日本の輸出管理厳格化の撤回を求める考えに変化はない。

>これに対し、日本は一連の措置は安全保障上の貿易管理に関する国内運用の見直しとの姿勢を崩していない。韓国の貿易管理上の法制度の不備や審査体制の脆(ぜい)弱(じゃく)性などが改善され、それが政策対話などを通じて確認されなければ措置を見直さない方針だ。

>日本は7月、軍事転用の恐れがある半導体材料3品目の対韓輸出について、個別許可申請を求める制度に切り替えた。さらに8月には輸出優遇措置の対象となるグループA(ホワイト国)から韓国を外した。

>日韓両政府は、軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効が回避された11月22日、韓国が輸出管理厳格化をめぐる世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを中断したことを受け、政策対話の再開で合意。今月4日にウィーンで政策対話に向けた準備会合を開き、貿易管理体制などに関して意見交換することを確認していた。




















posted by kwazz at 07:07| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする