2019年11月30日

B層のふわっとした民意も、賞味期限切れ…w

朝日新聞デジタル;枝野氏への個人献金7割減 「ブーム去った」の声も 2019年11月29日18時00分

>総務省が29日に公表した政治資金収支報告書などで、立憲民主党の枝野幸男代表が2018年に集めた個人献金(本人からの分を除く)は1502万円だとわかった。結党にわいた17年に比べて7割減った。党本部への個人献金も2304万円で、17年の2億9666万円(衆院選候補者ら「政党役員」からの寄付約2億円を含む)から大幅に減らした。

>枝野氏は17年10月に立憲の旗揚げを表明。衆院選の投開票日までの20日間で3千万円近くの個人献金を集めていた。18年は大型選挙がなかったとはいえ、党内からは「結党時のブームは去った」との声も漏れる。

>今年の参院選で台風の目となった「れいわ新選組」の山本太郎代表は18年当時、自由党の参院議員。「街頭献金」を含めて、1604万円の個人献金を集めている。

(以下有料記事)





特定支持層へのアピールで、ますます先鋭化するばかりの。

まっとうな政策論議もできない。

今の議席を保守したいだけの、保守野党… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;“枝野ブーム”去る? 個人献金が激減…立民&国民「合併論議」に影響も 2019.11.30

>総務省が29日、2018年分の政治資金収支報告書を公表した。主要政党の党首クラスの収入を分析すると、立憲民主党の枝野幸男代表は4562万円で、17年からは半減していた。個人献金は3002万円で、他党党首を引き離してはいたが、17年の6915万円よりは大きく減らした。

>枝野氏は17年衆院選で立憲民主党を旗揚げした。当時は結党ブームに沸き、投開票日までのわずか20日間で、3000万円近くを集めたのだが、ブームは去ってしまったのか。

>立憲民主党は企業・団体献金を禁止しており、党本部の収入は主に個人献金に頼るが、こちらも17年の約3億円(衆院選候補者ら「政党役員」からの寄付約2億円を含む)から18年は2304万円へと急減した。

>同じく民進党を源流とする国民民主党との資金力の差も際立つ。国民民主党は民進党の資金や組織をそのまま「遺産」として引き継いだこともあり、党の収入は総額155億円で、野党第1党の立憲民主党は総額43億円だった。

>資金力の差が、年末にかけての両党の合併論議にも影響が出てくる可能性がある。






時事ドットコム;野党、共闘に不安露呈 審議拒否、あっさり腰砕け―国会審議 2019年11月30日07時40分

>立憲民主党など主要野党は29日、「重大な決意」で臨んだはずの審議拒否の方針をあっさり転換した。首相主催「桜を見る会」をめぐり政府・与党に要求した安倍晋三首相の推薦枠に関する説明はほぼゼロ回答。腰砕けの原因は、国民民主党の参院側が各党一致の意向に反する形で審議出席を主張したためで、結束への不安を改めて露呈した。

>特定商取引法違反容疑で家宅捜索を受けた「ジャパンライフ」会長(当時)について、立憲の安住淳国対委員長は28日、内閣府が提出した資料を基に2015年の招待は首相枠かどうか明らかにするよう要求。主要野党は29日午前の幹事長・書記局長会談で、納得できる回答があるまで審議拒否を続けると確認した。午後には各党合同の議員集会を開き、攻勢を強める方針だった。

>だが、実は安住氏は29日朝の段階で自民党の森山裕国対委員長に「資料が政府のものだと認めれば審議に応じる」と持ち掛け、国会正常化に重心を移していた。野党幹事長会談後、安住氏は森山氏と協議を続行。首相枠だったか否か回答がないまま、正午前に「一応の答えは得た」と記者団に強弁し、審議復帰に踏み切った。

>唐突な転換は、参院国民民主の独自行動を懸念したためとみられる。衆院では立憲、国民両党は歩調を合わせるが、参院側は7月の参院選の一部選挙区で対決したしこりから敵対意識すら漂う。

>28、29両日に断続的に開かれた国民民主の参院議員総会では「出欠はわれわれが決める」などの意見が噴出。議員団の舟山康江国対委員長は29日の記者会見で「議員の最大の武器は委員会で質問することだ」と訴えた。

>あっけない幕引きに、ある立憲議員は「重大な決意がこれでは笑うしかない」と自嘲気味。国民民主執行部の衆院議員は記者団に「もっと取れるものはなかったのか」と安住氏への不満を示した。






tenshi_001.jpg














posted by kwazz at 18:00| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

ヲイ! もうヘタレちゃったのか?

時事ドットコム;野党、国会審議復帰へ 政府の「桜」対応反発から一転 2019年11月29日13時07分

>立憲民主党など主要野党は29日午前、衆院内閣委員会などの国会審議を欠席した。首相主催「桜を見る会」をめぐる政府の対応に強く反発したため。この後、特定商取引法違反容疑で家宅捜索を受けた「ジャパンライフ」の当時の会長宛てに送られた2015年分招待状の問題で、与党から一定の回答が得られたとして審議復帰を決めた。

>野党は29日午前の幹事長・書記局長会談で、政府側から納得できる回答があるまで審議拒否を続ける方針を確認。この後、自民党の森山裕、立憲の安住淳両国対委員長が断続的に会談した。

>森山氏は、先に内閣府が共産党議員に提出した15年の招待状の仕様書(案)に記された「招待区分」について、「招待状の発送を効率的に行うために付しているものだ」と説明。安住氏は記者団に「紙全体を事実(本物)と認めたわけだから、書いてあるものも事実とわれわれは認識している」と述べた。

>「ジャパンライフ」の当時の会長宛てに送られた15年分招待状をめぐり、野党は28日、招待区分に書かれた「60〜63」という数字を踏まえ、安倍晋三首相の推薦枠かどうかを明らかにするよう要求。政府・与党が応じなかったため、29日以降の審議に応じないことを決めていた。





ジャパンライフもヘタに突っつくと、薮蛇に… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





NHK NEWS WEB;桜を見る会 野党「政府から一定の回答」国会審議に復帰 2019年11月29日 17時36分

>「桜を見る会」をめぐり、野党側は、招待状に関する資料について政府側から一定の回答が得られたとして衆参両院の国会審議に復帰しました。

>「桜を見る会」をめぐり野党側は、いわゆる「オーナー商法」で多額の資金を集めて経営破綻した企業「ジャパンライフ」の幹部を安倍総理大臣が招待したのかどうかを確認しようとしない政府・与党の対応は看過できないとして28日、国会審議に応じない方針を決め、29日午前中の衆議院の国会審議を欠席しました。

>こうした中、29日午後、参議院行政監視委員会の理事懇談会が開かれ、内閣府は共産党に提出していた「桜を見る会」の招待状の発送業務を発注するための仕様書について「発送を効率化するために『招待区分』を記している」などと説明しました。

>これを受けて、野党側は、これまで政府のものかどうかも答えられないとしてきた資料について、一定の回答が得られたとして衆参両院の国会審議に復帰しました。

>立憲民主党の安住国会対策委員長は、会派の代議士会で「資料の解釈についてはさまざまだが、安倍総理大臣を含む官邸の推薦枠として、ジャパンライフの幹部に招待状を発送したとみなすことにした。なぜ招待したのか政府は説明する責任がある」と述べました。

>このあと国会では、与野党の議員が出席して衆議院と参議院でそれぞれ本会議が開かれ、国会の同意が必要な人事案などの採決が行われました。

>また、週明けの来月2日に参議院本会議を開いて、国の決算について質疑を行うことで与野党が合意し、野党側は「桜を見る会」について、安倍総理大臣に直接ただすことにしています。

(以下略)






hana_001.jpg














posted by kwazz at 18:08| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全方位、ブーメラン飛びまくり…w

zakzak;「桜を見る会」問題 左派野党が騒ぐ「反社」って誰? ネットの情報頼りに追及する危うさ 2019.11.28

>首相主催の「桜を見る会」をめぐり、立憲民主党や共産党などは新たな焦点として、暴力団関係者などの「反社会的勢力」が出席していたのではないかと追及を始めた。会場で一緒に写真を撮った疑惑を指摘された菅義偉官房長官は、事実関係が確認できていないと説明した。左派野党は、菅氏の進退を含めて責任を徹底追及する方針で一致した。

>左派野党の「追及本部」は27日、警察庁や内閣府の担当者を国会内に呼び、桜を見る会に出席した人々の写真を示しながら、ヒアリングした。担当者は「個別の事案であり、答えられない」と繰り返した。

>招待者選定の責任者でもある菅氏は26日、反社会的勢力について「出席は把握していなかったが、マスコミから指摘されたのは事実なので、結果的に(会場に)入られたのだろう」と語っていたが、27日の会見では「反社会的勢力の定義は一概にはない。私自身は『出席していた』とは申し上げていない」と発言を修正した。

>これに対し、立憲民主党の安住淳国会対策委員長は27日、「反社会的勢力や半グレと言われる人たちが出席し、官房長官と一緒に写真を撮った姿がブログに掲載されていた。進退に関わる問題だ」などと、国会内で記者団に強調した。

>ところで、左派野党は、写真の人物らを特定し、「反社会的人物」という確証を得て追及を続けているのか? 外見だけでは、反社会的勢力や半グレの特定は極めて難しい。メディアは、松本サリン事件(1994年)で無実の住民を「犯人扱い」した苦い教訓もある。深刻な人権問題の危険性を考えざるを得ない。

>そこで、ヒアリングを終えた「追及本部」の黒岩宇洋(たかひろ)事務局長(立憲民主党)に国会内で質問をぶつけた。

>黒岩氏は「ネットの情報で、一定程度の事実は把握している。だが、警察は『個別案件なので』という。つかみどころがない…。だから国会で追及するのだ」と答えた。

>大丈夫なのか?





マスゴミ方面にまで飛び火で、大丈夫なのか? … ( ̄∀ ̄) アヒャ





KSL-LIVE!;共産党が資料捏造→朝日が報道!ジャパンライフの桜を見る会資料には元朝日新聞政治部長や毎日新聞などメディア関係者の名前が掲載されていた 2019.11.29

>安倍総理主催の桜を見る会に、悪質なマルチ商法を展開していたジャパンライフの会長が招待されていたとして、共産党の田村智子衆院議員が国会で追及しマスコミ各社もこぞってこれを報じている。  しかし、ジャパンライフが招待状を勧誘に利用したとされる資料が実は複数枚存在し、現在報じられていない部分には元朝日新聞政治部長や毎日新聞専門編集委員らメディア関係者の顔写真と名前が掲載されていたようだ。

(略)

>共産党が入手したというジャパンライフの資料は、一年以上前から元社員が複数枚をセットでメディアに提供している。共産党(しんぶん赤旗)も複数枚のセットで入手しているはずだが、国会資料作成の段階で排除していたのではないか。安倍総理追及に加担してもらうためにメディア関係者の名前を伏せているようにしか見えない。メディア関係者と共に二階幹事長の名前が掲載されている資料も提出すれば、安倍総理だけでなく二階幹事長にも招待した疑惑が浮上し、誰がジャパンライフの元会長が招待したのかを知るために必要な資料だったはずだ。  後半で紹介する日刊ゲンダイの切り取りも含めると、これは隠ぺいというよりもメディアと野党が申し合わせて行った捏造ではないのか。

(以下略)






アノニマスポスト;今話題の『ジャパンライフ』のイベントに岸井成格(毎日新聞)、後藤謙次(報ステ)、田崎史郎(時事通信)、島田敏男(NHK)、重倉篤郎(毎日新聞)、橘優(朝日新聞)らが参加していたことが判明…橘優(朝日新聞)はジャパンライフの顧問に就任 2019.11.29

>リテラですがw

「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的なのはなぜか 田崎史郎、NHK島田敏男はじめ大手紙元政治部幹部が…

本サイトでは、2018年2月、ジャパンライフが2000億円を超える負債を抱え事実上倒産した際や今年4月に警察の捜査が動き始めた際などにも、繰り返し伝えてきたが、ジャパンライフの広告塔になっていたのは安倍首相や加藤勝信厚労相、二階俊博・自民幹事長といった安倍政権幹部だけではない。通信社、全国紙、そしてNHKなど大マスコミの編集委員・解説委員クラスの幹部も、ジャパンライフの宣伝資料に実名・顔写真入りで登場していたのだ。

これは消費者問題の専門紙・日本消費経済新聞が2018年2月5日号で「ジャパンライフ元社員から宣伝用資料入手 首相桜を見る会、二階幹事長も広告塔」「著名ジャーナリストや大手マスコミ解説委員らも」との見出しを立ててスクープしたものだが、記事によれば、2017年1月27日、二階幹事長を囲む懇談会を山口会長の主催で開催したという。

同紙が入手した宣伝資料には〈トップ政治家やマスコミトップの方々が参加しました! このメンバーで毎月、帝国ホテルにて情報交換会を行なっています〉と打たれ、その下に「参加者メンバー」が肩書きと顔写真入りでリストアップされている。

そこには、TBS『ひるおび!』などテレビでおなじみ官邸御用ジャーナリストの筆頭、“田崎スシロー”こと田崎史郎・時事通信社解説委員(肩書きはすべて当時)や、安倍首相と寿司を食う仲から“しまだ鮨”との異名を持つ島田敏男・NHK解説副委員長、また芹川洋一・日本経済新聞社論説主幹の名前があげられている。田崎氏、島田氏が安倍首相の会食メンバーでることは言うまでもないが、日経の芹川氏も安倍首相と会食を行なってきた。

ただ、このジャパンンライフの広告塔になっていたのは、安倍首相の“メシ友”だけではない。元読売新聞社東京本社編集局長の浅海保氏、元朝日新聞政治部長の橘優氏、毎日新聞社の岸井成格・特別編集委員と倉重篤郎・専門編集委員、『報道ステーション』コメンテーターでもある後藤謙次・元共同通信社編集局長らまでが名前を連ねていた。ようするに、政治部トップ経験者が勢ぞろいしていたのだ。

しかも、元朝日新聞の橘氏は朝日退職後、ジャパンライフの顧問を務めていたことがあるうえ、日本消費経済新聞の取材に対し、毎日と日経は「元朝日新聞の橘氏に誘われた」と回答しており、これらのメンバーの多くは、朝日の橘元政治部長が誘った可能性が高い。

このジャパンライフとの関係を蒸し返されたくないために、「桜を見る会」にジャパンライフ会長が招待されていたことや、招待状が宣伝に使われていた問題を、扱わないのではないか。そういう疑念の声があがったのだ。

こうした声が大きくなったせいか、現場からの突き上げがあったのか、さすがに新聞も今日になって取り上げ始めたし、テレビも昨日はこの問題を取り上げた。

しかし、朝日新聞はいまだに扱いが小さく、また昨日の『報ステ』もジャパンライフ問題を取り上げたものの、「桜を見る会」問題をめぐる動きをレポートするVTRでは、シュレッダー問題からはじめ間にジャパンライフ問題をはさみ、再びシュレッダー問題に戻って終わらせ、スタジオ受けでは、ジャパンライフ問題について後藤氏らがコメントすることはなかった。

以下略 全文はリンク先で
https://lite-ra.com/2019/11/post-5115.html

(以下略)






アノニマスポスト;加藤浩次「ジャパンライフの元会長を桜を見る会に呼んだのは4年前の2015年。家宅捜索が入ったのは、今年の4月。招待した4年前の時点じゃ分からんでしょ、印象操作しても意味ないでしょ」〜ネットの反応「ジャパンライフのCMをTVや新聞もしてたのにね」 2019.11.29

>NECO
@necoodi

スッキリ加藤浩次さん

『ジャパンライフの元会長を呼んだのは、4年前の2015年。家宅捜索が入ったのは、今年の4月。招待した4年前の時点じゃ、分からんでしょ?』

印象操作をしてるんじゃねぇか?

野党の悪だくみを木っ端微塵にする加藤。
そうなんですよ、加藤さん、イカサマなんですよ。

(以下略)






アノニマスポスト;桜を見る会、橋下徹「野党は裏取りがないままに追求しても安倍憎しの層しかついてこない」〜ネットの反応「安部憎しの層w」「安倍政権憎し層って玉川徹や青木理や室井佑月みたいな層ねw」 2019.11.29

>安倍さんの事務所ないしは後援会が主催した「桜を見る会前夜祭」はどうか?
参加者は5000円の参加費を払ったという。
まず、5000円以上の料理がしっかり出ていて、にもかかわらず、参加者には5000円しか徴収していなければ、
これは公職選挙法違反の疑いが出る。

他方、ホテル側が特別なサービスを提供したということであれば、それはホテルから安倍さん側への寄附にあたるが、
企業の政治家個人への寄附は認められていない。そうすると、こちらは政治資金規正法違反の疑いが出る。
仮に政党支部への寄附ということであれば政治資金収支報告書への未記載となり、安倍さん側も同法違反の疑いが出る。

野党は、この点で安倍さんを徹底追及するなら、しっかりと裏取りをすべきだ。
安倍さんが差額を補填したのか、ホテルが特別のサービスを提供したのか。裏取りがないままに、
なんとなく怪しいという感覚だけで追及すると、結局のところ森友学園問題や加計学園問題と同じ様相を呈し、
多くの有権者はついてこないだろう。

だから、野党が森友学園問題や加計学園問題であれだけ大騒ぎしたのに、野党の支持率は伸びていない。

「安倍政権憎し」の有権者からは支持されるのだろうが、政権交代を実現するには、その程度の支持では足りず、
「安倍政権憎し」ではない多くの有権者の支持も得なければならない。今の野党に欠けているのはこの戦略だ。

まず野党は、不正の話と不適切な話を分けなければならない。
不正の話は、政権を倒すことにつながり得る話だ。その代わり、それなりの裏付けも必要になる。

他方、不適切な話は政権を倒すことにはつながらない。ゆえに裏付けもそれほど要らない。

ただし、これは政権の姿勢を正す効果が期待でき、襟を正すことをしっかり政権に促して、
それに相応しい新ルールや新制度を提案していけば、すぐに野党の支持率が急上昇することはないかもしれないが、
じわじわと野党への信頼が厚くなっていくことは間違いないだろう。

今の野党は、裏付けもないのに、不正の話に持ち込んで政権を倒しにいこうとするから、国民がついてこないんだ。

不正の裏付けがなければ、不適切な話として、政権を倒すとういよりも政権の襟を正す雰囲気で政権に迫らなければならない。

ただちに政権を倒すことにはつながらないが、そのような野党の姿勢は着実に有権者からの信頼を勝ち取るはずだ。

これらは不正を糾弾し政権交代を迫るものではなく、不適切を改めるための提案というものだ。
このような政治家の襟を正す細かなルールの制定は、有権者にしっかり響くと思うね。

まあ、野党がこれくらい厳格に政治家の襟を正す新ルールを提案するなら、企業団体献金を禁止したり、
領収書抜きの年間1200万円の経費である文書通信交通滞在費を改めたりする新ルールを提案して成立させてほしいよ。
こういう肝心なことについては、野党はやらないんだよね。

https://president.jp/articles/-/30901?page=2


>ネットの反応

ほんとそれ

>「野党は裏取りがないままに追求しても安倍憎しの層しかついてこない」
ほんこれww
パヨクが浮かれてるだけ

パヨク激怒w

安住の1700円しか徴収しなかったパーティーの方が怪しいんだけどね

安部憎しの層w

マトモな一般国民はみんな安倍憎しの層に変わりつつあるよ
時勢が読めない馬鹿かコイツは

どんなお仕事をされていらっしゃるのですか

たとえもし一般国民に「安倍憎しの層」が増えてるとしても、「それでも野党よりマシの層」は減るどころか増えてるんじゃないか?

>「野党は裏取りがないままに追求しても安倍憎しの層しかついてこない」
TBSが朝、昼、晩までずーーーと特集してるw
テレ朝ですら朝しかやらんのに

TBSは立憲とズブズブに連帯してるよねw
いつも民主党系の行くところにTBSのカメラがいるようだしw

桜を見る会の件は、国民的にはどうでも良い瑣末な事だと思ってるから、これに託けて審議拒否とかすれば野党の支持率が下がるだけw

その通りで
知らない所で小学校ができようが獣医学部ができようが桜を見ようが本当にどうでもいいことなんだよね
街頭インタビューでけしからんと答えてる人も聞かれた時だけ考えているだけで、5秒後には忘れている

ホテル側が「明細はうちにあるが、個人情報が含まれるので出せない」と言ってるのになぜか自民に明細出せと要求する野党。
反社の人が含まれてると言っているが、それは誰かと聞いたら「ネットで見た」という野党。
こんなんで安倍の首が取れるかよ・・・

今の野党に個人情報わたしたら国会で森ゆうこが公表しちゃうからなw

脳ミソ足りないから

安倍憎し層にアピール出来れば、次の選挙でも当選出来るからやってるんだろうなw
完全に安倍批判を飯の種にしてるクズ野党議員

そして安倍憎しの層のほとんどは選挙権がない?

安倍政権憎し層って玉川徹や青木理や室井佑月みたいな層ねw

騒げれば何でも良いんだよ
追求なんかどうでもいい

久兵衛のデマ拡散しといて知らんぷりなのはドン引きだわ

むしろ『安倍憎しの層』を必死に繋ぎとめるためますます暴走してる状態






kyoju_001.jpg














posted by kwazz at 15:36| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職場放棄で、もう仕事納め…w

NHK NEWS WEB;「桜を見る会」野党側 国会審議に応じられない認識で一致 2019年11月28日 19時09分

>「桜を見る会」をめぐり、野党側はオーナー商法で多額の資金を集め経営破綻した企業の幹部を、安倍総理大臣が招待したのかどうか確認できないなどとしている政府・与党の対応は、不誠実で看過できないとして、29日以降の国会審議に応じられないという認識で一致しました。

>「桜を見る会」をめぐり、野党側は参議院行政監視委員会の理事懇談会で、オーナー商法で多額の資金を集め経営破綻した「ジャパンライフ」の幹部を安倍総理大臣が招待した疑いがあるとして確認を求めましたが、内閣府は「名簿を廃棄しているため分からない」などと回答しました。

>これを受けて、立憲民主党の芝・参議院国会対策委員長は、自民党の末松・参議院国会対策委員長に対し、与党側からも、担当職員への聞き取りなどの対応を政府に促すよう求めました。

>このあと、野党側は、幹事長・書記局長らが会談して対応を協議し、政府・与党から前向きな回答はなく、実態解明を進めようとしない姿勢は不誠実で看過できないとして、29日以降、衆参両院のすべての国会審議に応じられないという認識で一致しました。

>また、衆参両院の予算委員会で集中審議を行うことや、招待者名簿の電子データを復元し、国会に提出することなどを重ねて求める方針を確認しました。

>そして、立憲民主党の安住国会対策委員長が、自民党の森山国会対策委員長と会談し、こうした方針を伝え、断続的に対応を協議しました。

>しかし折り合わず、森山氏は29日、野党側の出席が得られなくても衆議院で予定されている審議は行いたいという考えを示しました。

(以下略)





ぽっぽの時の名簿を公開して。

旧悪夢党みずから、範を示しちゃどうですかい… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;柿沢議員側に1940万円 ジャパンライフが献金 2019.6.5 20:30

>警視庁などから特定商取引法違反容疑(事実の不告知)で家宅捜索を受けたジャパンライフ(東京)が、無所属の柿沢未途衆院議員が代表を務めていた政党支部に、平成22〜25年に計1940万円を献金していたことが5日、分かった。柿沢議員の事務所が明らかにした。担当者は「献金は受けたが、ジャパンライフに便宜は図っていない。今後は返還することも含めて検討している」と話している。

>事務所によると、政党支部は「みんなの党東京都第15区支部」。ジャパンライフの山口隆祥元会長(77)は、父の故柿沢弘治元外相の頃から応援していたという。

>ジャパンライフは磁気ネックレスの預託商法などを展開したが、多額の負債を抱え、昨年3月に東京地裁が破産開始を決定。債権者集会では、破産管財人が契約者らへの配当は難しいと説明していた。






Share News Japan;【「桜を見る会」反社出席】ほんこんさん「民主党政権時、反社が官邸に出入りしてた事なかった?あと2人の女性野党議員が静かなのは何故?」 2019-11-28

>ほんこんさんのツイート

「桜を見る会」反社出席 民主党政権時 公安の監視対象である反社が官邸に出入りしてた事なかった?あと野党の2人の女性議員が静かなのは何故?

どいつもこいつですね 皆んな関係あんのかい?

しっかり国政をして下さい!

日本を良くし国民の生命財産国益を守ることだけ考えて下さい!🇯🇵

おやすみ💤

(略)

>▼ネット上のコメント

・本当にどいつもこいつもですね

・そんなにセメントいてあげて😆

・与党に肩入れする訳ではありませんが、野党が愚劣すぎて、もはやお笑いのネタでしかありません。

・そういえば静かだわね…真っ先に騒ぎそうなネタなのに www

・桜を見る会の方々の中には、公安調査庁から破壊活動防止法の調査対象に指定されてる政党の方がいますね。良く言えたものです。

・応援してます

・関生コンより、税金で桜見て食事する方が許せる。






Share News Japan;野党、明日以降の国会審議に応じないことで一致 → 生田よしかつさん「やめろバ◯」 2019-11-28

>生田よしかつさんのツイート

やめろバカ

(略)

>▼ネット上のコメント

・せっかく玉木さんが良い事言ってるのに。勿体ない。

・二度と戻ってこなくて結構です。

・もう与党と維新だけで進めてほしい。野党のワガママにはうんざりです。

・安定の無能ハ〜〜〜😫😫

・もう本当に野党要らない。この人達無視して法案色々通してほしい

・この人達は、国会を止めて、重要な審議をしたくない人達か??何を隠そうとしているのか??何の審議を進まないようにしたいのか??国民は、見ているのにな〜〜?

・これこそ最大の税金の無駄使い。こんなことされて喜ぶ日本人そんなにおらんよ?




















posted by kwazz at 04:29| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

シュレッダーが見れて、良かったね…w

zakzak;左派野党シュレッダー視察…立憲民主党内からも「「パフォーマンス先行だ」の声 2019.11.27

>首相主催の「桜を見る会」をめぐり、立憲民主党や共産党などの追及本部のメンバーは26日、内閣府が招待者名簿を廃棄する際に使用した大型シュレッダーを視察した。内閣府は、共産党議員が資料を要求した5月9日、名簿を廃棄したと説明している。左派野党は「政府が隠蔽したのでは」と疑惑視している。

>内閣府地下1階にあるシュレッダーを視察した追及本部の黒岩宇洋(たかひろ)事務局長(立憲民主党)は「シュレッダーの8年間の総稼働時間は分かった。予約簿もあるとのことだった」「(疑惑に対する)立証責任は向こう(=政府側)にある」などと語った。

>疑惑が浮上するたびに現地視察に赴く定番手法に、党内にも「パフォーマンス先行だ」と懐疑的な声が漏れるが、黒岩氏は視察後、「物見遊山ではない」と強調した。

>一方、自民党の二階俊博幹事長は同日の記者会見で、「後々の記録、来年の参考にもなるから、いちいち廃棄する必要はない」と、内閣府に苦言を呈した。





身内からも失笑を買うレベルの。


シュレッダーを見る会の面々… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;【動画あり】桜を見る会野党視察、効果は不明 シュレッダー調査 2019.11.26 20:36

>首相主催の「桜を見る会」に関する疑惑の野党追及本部メンバーは26日、内閣府を訪れ、招待者名簿の破棄に使われた大型シュレッダーを調べた。疑惑が浮上するたびに現地視察に赴くのは野党の定番だが、身内からも「パフォーマンス先行だ」と懐疑的な声が漏れる。

>「履歴機能があるかを(調べることを)最大の目的に行った。グレー(はっきりしない)状態だ」

>追及本部の黒岩宇洋(たかひろ)事務局長(立憲民主党)は視察後、記者団にこう語った。野党は名簿が共産党による資料請求と同じ日に破棄されたと問題視。25日には「アポなし」で視察を試みて職員と押し問答になった。26日は事前に約束を取り付けてシュレッダーを調べたが、目的の履歴機能の確認は果たせなかった。

>野党の現地視察が空振りに終わるケースは少なくない。立民などは10月に金銭授受問題で関西電力本店(大阪市)などを視察したが、関電側は面会に応じなかった。平成29年5月には学校法人「加計学園」問題で民進党(当時)が愛媛県を訪れたものの、中村時広知事には会えなかった。

>いずれも急な訪問が原因とみられるが、立民幹部は「断られたらそれも絵になる。(メディアに)撮らせるために行っている」とあけすけに語る。

>「物見遊山ではない」。黒岩氏は視察後、追及本部の会合でこう強調したが、立民内には「いつものように騒いで終わり。全く生産性がない」(関係者)と効果を疑問視する声もある。






KSL-Live!;野党の社会見学チームが大型シュレッダーを体験「おっ、おう34秒!」職員「障害者雇用のクリップ外しに2時間も」野党「結果はグレー!」 2019.11.26

>野党の桜を見る追及本部は26日、内閣府で大型シュレッダーの視察を行い、黒岩座長が自ら体験し「おっ、おう、はい!大したもんだ」と感想を述べた。計測結果は34秒だった。

>前日に門前払いされ、今日は念願の見学が叶った形だ。初めての大型シュレッダーに緊張したのか、いつも威勢よく官僚を罵倒する野党の面々も今日はおとなしく職員の説明を聞いていた。    この「野党社会見学」に自民党の長尾たかし衆院議員は「へぇ〜、すごい機械ですね。で、、、?何か重要な事でも解明できたのでしょうか?」と冷静にツッコミを入れている。

(以下略)






warawara_001.jpg














posted by kwazz at 10:38| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

自称リベラルな人権派は、何してる?

産経ニュース;中国に人権の「集中砲火」 香港・ウイグル問題で 2019.11.26 21:48

>香港や新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐって中国当局への国際社会の批判が高まっている。香港での「逃亡犯条例」改正案に端を発するデモ拡大の背景には、国内の少数民族抑圧の実態を香港の未来に重ね合わせる若者らの危機感があり、2つの問題は地続きだ。欧米諸国から人権問題で“集中砲火”を浴びる中国側は「内政干渉」としていらだちを強めている。

>中国外務省の鄭沢光次官は25日、米国のブランスタッド駐中国大使を呼び出し、米上下両院が香港人権民主法案を可決したことについて「強い抗議」を行い、法案を阻止するよう求めた。中国側は20日にも同法案をめぐって米国の臨時代理大使に抗議したばかりで、米大使館幹部への相次ぐ呼び出しは異例だ。

>中国外交トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)政治局員も26日、同法案に「強烈な非難」を表明する談話を発表。共産党機関紙、人民日報も26日付の論評で、同法案が「暴乱の悪行を扇動」しており「国際社会に唾棄」されるものだと批判した。

>香港情勢に世界の耳目が集まる中で、新疆ウイグル自治区での人権弾圧に対する国際的な批判も急速に高まっている。

>17日付の米紙ニューヨーク・タイムズは中国当局の内部文書を入手し、2014年に習近平国家主席が同自治区を視察した際の演説で「反テロ、反分離主義闘争」の全面的な展開を掲げ、「情け容赦ない」対応を求めたと暴露した。

>さらに国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は24日、ウイグル族ら100万人以上が収容されているとされる再教育施設の管理指針や大規模監視システムなどに関する内部文書を入手したと発表した。

>中国当局は、こうした報道について「デマ」「卑劣な手段であおっている」(外務省報道官)などと反発しているが、焦りの色もにじむ。国営メディアは26日、中国政府系の人権団体「中国人権研究会」がまとめた米国の性差別問題に関する報告書を唐突に報じたが、人権問題で責め立てる米当局への急造の“意趣返し”であることは明白だ。





シュレッダーを見る会でお忙しい、特定野党の皆々様も。

さて、ちうごく様には、ダンマリ… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





産経ニュース;二階氏「国賓待遇は当たり前」 中国国家主席来日 2019.11.26 14:28

>自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、来春に予定される中国の習近平国家主席の国賓としての来日について「国賓待遇でそういう立場の人をお招きするのは当たり前だ」と述べた。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺への領海侵入や邦人拘束の問題が解決していないため、党内から習氏を国賓として迎えることに反発の声が出ている。





Share News Japan;門田隆将氏「香港の抵抗が世界を変えつつある。国際社会で自由と弾圧との凄まじい闘いが始まった」 2019-11-27

>門田隆将さんのツイート

香港の抵抗が世界を変えつつある。

米上下両院の奮闘に続き、今度は英政府が中国・新疆ウイグル自治区に「国連監視団が即時かつ無制限にアクセスできる」よう中国政府に求めた。

「新疆の人権状況を深く憂慮する」と英報道官。

国際社会で自由と弾圧との凄まじい闘いが始まった。

(略)

>▼ネット上のコメント

・なにもしないのか?日本は

・「シュレッダーを見る会」なんてやってないで、こういう問題を国会で議論してほしいです。

・中国に対して自由民主主義国家の包囲網。どちらが正義で勝利するか。アジア、欧米、とりわけアフリカ各国が立ち上がることを期待したい。

・野党さん、支持率上げるチャンスじゃないの?

・ウイグル、チベット、香港、台湾の独立が1日でも早く実現しますように。

・野党も香港問題で対応できない与党をもっと攻めれば支持率も上がるだろうに。

・世界は動き始めた。日本はどうする?






maika_002.jpg







 






posted by kwazz at 18:53| Comment(0) | 中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無責任野党は、シュレッダーを見る会でいそがしいから…w

zakzak;「桜を見る会」問題…深追いするが空論ばかりの「野党」と「メディア」 またカラ騒ぎを繰り返すのか? 2019.11.27

>首相主催の「桜を見る会」をめぐり、野党や一部メディアは「公選法違反の疑い」「税金の私物化」などと批判している。法律に抵触する問題はあるのか。政府や安倍晋三首相が反省・修正すべき点はどこにあるのかを考えてみよう。

>論点は(1)桜を見る会(2)安倍後援会の前夜祭の2つだ。

>(1)はたしかに公金を支出するので国民が納得しなければいけない。最近の状況を見ると招待者が拡大している。いわゆる「政治家枠」が緩く運営されてきたのだろう。政治家枠は民主党政権を含む以前から存在している慣行だ。

>桜を見る会は、前身の天皇主催の観桜会まで含めれば140年近い歴史がある会なので、その伝統にふさわしいものとすべきだ。この意味で、来年中止して招待者基準などを抜本的に見直し、当初の意図に沿ったものにするのはいい。長年の惰性的なものを大いに見直すべきだ。

>(2)については、「領収書や明細書を出すべきだ」「1人5000円の安い前夜祭は有権者への供応接待なので公選法に違反する」「政治資金収支報告書に記載がないのは政治資金規正法に違反する」といった批判がある。

>実際には、ホテルと後援会メンバー個人との間の取引になっており、5000円の領収書が複数存在しているようだ。これは後援会が間に入っていない証にもなる。

>5000円が安いかといえば、立食の内容などを含めてホテルとの交渉事であるので、断定はできない。こんなことは、与野党を含めて誰でも知っている。実際、野党政治家でも、政治資金集めのパーティーでは経費率10%程度、5000円以下のものも珍しくないので、公選法違反というのは無理筋だ。

>ホテルは個人に領収書を出しているが、こうした方式も政治資金パーティー以外では珍しくない。一般的な商慣習だ。

>また、ホテルと個人との間の取引で、後援会は介在していないので、政治資金収支報告書に書きようがない。収支がゼロでも収入と支出を書けという法律専門家もいるようだが、そもそも法的な意味で収入にならないので、記載義務がない。これを記載しなければいけないなら、後援会メンバー個人が第三者とした取引を後援会が記載する必要が出てきて、とてもじゃないが実務が回らなくなる。

>こう考えると、政治資金規正法違反も滑稽だ。法的問題については、市民団体からの告発もあり、いずれはっきりするに違いない。今なされている批判は、一般の取引慣行を無視した空理空論が多く、批判したいがためのものばかりにみえる。

>桜を見る会を疑惑に仕立てて、安倍政権を追及するのは筋悪ではないか。森友学園・加計学園問題と同じように、疑惑といいながら、エビデンス(証拠)が出てこない展開になりそうだ。

>今でこそ、ワイドショーの話題になり、一部野党とマスコミの印象操作によって安倍政権の支持率は下がっているが、モリカケのときのように、そのうち回復するのではないか。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)





高橋洋一氏に絡んで、森ゆうこが大騒ぎした。

質問漏洩云々の、アノ一件ははどうなった? … (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;【野党ウオッチ】国民・森裕子氏を突き上げる維新 日頃の不満爆発 2019.11.27 01:00

>日本維新の会が国民民主党の森裕子参院議員を厳しく追及している。森氏が民間有識者の住所をホームページで公開し、プライバシーを侵害したとして、19日に除名などの懲罰を検討するよう山東昭子参院議長に申し入れた。森氏が所属する国民の玉木雄一郎代表は謝罪したが、維新は戦う姿勢を崩さない。

>個人住所を漏洩

>「国民の権利を守るべき立場にある国会議員が、逆に権利の侵害をしている。私たちも何かしないわけにはいかない」

>維新の浅田均政調会長は19日の記者会見で、森氏の懲罰を求める理由をこう強調した。

>維新がとりわけ問題視するのは、森氏が7日の参院農林水産委員会で質問する際、政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の座長代理、原英史氏の自宅住所が記された参考資料を提出し、質問後に自身のホームページで公開したことだ。

>森氏は原氏の指摘を受けて住所を黒塗りして再掲載したが、維新は申し入れ書で「個人情報漏洩(ろうえい)、プライバシー侵害にほかならない」と指弾。東徹参院国対委員長は19日の記者会見で、「自宅住所は個人情報の最たるもので、(原氏が)迷惑を受けたとも聞いている。絶対に許されない」と断じた。

>この問題をめぐっては、14日の参院議院運営委員会理事会で、森氏と同じ国民の川合孝典理事が「今後このようなことがないようにしたい」と謝罪し、再発防止を約束した。玉木氏も20日の記者会見で「個人情報が出てしまったことは申し訳ない。党全体としても、今後こういうことがないよう気をつけたい」と平謝りに徹した。

>原氏は自身のツイッターで、玉木氏の姿勢を「誠意ある謝罪と受け止めた」と強調。ただ「森議員ご本人から私に対し、いまだに謝罪も説明もないことは全く理解できません」とも書き込み、森氏の対応を批判している。

>維新の指摘はこれだけでない。

>森氏は10月15日の参院予算委員会で、原氏がWGに絡んで不正を犯したかのように批判し「国家公務員だったら、斡旋(あっせん)利得収賄で刑罰を受ける」と言い放った。森氏は、一部の報道を根拠にしたようだが、原氏は明確に否定している。

>維新は申入書で、森氏が「十分な事実関係の調査もなしに根拠のない誹謗(ひぼう)中傷を行い、不正に関与したかのような印象を形成したことは許されるべきではない」と厳しく指摘した。

>憲法51条では、国会議員が国会内で語った言葉は国会の外で責任を問われないと規定している。しかし維新は申入書で、51条にかかわらず「誤った報道に安易に依拠した名誉毀損(きそん)など、国会議員による不当な人権侵害は許されるべきではない」と指摘。「こうした国会内でのあるまじき行為は、国民の政治、立法府に対する信頼を著しく失墜させるもので言語道断だ」と断罪した。

>維新は森氏の問題行動を次々と追及しているが、以前から不信感があったようだ。東氏は「これまでも本会議などで時間を超過して話をしたり、牛歩のようなことをするなど、目に余る行為があった」と指摘する。

>建設的な国会審議を標榜する維新は、審議の遅延を狙う野党の国会戦術を嫌っている。今回は、日頃から国会でたまっていた不満のマグマが森氏の一連の問題で爆発したようだ。

>質問通告を改革

>一方で、維新は問題を森氏の追及のみで終わらせるのでなく、質問通告のあり方そのものも変える取り組みを始めている。

>その一環が、質問通告を、質疑時間の前日正午までに終えるという独自のルール設定だ。これまで与野党の申し合わせでは、質問通告は「前々日正午まで」と決めていたが、森氏のケースのように事実上形骸化していた。

>前日正午までに質問を通告すれば、官僚が日中に答弁作成に着手でき、「午前さま」などいう長時間残業の緩和にもつながる。国会対応での官僚の「ブラック労働」はかねて指摘された問題だ。維新は今回の独自ルールを「森氏がきっかけだ」(遠藤敬国対委員長)と説明する。

>森氏は今のところ維新の追及に反応していないようだ。普段は激しく与党を追及するが、自身の政治姿勢に突きつけられた疑問は素通りするのだろうか。






mion_001.jpg














posted by kwazz at 09:25| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

切るぞ、いいのか? 本当に切るぞ!

中央日報;日本「韓国、3つの条件クリアしなければホワイト国復帰ない…数年かかる」 2019.11.26 14:12

>日本の輸出規制問題を議論する韓日両国の課長級協議、局長級の政策対話が、それぞれ12月上旬と下旬に開かれる方向で検討されていると、毎日新聞が26日報じた。

>政府関係者を引用した報道で、毎日新聞は「課長級協議は韓国で、局長級は日本で開催する見通し」とし「12月下旬に日中韓首脳会談(北京で開催)前に行う方向で調整している」と伝えた。

>しかし同紙は▼フッ化水素など3品目に対する輸出規制強化措置の撤回▼ホワイト国への韓国復帰については「日本政府は即時に認めない方針で、韓国への輸出の適切な実施や、韓国側の輸出管理体制の整備を条件とする」と伝えた。

>これに関連し日本経済産業省の関係者は25日、自民党の関連会合に出席し、「ホワイト国復帰のためには▼両政策対話が開かれていないなど信頼関係が損なわれている▼通常兵器に関する輸出管理の不備▼輸出審査体制、人員の脆弱性−−が解消されなければいけない」という3つの条件を挙げた。さらに「3つがクリアされない限り、ホワイト国に戻すことはない」と述べた。

>同紙は特に「(両国間)対話を繰り返す必要があり、グループA(ホワイト国)復帰のためには数年かかるだろう」という日本政府関係者の話も伝えた。

>同紙は「韓国が22日に輸出規制をめぐるWTO(世界貿易機関)提訴手続きを停止すると正式に日本に通知し、これを受け、両政府は輸出管理をめぐる政策対話を行うことで合意した」と報じた。

>一方、菅義偉官房長官は26日午前の会見で、両国間の対話日程について「具体的な日程が決まったという報告はまだ受けていない」と述べた。





いまだ、こちらをチラ見の、リスカブス… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;韓国の対日外交、立ち往生 限られた選択肢、日本に不信 2019.11.26 19:04

>日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避に関する合意解釈をめぐり、韓国では日本への不信感がくすぶり、政府関係者からは早くも「協定中断」を示唆する声も出ている。

>協定延長を米国は歓迎しており、韓国でも延長自体は評価されている。だが、大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は24日、日本の経済産業省の発表は了解内容と大きく異なると批判。日本側から外交ルートを通して謝罪があったと語った。

>しかし、鄭氏の発言について日本メディアが25日、「そのような(謝罪の)事実はない」との日本外務省幹部の発言を報じるや、大統領府の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は「日本側は謝罪した」と反論。安倍晋三首相が韓国に「何の譲歩もしなかった」と述べたという報道について、大統領府高官は「良心を持って言えるのか」と不満を示した。

>韓国政府では「信義に反する」との不満も出ている。GSOMIAの維持と韓国政府による世界貿易機関(WTO)への提訴手続きの停止は「最終合意ではない。すべて条件付きで暫定的」(鄭氏)だという。

>日本政府による輸出管理厳格化措置をめぐる対話が条件で、韓国はいつでもGSOMIAの効力を終了できるとの前提を合意内容として発表している。韓国国立外交院の金峻亨(キム・ジュンヒョン)院長は「日本の姿勢次第で協定はあすにも1カ月後にも終了できる」と公言している。

>韓国政府は、GSOMIA破棄を「対日カード」として維持する構えだ。ただし、米国の不信を高めたとし「カード自体が不要な論議を呼んだ」(東亜日報)との自戒もある。

>輸出管理厳格化の撤廃を最優先にする韓国は、今週中にも日本と準備会合を持ち、12月下旬に中国で開催予定の日中韓3カ国首脳会議に向け、事態の打開を図りたい考えのようだ。

>ただ、日本への対抗措置を連発した末に決定打として出したGSOMIA破棄には、米国が反発しており、再度の破棄決定にはリスクが伴う。選択肢は限られ、韓国は交渉で日本から譲歩を引き出すしかない。






higurashi_001.jpg














posted by kwazz at 04:27| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

アポなし、シュレッダー突撃…w

zakzak;内閣支持率「桜を見る会」問題で下落 自民支持層も57%が「廃止した方がよい」 2019.11.25

>共同通信と日経新聞は先週末、世論調査を行った。安倍晋三内閣の支持率はともに、前月より5〜7ポイント下落した。左派野党やメディアが、首相主催の「桜を見る会」や、首相後援会が開いた「前夜祭」について、「公費私物化」「長期政権の緩み」などと厳しく追及したことが影響したようだ。

>共同調査では、安倍首相が「桜を見る会」への招待者人選への関与を当初、否定していた国会答弁を修正したこともあり、首相の発言を「信頼できない」との回答が69・2%、「信頼できる」は21・4%となった。

>政府は来年の「桜を見る会」を中止するが、将来の存続の是非については、自民党支持層でも57・5%が、公明党支持層は74・2%が「廃止した方がよい」と答え、風当たりの強さを印象付けた。

>左派野党側は25日、追及チームを格上げした「追及本部」の初会合を開く。ただ、現時点で政党支持率に大きな変化はないようだ。

>共同調査では、立憲民主党8・7%(前回比0・2ポイント増)▽国民民主党0・9%(同0・4ポイント減)▽共産党3・7%(同0・1ポイント増)にとどまった。

>自民党は41・8%(同2・8ポイント減)と落としたが、他党との開きは大きく、5割程度をキープする内閣支持率とともに底堅さが際立っている。





同じことを何度繰り返せば、学習できるのかと… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;本丸かなわず…野党「前代未聞の門前払い」 シュレッダー視察に同行 2019.11.25 21:37

>立憲民主党など主要野党は25日、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿が共産党の資料請求日に破棄されていたことに関連し、内閣府が所有する大型シュレッダーの視察を試みた。桜を見る会追及本部の黒岩宇洋事務局長(立民)ら国会議員8人が乗り込んだが、職員からアポイントがなかったことなどを理由に断られ、結局、目的を果たすことはできなかった。

>汗ばむ陽気の中「寒い、中に入れて!」

>「寒いので中に入れてください!」

>野党統一会派に所属する無所属の山井和則衆院議員は、内閣府の入り口で防護壁のように立ち尽くす職員を前にこう詰め寄った。

>この日は11月下旬とは思えないほど暖かく、同行した記者も軽く汗ばむ陽気だった。しかし、山井氏は「寒い」「寒い」と何度も訴え、「国会議員なので(約束がなくても)庁舎の中に入る権利はあるはずだ。外で待たせるのは失礼だ」などと主張した。

>内閣府の職員は入庁拒否の理由の一つとして「大勢のマスコミも一緒に来たのでビックリした」と困惑気味に語った。これに対し、立民の池田真紀衆院議員が「ビックリ100倍返し、したいんだけど」と、ハイテンションで言い返す場面もあった。

>議員8人のみ、庁舎に入ったが…

>入り口での押し問答は15分ほど続いたが、マスコミを同行させないことを条件に国会議員8人は庁舎内に入ることを認められた。8人は小部屋に通され、職員と交渉を続けたが、「官房長の許可が得られない」などとして、“本丸”の大型シュレッダーまで攻め入ることはかなわなかった。

>黒岩氏は内閣府訪問後、国会内で記者団に「前代未聞の門前払いを食らわせて守るシュレッダーなのか」と怒りをあらわにし、26日の再チャレンジを宣言した。

>政府は共産党が資料請求した5月9日に名簿を大型シュレッダーで破棄。その理由について、内閣府は連休前に破棄する予定だったものの、シュレッダーを利用できたのが最も早くてその日だったなどと説明している。このシュレッダーは内閣府の地下1階に1台設置されており、使用には事前予約が不可欠だという。






aru_002.jpg














posted by kwazz at 04:26| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おまエラ的には、謝ったら負け、なんだよな…w

時事ドットコム;「桜を見る会」追及本部、野党陣容7倍に れいわも参加、「倒閣」訴え 2019年11月25日18時23分

>立憲民主党など主要野党は25日、首相主催「桜を見る会」追及本部の初会合を開いた。前身の追及チームから陣容が7倍の76人となり、れいわ新選組などが新たに参加。安倍晋三首相出席の衆参予算委員会の開催要求など攻勢を強める構えで、本部長に就いた福山哲郎立憲幹事長は「倒閣に向けて一致結束して頑張ろう」と訴えた。

>福山氏は「しっかりと野党が共闘して真相究明する。万が一(政府・与党が予算委開催から)逃げても、次の通常国会に向けて弾込めし、追及の手を緩めない」と強調。共産党の小池晃書記局長は「『桜を見る会』転じて『桜が散る会』にしていくため力を合わせよう」と気勢を上げた。





マスゴミ共犯の、報道しない自由のおかげで。

自浄能力が皆無なのが、特定野党… ( ̄∀ ̄) アヒャ





zakzak;国民民主党・森裕子議員に懲罰を! 民間人を犯罪者扱い、個人情報をHPで公開… 「看過できない」維新・東徹参院国対委員長が激白! 2019.11.25

>日本維新の会は19日、国民民主党の森裕子参院議員が、民間人の原英史氏(国家戦略特区ワーキンググループ座長代理)の住所を自身のホームページで公開したのは「プライバシーの侵害にほかならない」として、森氏に「除名」などの懲罰を検討するよう山東昭子参院議長に申し入れた。維新の東徹参院国対委員長に真意を聞いた。

>「本来なら、人権を守るべき立場の国会議員が、国会質問で民間人を犯罪者扱いしたうえ、個人情報をネットに流して侵害した。とても看過できる話ではない」

>東氏は語気を強めた。

>森氏は10月15日の参院予算委員会で、原氏について「国家公務員だったら、あっせん利得、収賄で刑罰を受ける」と発言した後、住所をHPで公開した。指摘を受けて、森氏は「個人の住所という認識がなかった」と釈明している。

>憲法51条は「両議院の議員は、議院で行った演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない」と規定する。

>東氏は「森氏の言動は国民の政治、立法府に対する信頼を著しく失墜させた。維新は懲罰動議にかけるべきだと考える。ただ、参院で懲罰動議を出すには、議員20人の賛同が必要。われわれは16人なので、議長に申し入れた」と語った。

>果たして、森氏の懲罰は実現するのか?

>東氏は「可能性は高くない。だが、森氏は、原氏に直接謝罪すべきだ。参院は『良識の府』。議員には品位を保持する責務がある」と語った。

>ちなみに、国民民主党の玉木雄一郎代表は20日の記者会見で「個人情報が出てしまったことは申し訳ない。参院幹部から森氏に注意したと聞いている。党全体としても今後、こういうことがないように気をつけていきたい」と陳謝している。






maid_007.jpg














posted by kwazz at 04:19| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

このあたりで、下げ止まりか?

テレ東NEWS;内閣支持7ポイント減 50% 桜を見る会「納得せず」69% 2019.11.25 08:00

>テレビ東京と日本経済新聞の世論調査で、「桜を見る会」に関する安倍総理大臣の説明に「納得できない」という人が69パーセントにのぼりました。
また、内閣支持率は先月の調査に比べて7ポイント下落しました。

>この調査はご覧の方法で行ったものです。

>安倍内閣の支持率は、先月の調査から7ポイント下落して50パーセントでした。

>「桜を見る会」に安倍総理の支援者が多く招待されていた問題に関して、安倍総理の説明に「納得できない」と答えた人は69パーセントにのぼり、「納得できる」は18パーセントにとどまりました。

>消費税増税後の、家計の支出について聞いたところ、「支出を減らした」という人は27パーセントで先月の調査から6ポイント増加しました。
「変わらない」という人は69パーセントでした。





先週からの各社の世論調査でも、下落率は5パーセント前後で。

それでも、50パーセント程度を維持している内閣支持率… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Share News Japan;【桜を見る会】ビートたけし、与党の高支持率に「野党が情けなさすぎる」 2019-11-25

>ビートたけし、与党の支持率に苦言 「野党が情けなさすぎる」に共感の声

▼記事によると…

■「芸人はいい迷惑してる」
たけしは「芸人なんかいい迷惑してる。(ネットやテレビで)あげられてるのを見てあいつが参加してるとか言われるし…」と現状を語る。さらに、たけしによると「桜を見るの会の映像にできるだけ映さないでほしい」という芸人もいるようだ。

■「野党が情けなさすぎ」
続いて番組では、桜を見る会と与党についてのアンケート結果を紹介。桜を見る会について「招待の基準などを明確化したら再開しても良い」と回答したのが約60%となっていた。

さらに「歴代最長となる安倍政権運営を評価する」と回答したのも約60%と半数を超える人が安倍政権に対し好意的な印象を持っているようだ。

これを見たたけしは「こんだけ(支持率が)あるってことは如何に野党に力がないってことか」としたうえで、「同じダメだったら野党よりはいいだろうって感覚」と分析。そして、「野党が情けなさすぎる」と現状に苦言を呈した。

2019/11/24 06:15
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6217167

(略)

>▼ネット上のコメント

・野党が弱すぎるだけって分析は正しい。が、遅すぎるってww あと芸人たち、参加しておいて隠そうとするなよ。最低な行動やそそれ。

・桜の会での暴走は確かに批判されるべきだけど、不祥事を政権交代の理由にしたらどうなるかをみんなが知っているからね。

・今の野党は与党を押し退けて政権取るんじゃなくて、足を引っ張って仕事をしているように見せかけているだけの税金泥棒。だって、どれだけ休もうが、なにしてようがマスゴミがそれっぽくしてくれて金がもらえるからな。

・『主催から呼ばれて参加しただけ』なら堂々としとけばええやろ

・野党は本気で政権取る気ないでしょ。与党にケチつけてるだけで給料と地位をもらえるんだから、わざわざまともな政策考えるなんて労力の無駄と思ってるんじゃない?韓国の大統領とかと同じパーソナリティ。

・与党が強いじゃなくて野党が弱い、なのが長期政権の要因なのが悲しい。

・与党倒したあとのビジョンもないしなwこれまでの選挙観てても場当たり的に与党と反対の政策掲げてるだけにしか見えねえw






zakzak;「桜を見る会」大騒ぎの真の目的は改憲潰しか 野党&メディアに“ブーメラン”炸裂も 小川榮太郎氏が緊急寄稿 2019.11.25

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる、左派野党やメディアの追及が続いているが、疑惑の焦点はコロコロ変わり、野党やメディアへのブーメランも次々と炸裂(さくれつ)している。先週に続き、文芸評論家の小川榮太郎氏が緊急寄稿した。

>朝日新聞も、ついにここまで来たか−。

>22日の朝日新聞朝刊は、「桜を見る会」前日に安倍首相の後援会が主催した「前夜祭(夕食会)」で、首相夫妻が会費未払いであることを「追及」し始めた。「飲食が無償でホテル側から提供されていれば、企業からの利益供与にあたる」という識者の珍説を記事に仕立てたようだ。

>後援会主催のパーティーで、議員本人が会費を支出することなどあるはずがあるまい。後援会が負担するのが当然ではないか。ここまでバカげた言いがかりがあるだろうか。

>かつて朝日新聞の嘱託作家だった夏目漱石はロンドン留学中、神経衰弱になり「夏目狂セリ」と打電されたのは有名な話だが、ここまで来ると「朝日狂セリ」という他、もう言葉はない。

>当初、大騒ぎのきっかけとなったのは立憲民主党の石川大我参院議員らによる前夜祭での「久兵衛」すしの提供発言だが、全くの虚偽だった。

>単価1万円以下ではパーティーは開けないと、たんかを切っていた同党の安住淳国対委員長は、同ホテルで朝食セミナーを単価1739円で開いていたことがばれた。

>安倍首相による「桜を見る会」の私物化批判も全てブーメランになった。鳩山由紀夫政権の「桜を見る会」では、地元の後援会関係者らと記念撮影に28分も充てられていたという。数百人規模を想像させる。しかも、鳩山氏は「ここに集まっているのは、民主党関係者が苦難に陥ったときも去らずにいてくれた真の友だ」とスピーチし、民主党本部は「桜を見る会を『後援会固め』に使うように」と指示していたことが複数議員の証言や、野田佳彦政権時代の文書で明らかになった。

>ここまで来ると、旧民主党側がブーメランやウソがばれるのを予測していなかったとは思えない。倒閣にもつながらず、こんなバカ騒ぎを演じれば、自党側の支持率が下がることも経験から熟知していよう。

>それにも関わらず、彼らの声高な「安倍たたき」は止まず、左派メディアは、ウソまみれの野党の「追及」を一方的に報じ続けた。真摯(しんし)に調査報道を重ねたのは産経新聞のみだ。

>この異常な連係プレーは一体何なのか。

>折しも、自民党はようやく改憲に本腰を入れ始め、今国会では、そのために必須の法案である国民投票法改正案の採決をめぐり与野党の折衝が続いていた。会期とにらみ合わせれば、改正法案の採決期限は21日と目されていた。野党側は、桜の会疑惑の追及を優先すべきだとして、今国会での成立は見送られた。

>桜の会騒動の真の目的は「改憲潰し」だったのではないか。もしそうならば、あまりにも悪質という他はない。

>この人たちはもはや、「反安倍勢力」などではない。国民投票の機会を、こんなウソまみれの騒動で国民から奪った以上、「国民の敵」と呼ぶ他ないのではないか。

>たかが花見、されど花見−−日本国民に突き付けられた問いは、実は限りなく重い。






sakura_001.jpg














posted by kwazz at 16:03| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かの国の精神勝利法で、お約束の様式美…w

時事ドットコム;韓国政府、日本に強く抗議 GSOMIA失効回避めぐる発表に 2019年11月24日20時58分

>【ソウル時事】日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避をめぐり、韓国大統領府高官は24日、日本政府の発表内容などについて、外交ルートを通じて強く抗議したと明らかにした。日本側は理解を示し、謝罪したという。23日の日韓外相会談でも韓国側はこうした立場を伝えた。韓国政府は、日本の報道が韓国国内世論に影響を与えかねないことに神経質になっているもようだ。

>大統領府高官は輸出管理強化をめぐる日本の経済産業省の発表が「当初合意していた内容を意図的にねじ曲げた」と批判。また、一部報道が「韓国が米国の圧力に屈した」「日本外交の勝利だ」などと伝えた日本政府高官の発言に対し「牽強(けんきょう)付会だ」と非難した。

>また、GSOMIAと韓国向け輸出管理強化措置の問題は「次元が異なる」としていた日本政府の説明が「今回、事実上破られた」と主張。文在寅大統領の外交が「判定勝ちした」と誇示した。





そんなことは言っていない、定期… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





Yahoo!ニュース;韓国大統領府、GSOMIA巡る日本側発表に抗議…「合意内容を歪曲」 11/24(日) 21:00

>韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長は24日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)失効回避に関連する日本政府の発表に合意と異なる点があるとして、外交ルートで日本に抗議したことを明らかにした。釜山市内で記者団に語った。

>鄭氏は、対韓輸出管理を巡る日韓局長級の政策対話を再開するとの経済産業省の22日の発表について、「韓日間の合意内容を意図的に歪曲(わいきょく)した」と不快感を示した。

>経産省は22日の発表で、対韓輸出管理の厳格化措置は当面維持する方針を示した。政策対話とGSOMIAは無関係だとも強調している。韓国側は、政策対話を輸出管理厳格化の撤回に向けた一歩と位置づけており、日本側の説明が不満だったようだ。鄭氏は、韓国の抗議に日本側から謝罪があったと主張したが、日本の外務省幹部は取材に対し、「そのような事実はない」と否定した。

>韓国内では、GSOMIAの失効回避に応じたのは一方的な譲歩だとの批判もある。日本に抗議することで、国内の批判をかわす狙いがありそうだ。






聨合ニュース;韓国大統領府「安倍氏発言、良心の呵責ないか問いたい」=韓国の判定勝ち 2019.11.24 20:38

>韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を条件付きで延期する決定をしたことについて、日本側から「譲歩なしに外交交渉で勝利した」との趣旨の報道が続いている問題で、韓国青瓦台(大統領府)は24日、「意図的に歪曲したもので、牽強付会」と強く反発した。

>日本メディアの報道によると、安倍晋三首相は韓国によるGSOMIA終了の条件付き延期決定後、「日本は一切譲歩していない」と発言したとされる。これに対し、青瓦台高官は「メディアに報じられた安倍首相の発言が事実なら極めて失望する。日本政府の指導者として果たして良心の呵責(かしゃく)を感じずに言える発言なのか、問わざるを得ない」と指摘した。

>青瓦台は特に、日本政府が誇張した発表をしたことに対し、外交ルートを通じ日本側から謝罪を受けたと説明した。

>朝日新聞が安倍首相の発言を報道したのに続き、産経新聞は23日、「ほとんどこちらのパーフェクトゲームだった」とする日本政府高官の発言を報じた。経済産業省の飯田陽一貿易管理部長は22日に記者会見を開き、「(半導体材料の)個別審査で輸出を許可する方針に変化はない」と説明した。

>鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長はこの日、韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議(25〜27日)が開催される釜山で記者団に対し「GSOMIA延長と日本の対韓輸出規制に関連した韓日両国の合意についての発表を前後した日本側のいくつかの行動に対し、われわれとしては深い遺憾を表するしかない。今後、このような行動が繰り返されれば韓日間の交渉進展に大きな困難が生じかねないと憂慮する」と述べた。

>鄭氏はまず、「経産省の発表をみると、韓日間で当初それぞれ発表することにした日本側の合意内容を意図的に歪曲または誇張して発表した」と指摘。「これは韓日間で了解した内容と大きく異なるだけではなく、こうした内容なら合意そのものが実現しなかった」と強調した。

>経産省は、韓国側が先に世界貿易機関(WTO)への提訴手続きの中断を打診し、協議が始まったと発表している。鄭氏は「絶対に事実ではない」とし、「韓国側がGSOMIA終了を延期すると通告してから協議を提案してきた」と説明した。さらに、「個別審査で輸出を許可する方針に変化はない」とした経産省の発表も、両国間で事前に調整した内容とは全く異なると強調した。

>鄭氏は「外交勝利」「パーフェクトゲーム」などといった日本側の主張は道理に合わないことを無理にこじつける牽強付会とした上で、日本のこうした一連の行動は外交交渉での信義に反するもの」と批判した。また、「むしろ、GSOMIAに対し、韓国が難しい決定をしてから、日本側が歩み寄った。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の原則と包容の外交が判定勝ちしたと評価する」と述べた。






hinata_002.jpg














posted by kwazz at 04:12| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

精神勝利で、今日はこれぐらいにしといたるわ!

中央日報;青瓦台「日本、輸出規制再検討の意向見せGSOMIA終了延期」 2019.11.24 09:33

>青瓦台(チョンワデ、大統領府)は23日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了延期決定の背景を「日本が3品目に対する輸出規制措置再検討と『ホワイト国』の意向を見せたため」と明らかにした。

>青瓦台核心関係者はこの日記者らと会い、「輸出規制措置を撤回する案をどのように用意するのか議論するための当局間対話が復元されるとみる」としてこのように話した。

>青瓦台は前日にGSOMIA終了通知の効力を停止し、日本側の3品目の輸出規制に対する世界貿易機関(WTO)提訴手続きを停止することにしたと発表した。

>同関係者はGSOMIA終了延期の条件である日本の措置時点が抜けているようだとの指摘に対し、「日時を想定していない」としながらも「かたくなに待つことはできない」と明らかにした。

>その上で「われわれはいつでも対話で問題を解決していこうと考えるが現状況が継続して解決されなければWTO提訴手続きなどはいつでも再稼働できる」と強調した。

>また「韓国政府の判断に米国の立場がどれだけ反映されたのか」との質問には、「GSOMIAは韓日間の問題」としながらも、「理解を求める過程が必要で同盟関係の米国に韓国の立場を積極的に説明した」と伝えた。





かの国の、勝手な思い込みによる、独善的な希望的観測と。

日本側、お約束定期での、そんなことは言っていない… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;韓国、GSOMIA失効“回避”の全舞台裏! 親韓派暗躍も「一切妥協なし」の姿勢崩さず完勝、徴用工で“追撃”も 2019.11.24

>韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、土壇場で降伏した。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)直前の22日夕、失効を回避する方針を日本側に伝えてきたのだ。日本の輸出管理厳格化に狂乱し、無関係な「GSOMIA破棄」というカードを振り上げてみたが、安倍晋三政権は毅然(きぜん)とした姿勢を崩さず、同盟国・米国からも恫喝(どうかつ)され、一時撤退を選択せざるを得なかった。韓国の「外交的自爆」といえるが、文政権の「反日・離米・従北・親中」方針は変わっていない。いわゆる「元徴用工」の異常判決で生じた国際法違反状態も続いている。文政権には、決然と対応するしかない。

>「北朝鮮への対応のために、日韓、日米韓の連携協力は極めて重要だ。韓国も戦略的観点から判断したのだと思う」

>安倍首相は22日夕、GSOMIAの失効が回避されたことについて、官邸で記者団の取材にこう応じた。笑顔はなかった。事実上、「レッドチーム入り」している文政権とは、他にも問題が山積しているからだ。

>韓国大統領府(青瓦台)の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長は同日の記者会見で、「GSOMIAの破棄通告の停止」「日本の輸出管理厳格化に関する世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを停止」などを発表した。

>ほぼ全面降伏といえる内容だが、国内向けのメンツのために、金氏は「いつでも協定を終了できる前提の決定」だと強調した。別の大統領府高官も「原因は日本がつくった」「(協定延長は)日本の態度にかかっている」と強がっているという。

>吉本新喜劇の池乃めだかが、ボコボコにやられた後、「よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ!」と言っているようなものだ。「お笑い」「哀れ」というしかない。

>今回の外交勝利は、まず日本政府が、韓国の「輸出管理厳格化の撤回要求」を断固として拒否したことが大きい。

>これまで日韓間に問題が発生すると、永田町や霞が関の親韓議員や親韓官僚が暗躍して、「水面下での妥協」を迫っていた。左派メディアも、これに協力していた。今回もそうした動きはあったが、安倍首相は官邸に外務省幹部らを集めて、「日本は間違っていない」「一切妥協するな」と強く指示した。

>ドナルド・トランプ米政権も、日本側に立った。

>外交・安保関係者の間では、GSOMIA破棄で最も影響を受けるのは米国との見方が強かった。日本は独自の情報収集衛星を7基も保有し、世界最高レベルの対潜能力を持ち、破棄されても大して困らない。

>韓国は偵察衛星を持たず、対潜哨戒機の老朽化も指摘されており致命的だ。米国は朝鮮半島有事などの際、在韓米軍と在日米軍が連携して迅速に対処することが不可欠であり、一貫して日米韓協力を推し進めてきた。韓国の「GSOMIA破棄」はこうした流れに逆行するものだ。

>そこで、「安倍首相は、トランプ大統領に対し、いかに韓国の対応がおかしいかを繰り返し説明してきた」(外務省関係者)。政府高官によると、米国は「トランプ大統領は、安倍首相側に立つ」と、明確に韓国側に伝えていたという。

>米国は先週、マーク・エスパー米国防長官や、米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長を相次いでソウルに送り込み、文政権に「強い圧力」をかけた。ミリー氏は訪韓直前、「相当、ガツンと言ってくる」と、日本で会談した茂木敏充外相に語っていた。

>韓国の完敗で終わった「GSOMIA騒動」だが、前述したように文政権下では、日韓請求権協定(1965年)を反故(ほご)にするような、いわゆる「元徴用工」の異常判決や、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射事件など、放置できない懸案・問題がまだまだある。

>韓国情勢に精通する朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「文政権は、本丸の徴用工問題でも譲れば、来年春の総選挙は勝てない。今後は『徴用工問題では譲らないぞ』と国内外に示してくるはずだ。韓国側の判決で賠償を命じられた日本企業の保有資産の現金化も、より可能性が出てくる懸念がある。徴用工問題には、米国はタッチしてはこない。日本だけの力で韓国と向き合わねばならなくなる。韓国との対立は一層、激しくなるはずだ。『勝って兜の緒を締めよ』で、毅然と対応すべきだ」と語っている。






shamiko_001.jpg














posted by kwazz at 18:25| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

やればやるだけ、ブーメラン…w

zakzak;安倍首相の後援会主催「前夜祭」問題 共産党のバス旅行も構図が酷似!? 会費制で政治資金収支報告書への記載なし 2019.11.23

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の前日に行われた「前夜祭」をめぐり、共産党や立憲民主党などは「会費5000円は安すぎる」「会費の流れが不明確だ」などと追及している。こうしたなか、ネット上では、「共産党のバス旅行も構図はソックリ」と指摘されて盛り上がっている。

>まず、「前夜祭」は、安倍首相の後援会主催の会費制パーティーで、事務所がホテルニューオータニの会場で集金して、ホテル名義の領収書を渡し、そのままホテル側に渡していたという。

>安倍首相は、後援会としての収入、支出は一切ないとして「政治資金収支報告書への記載は必要ないと認識している」と説明している。

>これに対し、左派野党は「会費が安すぎる。事務所が補填(ほてん)したのでは」「ツアーの収支は政治資金収支報告書に記載する必要があり、政治資金規正法違反だ」などと批判している。

>ところが、東京の共産党練馬地区委員会の後援会が今月10日に実施した、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズへの「日帰りバス旅行会」について、ネット上で「前夜祭と構図が似ている」「党の補填はないのか?」などと、プチ炎上している。

>パンフレット画像によると、バス旅行は練馬区共産党後援会の旅行実行委員会が主催し、会費は大人9800円(=往復バス代、食事代、入館料、保険料含む)。「昼食・松花堂弁当」と豪華な写真付きで掲載されていた。

>関係者によると、旅行は毎年恒例の親睦イベントで、旅行代金は参加者から後援会の口座に振り込まれ、旅行会社に支払われていた。練馬地区委員会の後援会はこれまで政治資金収支報告書には記載してこなかったという。

>そこで、夕刊フジは19日、練馬地区委員会に、(1)会費などで党所属の都議や区議の補填はあったのか(2)会費の出入りはいずれ収支報告書に記載するのか−などを質問状で尋ねた。

>練馬地区委員会からは20日、「後援会の旅行の費用は自弁して行われており、他からの補填は一切なく、何の問題もない。なお、今年の旅行会の結果は、国政で大問題になっていることも考慮し、『政治資金報告書』に記載する予定と聞いている」と書面で回答があった。





そもそも、今まで慣例だったものを。

ことさらアベガーで、後先考えず騒ぐものだから。

全方位、ブーメラン… (*´∇`) アハハ





zakzak;【ニュースの核心】野党議員はガセ情報流し…大騒ぎした揚げ句、事実関係すら間違える 「桜を見る会」批判の軽薄さ 2019.11.23

>首相が主催する「桜を見る会」が炎上している。安倍晋三首相は批判を受けて、来年の開催中止を発表した。この騒動をどう見るか。

>最初に断っておくが、私も「内閣総理大臣」と送り主が印刷された招待状を受け取ったことがある。正確に覚えてはいないが、もう何年も前だ。それから毎年、来ていたが、私は1回も出席したことがない。それで、そのうち招待状が来なくなった。こんな騒ぎになるなら、無理してでものぞいておけばよかった。

>百聞は一見にしかず。体験していれば、ネタになったのに、まことに残念だ。自分の出不精を反省している。

>報道によれば、それなりに活躍している政治記者やジャーナリストたちには、招待状が届いていたようだ。「オレにも来たぞ」とうれしそうな顔をする記者もいた。

>だから、自分は出席しておきながら、いまになって批判している記者がいるとすれば、まったく不見識というかデタラメだ。かと思えば、出席の事実を伏せたまま、コメントしている有識者もいる。私は、そういう態度を信じられない。不誠実だ。

>後援会関係者を含めて親しい人たちに声をかけるのは「長年の慣行」だった。それが問題と思うなら、もっと早くから指摘すればいい。少なくとも自分が出席していれば、分かったはずだ。

>私は桜を見ながらゴルフをするのは好きだが、お花見はどうでもいいので、桜を見る会に関心はなく、特段の問題意識もなかった。

>さて、来年は中止と決まったが、野党は「これで一件落着にはさせない」と息巻いている。だが、野党が拳を振り上げれば上げるほど、批判はブーメランになって、野党に戻っていくのではないか。

>なぜなら、民主党の鳩山由紀夫政権当時でも、実質的に後援会活動の一環とみられてもやむを得ない例があったからだ。例えば、国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で「議員1人当たり4人の推薦枠があった」と認めている。

>そうだとすれば、安倍政権だけがどうした、という話ではない。参加者の選定基準や議員推薦枠の扱い、出席人数など会のあり方を見直す。そのうえで、再開すべきかどうか考えればいい。安倍政権はそのように動いている。

>私は、あえて会を廃止する必要はないと思う。この会には各国大使も招いている。政府が各国外交団や各界功労者などに声をかけて、日本を象徴する桜をめでる1日があってもいい(=そうなったら当然、私などに声がかかるわけもない。やはり、出席しておけばよかった)。

>野党は中止と決まると、安倍首相の後援会がホテルで催した「前夜祭」の参加費が「5000円とは安すぎる」と批判の矛先を変えた。ついでに、「銀座の有名寿司店が出店していた」と言い出し、店側が完全否定したので、すぐ間違いと分かった。店はいい迷惑だろう。

>ガセ情報を流した野党議員はきちんと謝罪したのだろうか。こんな他愛もない話で大騒ぎした揚げ句、事実関係すら間違えて批判する。実に「軽い人たち」である。






joh_001.jpg














posted by kwazz at 18:00| Comment(0) | 日本共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテリぶってるだけの、羽織ゴロですから…w

zakzak;「桜を見る会」報道…左派メディアの一線記者がボヤキ節?「社長クラスから『書け!』と命令が…」 2019.11.22

>首相主催の「桜を見る会」をめぐり、左派野党と左派メディアは安倍晋三政権を猛烈に批判している。「公費私物化」や「前夜祭」疑惑など、次々と焦点が移ってきている気がするが、現場の記者はどんな思いで記事を書いているのか。左派メディアの一線政治記者に本音を聞いた。

>左派メディアは20日午後から、「安倍首相が、桜を見る会の招待客の推薦に関与していた、と認めた」などと大々的に報じた。中には「黒地に白抜き」という大ニュース級の扱いをする新聞もあった。

>夕刊フジでは、左派メディアの一線記者を直撃した。

>「現場では、本当は『大した話ではない』『他にも国政・外交の重要課題がある』と分かっている。モリカケ問題より、スケールははるかに小さい。でも、社長クラスから『書け!』と命令があって、やるしかない」

>「命令」とは、どういうことか。

>「安倍首相の国会答弁が安定しない(=答弁修正した)ので、『野球の試合で相手投手に球を投げさせ、疲れさせるように、連日、書け』って…。安倍内閣を精神的な疲労に追い込むということだ」

>民主党の鳩山由紀夫首相時代にも「桜を見る会」に1万人を招待していた。

>「人数が5倍、10倍に膨らんだワケではない。公費私物化というが、与野党とも『同じ穴のムジナ』だと分かっている。臨時国会も残り3週間。安倍首相が表で話す機会もわずかだ。来週には野党の勢いも、うちの扱いもしぼむのではないか」





そのマスゴミの下請けに成り下がり、政権の揚げ足取りばかりで。

まっとうな政策論議もないままに、国会をワイドショー化しちゃってる。

国民の敵、無能野党… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;【突破する日本】朝鮮半島「レッド化」脅威にさらされる日本 「憲法改正」など抑止力強化急務だが国会は… 2019.11.23

>韓国が「レッドチーム入り」し、米国と中国の双方から痛い目に遭うのは自業自得だが、朝鮮半島全体が「レッド化」するのは、わが国の安全保障にとって脅威だ。

>日本は朝鮮半島が大陸の影響下に入ったときには、決まって安全保障上の脅威にさらされる。古くは唐と新羅の連合軍に敗れた「白村江の戦い」、元と高麗の連合軍による二度の「元寇」、何れも国家存亡の危機だった。

>明治以降も、朝鮮半島が大陸の勢力下に入ることを恐れて、日清・日露の戦争を行った。勝ったから良かったものの、負けていれば今の姿の日本は存在しない。

>韓国の「レッドチーム入り」は、「レッド」との境界線が北緯38度線から、対馬海峡に降りることを意味する。毎日のように中国の公船の侵入にさらされている沖縄県・尖閣諸島に加え、対馬海峡でもレッドの脅威にさらされることになる。韓国は現時点でも、長崎県・対馬の領有を主張している。

>安倍晋三首相の通算在職日数が20日、戦前の桂太郎を超え、歴代最長となった。桂と異なり、第2次政権発足以降、連続して政権に就いていることには効用がある。外交上、世界のリーダーになれることだ。

>ドナルド・トランプ米大統領も何かと安倍首相に相談している。朝鮮半島情勢が流動化している現在の課題は、まずは「日米同盟を強化」することだ。レッドチームに対抗して、自由社会を守る抑止力を日米が協力して持たなければならない。レッドチームを包囲する「自由で開かれたインド太平洋戦略」を、日米、さらにオーストラリアなどと協力して進めることも重要だ。

>国内問題では、憲法改正を実現しなければならない。最低でも憲法に自衛隊を明記することだ。それだけでも自衛隊の法的根拠が法律から憲法に格上げされ、抑止力は高まる。

>だが、国会の姿は見るも無残だ。

>安倍政権が長期化するなかで、最低賃金の引き上げや働き方改革など、本来、労働組合を基盤とする野党が主張すべき政策を行った。野党には役目がなくなった。そこで、「行政監視」という名の「政権の揚げ足取り」を自らの務めとするようになった。

>今国会では、本来は憲法改正のための国民投票法の改正案が審議されるはずだった。しかし、主要野党は憲法改正阻止のためにサボタージュしている。その余裕はわが国にあるのか。憲法改正を含む抑止力の強化がなければ、レッドチームの脅威にさらされる。

>共産党はそれも望んでいるかもしれないが、旧民主党系は自由社会を残したいだろう。

>それとも、韓国と同様、何かに取りつかれ、合理的判断ができなくなっているのか。






アノニマスポスト;薬師寺克行・東洋大学教授(元朝日新聞)「安倍内閣支持率はなぜ下がらないのか… 硬派メディアの報道が国民に届かない」〜ネットの反応「ガチガチの左の硬派だからダメなのでは?」「マスゴミの自己評価の高さは異常」 2019.11.23

>安倍内閣の支持率はなぜ下がらないのか

憲政史上、最長の首相在職日数を更新した安倍晋三首相だが、9月に内閣改造をして以降、いい話がまったくない。

 新たに閣僚に起用した菅原一秀・経済産業相と河井克行・法相が不祥事を理由に相次いで辞任した。11月に入ると2020年度の大学入学共通テストから実施予定だった民間英語試験の導入の延期を決定し、受験界に混乱を招いた。その話題のほとぼりが冷めない中、首相主催の「桜を見る会」が実質的に公費を使った安倍首相の後援会活動の場となっている問題が表面化した。

 これだけ悪い話が続けば、新聞やテレビが実施する世論調査で内閣支持率が急落するはずだ。ところが不思議なことに、11月中旬に各社が実施した世論調査の結果を見ると、内閣支持率は何事もなかったかのように安定しているのだ。

■内閣発足以来、支持率は50%前後を維持

 朝日新聞の結果は、「安倍内閣を支持する」が44%で、前月に比べると1ポイント下がっただけだった。NHKの調査結果も47%で、やはり前月に比べて1ポイントの低下。読売新聞は支持が49%だが、下落は6ポイントにとどまっている。

 2012年12月に発足した安倍内閣の支持率は、当初は60%台と高い数字だったが、その後下がったものの、ほぼ一貫して50%前後を維持している。特定秘密保護法や安全保障関連法など批判の強かった法律を強引に成立させても、あるいは安倍首相自身の関与が追及された「モリカケ」問題で国会が紛糾したときも、支持率が急落することはなかった。



■硬派メディアの報道が国民に届かない

1つは政権を取り巻く政治的環境の変化を上げることができるだろう。自民党内に安倍首相に代わる有力な政治家がいない。自民党にとって代わりうるような野党も存在しない。民主党政権の混乱と崩壊の記憶が鮮明であり、政治の混乱より安定を歓迎する空気が強い。第2次安倍内閣では経済も外交も、大きな改革や進展はないものの安定している。だから、「何となく今のままがいいから、支持する」という空気が広がっているのだろう。

 朝日新聞の11月の世論調査結果を見ると、「安倍政権が長い間、続いている理由」についての質問に、82%が「ほかに期待できる人や政党がない」という回答を選択している。安倍首相以外に選択肢がなければ、現状維持を選ぶしかない。安倍内閣の支持率は明らかに消極的選択である。

 一方で、かつてであれば当然、内閣支持率の低下につながったであろう首相や閣僚の不祥事、政策の問題などが相次いでいる。にもかかわらず世論調査の数字に反映されない最大の理由は、新聞やテレビなどの伝統的なメディアと国民の間に以前はなかったような乖離が起きているためだろう。

 新聞やNHKニュースは、多少の濃淡はあっても、安倍首相が絡む不祥事や閣僚の辞任、政策の大きな失敗などを詳細かつ批判的に報じている。こうした姿勢に大きな変化はない。ところがこうした「硬派メディア」のメッセージが、今の時代、国民にどれだけ伝わっているのであろうか。

 若者を中心に情報源の中心はスマホを使ったSNSなどに移っている。電車の中など移動中に、ツイッターなどを使って断片的な情報を片手間に得ている。仕事を終えてじっくりと新聞を読んだり、テレビのストレートニュースを注視することなどほとんどないだろう。

 となると、政治家の倫理観の欠如などの問題を、硬派メディアがいくら力を入れて説いたところで、多くの国民には届きようがない。そもそも基本的な事実関係さえ十分に伝わっていない可能性がある。その結果、多くの国民にとって、永田町や霞が関は、何も見えない別世界になっているのではないだろうか。

 そういう人たちを対象に行うマスコミの世論調査の結果はいかなる意味を持つのだろうか。少なくとも内閣支持率に実態が伴っていないことは間違いないだろう。

 国民が政治について正確で十分な情報を手に入れ、主体的に判断することなくして民主主義は機能しない。そういう意味では、不祥事を起こした首相や閣僚らがきちんと説明しないことが最大の問題である。さらに、情報をきちんと伝えるべきマスコミが社会の変化に十分対応できていないことにも問題があるのではないだろうか。そして、スマホでの断片的情報に満足している国民にも問題がある。

 その結果、変動の少ない内閣支持率が安倍内閣に正統性を与え、政権の長期化に寄与しているのだ。

薬師寺 克行 :東洋大学教授
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00315728-toyo-bus_all
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00315728-toyo-bus_all&p=3

薬師寺 克行(やくしじ かつゆき、1955年 – )は、日本のジャーナリスト、政治学者、東洋大学教授。
岡山県生まれ。1979年東京大学文学部卒、朝日新聞社に入り政治部記者、政治部長・論説委員、『論座』編集長など。2011年東洋大学社会学部教授[1]。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


>ネットの反応

硬派メディア?
メディアに成りすました特アの扇動機関がウソニュースを乱発しているだけだろ
特にGSOMIA絡みで最近は本当に酷い

マスゴミの自己認識の甘さには呆れかえるわ

フェイクニュースと願望記事ばかりだからだよ

イイ世の中になったもんだ

ガチガチの左の硬派だからダメなのでは?

自民党が良いわけではない。
野党が無茶苦茶なだけだろ
自分達がやってる事を棚に上げ、揚げ足取りばかりしてんだから

硬派メディアw
売国メディアって認識されてるからだろ

硬派?w
朝から笑わせるなwww

まだこういう頓珍漢な解釈してるのか おまえらが一番見えてないじゃん

言うこと聞いてくれなくて悔しいなあマスコミさん

報道を出すたびに捏造をバラされるからでしょ

それを追及している野党が政権だった時代の桜をみる会でも何していたかとかも知ってるからだろ。
テレビじゃほとんど報道しないて追及する立憲民主党は清廉潔白みたいな扱いしてるから逆に嫌悪感が増える

自分で硬派って言っちゃう人って

また国民が悪いときたよ

認識力理解力分析力皆無だなオッサン
全て的外れだ

硬派だかなんだか知らんが
国民がメディアを信用してないからだろ
中国韓国のためなら捏造もいとわない戦時中の大本営発表みたいなもとだと理解されている

テレビ新聞が一番信用できないからな

硬派
硬直したメディアってことかな

硬派の意味が日本と違うんだろ

硬派メディアの論客は性犯罪者ばかりじゃねえかw

硬派なのがいいという謎の価値観
思考も硬化しているのだろう

x硬派
o時代遅れ

マスゴミの自己評価の高さは異常






kagami_tsukasa_002.jpg














posted by kwazz at 17:50| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーフェクトゲーム、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

FNN PRIME;【速報】土壇場GSOMIA終了せず 日本政府歓迎の一方 懸念も 2019年11月22日 金曜 午後7:00

>韓国がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を延長する決定をしたことについて、日本政府の反応。

>政府内には、延長の決定を歓迎する声がある一方で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の外交下手が露呈したとの冷ややかな声もある。

>これまでのところ、政府内には「延長の決定は当然のことだ」という受け止めが多くある一方で、「文大統領が勝手に興奮して、ハードルを上げて自爆しただけだ」と厳しく批判する関係者もいる。

>また、「韓国の対応が再び変化する可能性はある」と懸念を示す声もあり、日韓関係が本格的に改善の方向に向かうかは見通せない状況。





勝手にハードルを上げて、勝手に自爆した、リスカブス… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;日本政府高官「ほとんどパーフェクトゲーム」 GSOMIA 米国が韓国に圧力かける構図に 2019.11.22 23:42

>日本政府は、韓国からの輸出管理厳格化の撤回要求を拒否し続けた上、米国が韓国に圧力をかける構図を作り上げたことが、韓国政府の今回の決定につながったとみている。日本政府は貿易管理をめぐる当局間の協議再開には応じるものの、「一切妥協はしない」(政府高官)方針だ。

>「ほとんどこちらのパーフェクトゲームだった」

>韓国政府の突然の方針転換に日本政府高官はこう語った。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告を改めさせ、日米韓の安全保障協力が維持されるからだけではない。日本側の予想を超え、韓国が輸出管理の厳格化をめぐる世界貿易機関(WTO)への提訴手続きまで見合わせたからだ。

>韓国側は8月下旬、日本政府による対韓輸出管理厳格化への対抗措置としてGSOMIAの破棄を決定し、破棄撤回の条件として輸出管理厳格化の見直しを求めていた。

>韓国側の態度が変化したのは「ここ2、3日」(政府筋)だったという。

>日本政府は「GSOMIAと輸出管理は次元が違う」として韓国側が設定した土俵には乗らず、「賢明な対応」(菅義偉官房長官)を促し続ける戦術を徹底した。政府高官によると、米国は「トランプ米大統領は安倍晋三首相側に立つ」と韓国側に伝えており、日本政府は米国の韓国に対する圧力が非常に強かったとみている。

>日本政府は、日韓共通の同盟国である米国と課題意識を共有してきた。外交・安保関係者の間では、GSOMIAの破棄で最も影響を受けるのは米国だとの見方が強いからだ。外務省関係者は「首相はトランプ氏に対し、いかに韓国の対応がおかしいかを繰り返し説明してきた」と明かす。

>さまざまなレベルでの働きかけの結果、GSOMIAの破棄は米韓の問題でもあるとして「米国から韓国にガンガン言ってもらう」(外務省関係者)形に持ち込むことに成功した。

>文在寅政権は強気の言動を繰り返していたが、日本側のぶれない姿勢と米国の強い圧力を前に、実際は「追い詰められていた」(官邸関係者)とみられる。

>首相は22日夜、森喜朗元首相らと東京都内で会食した。出席者によると、首相はGSOMIAの失効回避について「よかった」と話していたという。




















posted by kwazz at 04:52| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

追求チームを追求本部へ、格上げ…w

テレ朝news;「桜を見る会」で野党“追及本部” 調査態勢を強化 2019/11/22 12:03

>安倍総理大臣主催の「桜を見る会」を巡り、野党側は調査態勢の強化を図ります。安倍総理の地元にも調査に入るなど、実態解明への取り組みを加速させます。

>立憲民主党・安住国対委員長:「総理は委員会で一問一答の質疑を全くしていない。そういう点で言えば、これからだと私は思っています」

>野党の追及チームは招待者を選ぶ際の経緯や、安倍総理の後援会が開いた夕食会などについて調査を進めています。立憲民主党の安住委員長は週明けには「追及チーム」を格上げして「追及本部」を立ち上げると明らかにし、実態解明への取り組みを加速させると強調しました。追及本部にはれいわ新選組も加わり、合わせて70人余りの議員が安倍総理の追及に向けて動き出すとしています。





内政、外交、まっとうに論戦を挑むだけのオツムもないポンコツ野党は。

さて、来年の桜の時期まで、少年探偵団ゴッコか? … (´▽`*) アハハン♪





zakzak;【有本香の以読制毒】「『桜を見る会』追及ごっこ」国会の惨状…東アジア動乱期を迎える中、問われる安倍政権の「真価」 2019.11.22

>東アジアはいま、動乱期を迎えている。

>最も衝撃的なところから挙げると、香港はすでに内戦状態だと言って過言でない。1997年の香港返還時、自由で豊かで、面白い街だった香港が、約20年後に「天安門」化すると予想した日本人がどれほどいたことか。

>筆者と筆者の周囲は、当時から香港の行く末を悲観的に見る「少数派」集団ではあったが、それでも今年6月以降の、悪い方向への展開の速さに驚いている。

>この機に、米国連邦議会上院は「香港人権・民主主義法案」を速やかに可決した。法案の概要は、一国二制度の下で香港が自立した存在であることを確認し、過去に起きた書店店主やジャーナリストの拉致監禁についての真相究明を求め、これらの責任者が判明し次第、当該人物の米国内の資産を凍結するというようなものである。

>米連邦議会のこの動きに対し、「法律など、どうせお題目。その通りに実行できっこない」などと、訳知り顔で小バカにする声が日本国内にある。恥ずかしい限りだ。

>そんな偉そうなことを言う君の国はどうなんだ、と米国人に問われたら、一体どう答えるつもりか。香港の「ほ」の字も質問せず、「『桜を見る会』追及ごっこ」に狂奔するわが国の国会の惨状でも話そうというのか。

>とにかくいま、香港情勢に関して、香港当局と中国政府への牽制(けんせい)に動く者を揶揄(やゆ)などしている場合ではない。

>目下香港が内戦状態であるにもかかわらず、中国の国家主席を数カ月後、国賓で迎えようという安倍晋三政権の真意も理解不能だ。別の意図があるにせよ、これは政権の命取りになる可能性がある。

>それどころか、新しい御代の幕開けのときに、日本が致命的な汚点、恥の記録を世界史に刻むことにもなりかねない。

>朝鮮半島に目を転じると、韓国は日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の期限(23日午前0時)が迫るなか、いまのところは、米国の説得にも応じない構えを見せている。あと数日で答えは出るが、いずれにせよ、韓国の「従北・親中」傾向が容易に変わるわけでなし。もはや朝鮮半島全土が日本の「敵」となった、という覚悟を決めておいて損はない。

>こうしたタイミングで、利にさといドナルド・トランプ米政権は、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の増額を求めてきた、と報じられた。要求額は、何と現状の約4・5倍にあたる年約80億ドル(約8640億円)。吹っかけにしても法外だが、これが国会でもメディアでも大きな話題になっていない(=菅義偉官房長官は『そのような事実はない』『現時点で交渉は日米間で行われていない』と否定している)。

>■トランプ&習と、どんなディールをするのか

>日米関係で言えばもう一つ、日米貿易協定が異常なほどすんなりと衆議院を通過している。

>野党不在どころか、国会不在のなかで、米国との関係はますます強化されていく。現状、それが日本の安全を確保する唯一の策だということは分かるが、日米関係への過剰な依存が、日本の将来にいかなる副作用をもたらすか。このあたりは本来、火花散る論戦をすべきところである。

>まさに日本に危機迫る現状にありながら、国会はどこ吹く風だ。野党は80億ドルどころか、5000円の宴会料金の明細書に血道を上げ、ホテルを虐める始末。与党側にも、このグダグダを、体を張って正す気概は見られない。

>こうしたなか、通算在職日数が歴代最長の記録を更新した安倍首相は果たして、4・5倍増額の請求書を寄越しかねないトランプ政権と、どんなディールをするのか。中国の習近平国家主席を国賓として迎えるのか。まさに政権の真価が問われるときである。






tantei_001.jpg







 






posted by kwazz at 14:21| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

謝ったら負け、だもんな…w

FNN PRIME;「桜を見る会」首相や夫人の推薦枠を野党追及 一方“民主党政権も政治利用”浮き彫りに 2019年11月21日 木曜 午前11:55

>「桜を見る会」について、野党は、安倍首相や昭恵夫人の推薦枠などをめぐって、攻勢を強めている。

>「桜を見る会」をめぐっては、20日、安倍首相側の推薦がおよそ1,000人で、昭恵夫人の推薦も含まれていることがわかった。

>野党は、安倍首相の答弁に矛盾があるとして、追及を強める構え。

>国民民主党・原口国対委員長は「政治の私物化もここに極まったと言わざるを得ない」と述べた。

>一方、民主党政権の2010年に「桜を見る会」を主催した鳩山元首相も、地元支援者を招いていたと明らかにした。

>鳩山元首相は「『桜を見る会』というものがあったのですから、それは利用させていただいたことは事実」、「総理として、ほかの議員より大勢の方を招いた。たぶん数十人」などと述べた。

>また、元民主党の細野元環境相は、ツイッターで「招待枠があった」としたほか、元民主党で、現在は自民党の長尾敬議員は、「『桜を見る会』を後援会固めに使うよう、民主党本部から指示を受けた」と明かしていて、公費で開かれる「桜を見る会」を、時の政権が政治的に利用してきた実態が浮き彫りになっている。





ブーメランが、倍返し、三倍返しで… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;立憲民主・石川議員の「久兵衛」“誤報”発信を追及! 野党側は明確な謝罪なく 2019.11.21

>■店主・今田氏「加担したようなイメージを付けられるのは、どうなのか…」

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前日に開かれた「前夜祭」をめぐり、左派野党やメディアは「高級すし店『銀座久兵衛』のすしが提供された」などと批判した。久兵衛側は否定したが、野党側から明確な謝罪はない。「第2の偽メール事件」と指摘する声もあるなか、夕刊フジはツイッターで実名批判した立憲民主党の石川大我参院議員に質問状を送った。

>《【独自調査:やはり公選法違反!】 「桜を見る会 前夜祭」が久兵衛の寿司つき5000円会費で開催された件。事務所でホテルニューオータニに見積を独自に依頼、先ほど届きました。同様の条件で800人の宴会。ひとり13127円。やはり差額供与で公選法違反濃厚。予算委員会の集中審議で安倍総理が説明すべき》

>石川氏は14日、ツイッターでこう発信した。

>国会議員は、国民の税金から支出される歳費や文書通信交通滞在費、国政調査権などを駆使して疑惑などを調査する。

>石川氏は、「久兵衛」のすし提供も入った、ホテルでのパーティーの「見積書」を公表した。これは、テレビのワイドショーやスポーツ紙などでも大きく取り上げられた。公人として調査・発信した以上、石川氏には確証があるはずだ。

>そこで、夕刊フジは18日、石川氏に以下のような質問状を送った。

 (1)「銀座久兵衛」主人の今田洋輔氏は「うちのすしは(前夜祭に)出していない」と証言している。久兵衛のすしが出た確証はあるのか?

 (2)久兵衛側がすしを提供していなければ、不確かな情報でメディアを巻き込み、政権批判をした「偽メール事件」を思い出す。謝罪や議員辞職などの対応をとるか?

 (3)石川氏が、ホテルニューオータニ側に「見積もり」を依頼した際、「安倍首相の桜を見る会についての調査」とことわりを入れたのか?

 (4)宴会などの開催予定もないまま「見積書」を出させたなら、「オータニ側への業務妨害になるのでは」との声もある。どう考えるか?

>石川氏からは19日、別表のような回答書が届いた。石川氏以外にも、左派野党には「久兵衛側がすしを提供した」と断定調で発信した議員もいるが、久兵衛側に謝罪したとは聞かない。

>久兵衛の主人、今田氏は「(すしの提供が)なかったものはない、それだけだ。何か(問題に、ウチが)加担したようなイメージを付けられるのは、どうなのか…。野党やメディアから謝罪は受けていない」と語った。

     ◇

>【石川大我参院議員、回答全文】

>ホテルニューオータニ東京の宴会でのすし提供がホテル内の「銀座 久兵衛」であることは、私のパーティーの見積を依頼した際、ホテル側から当方の事務所が説明を受けたものです。

>最初の私のツイートは「ホテル内の久兵衛のすしも振舞われたという」と伝聞形式でツイートしており、断定したものではありません。見積の際に上記の件が確認できたので、2回目のツイートをしました。誤解を与えたのであればおわび申し上げます。

>本件は、久兵衛のすしの提供があったかどうかではなく、どのような経緯、方法で安倍事務所がとりまとめたのか、「前夜祭」では会費5000円で提供されたものが適切であったかどうか、だと考えます。このような「桜を見る会」に関連するいろいろな疑問については安倍総理の責任であり、総理自らが国会の場で具体的に説明することを強く求めるものです。






kino_001.jpg














posted by kwazz at 18:15| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次から次へと、出るわ出るわ…w

共同通信;鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」 2019/11/20 23:12

>鳩山由紀夫元首相は20日、東京都内で開かれた会合で、旧民主党政権下の2010年に開催した「桜を見る会」に地元支援者を招待していたと明らかにした。記者団の質問に、人数は分からないとした上で「数十人のオーダーだと思う」と述べた。

>当時首相として桜を見る会を主催した鳩山氏は「会を利用して大々的に選挙活動をやろうという発想だったわけではない」と述べ、前日に夕食会を開いていた安倍晋三首相とは異なると強調した。

>首相推薦枠の存在は聞いておらず、招待者の選定にも関与しなかったと説明したが「他の議員よりは大勢を招いていたのではないか」と語った。





無責任野党、Doすんの、これ? … ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;立憲・安住氏の朝食会「原価」1人1739円 首相の会費5000円より安く 2019.11.20 20:03

>立憲民主党の安住淳国対委員長(衆院宮城5区)の資金管理団体「淳風会」が平成24年に都内のホテルで開いた政治資金パーティーで、会合の「原価」に当たるホテルの会場使用料が対価を支払った人1人当たりで1739円だったことが20日、政治資金収支報告書から分かった。

>野党は首相主催の「桜を見る会」に関し、安倍晋三首相の後援会関係者が前日に同じホテルで開いた「夕食会」の1人当たりの会費5千円を「安すぎる」と批判しているが、会場使用料などについてホテル側が柔軟に対応している実態が浮かび上がった。

>収支報告書によると、淳風会は24年4月23日と11月19日に朝食セミナーを開き、それぞれ収入は1062万円と1176万円で、対価を支払ったのは531人と588人。淳風会は会場使用料としてホテルに92万3326円と121万円を支払った。通常、使用料には飲食物の値段も含まれる。使用料を人数で割ると、1人当たり1739円と2058円。出席者が対価を支払った人の半数だったとしても、1人当たり5千円を下回る。

>安住氏の事務所は20日、産経新聞の取材に対し、「朝食会セミナーは適切に収支報告書に記載している」と答えた。






Share News Japan;旧民主党、桜を見る会の選挙利用… 「野田総理の下での桜を見る会、後援者の方等をご夫妻で招待いただく絶好の機会」 2019-11-21

>旧民主 桜を見る会の選挙利用

▼記事によると…

・テレビドラマ化もされた時代小説『旗本退屈男』を気取り、真っ正面から突き刺さるブーメランの傷痕を「天下御免の向こう傷」だと誇ってでもいるのか。立憲民主党の安住淳国対委員長は20日、今年4月開催の「桜を見る会」について記者団にこう強調した。

「公費を使った桜を見る会を、自民党また安倍晋三首相の選挙運動に利用していたことがはっきりした。本当にその税金を使って許されるのか、徹底的に問いただしていきたい」

2019.11.21(有料会員記事)
https://special.sankei.com/a/politics/article/20191121/0001.html

(略)

>▼ネット上のコメント

・こんなのこれからもボロボロ出てくるでしょ。後援者を呼ぶことは何十年間も慣例だったわけだし。だから私物化だのと騒いでも仕方がない。

・鳩山さんも野田さんもやっていたんでしょ?「桜を見る会」って著名人、その年の活躍した人などを呼ぶんだろうけど、自分の地元だって呼ぶに決まってるじゃん!それは自民でも民主党でも一緒なのに、今更大騒ぎして。立憲民主党はブーメランで質問返しされても大丈夫なのか?

・鳩山政権の桜を見る会をそっくりそのまま踏襲したらいいんじゃね?人から会場から料理から全部。

・レンポー:時効です。( ゚д゚)ポカーン

・スーパーブーメランやないかーい‼️

・最後の機会かもしれないことを感じていたのかもしれませんね。

・もうブーメランを投げずにはいられないんだなw






アノニマスポスト;<桜を見る会>東京新聞・望月イソ子がリツイート→ハッピー米山「昭恵氏の推薦枠もあったとか… 昭恵氏は完全な私人、公私混同以外の何物でもない」→2010年菅直人政権時→ 堀田記者「菅直人夫人が『あなたもいらっしゃいよ』と言ってくた。規則なんかないんですよ」 2019.11.21

>堀田記者

2010年の(桜を見る会)の時は総理夫人が、菅直人夫人が喜んで「あなたもいらっしゃいよ」と言ってくれました。規則なんかないんですよ。
(「国民民主党・玉木代表定例会見 2019年11月13日」より)

28分あたりから
















posted by kwazz at 15:35| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

ブーメラン、飛びまくりじゃないですか…w

zakzak;「桜を見る会」問題、立憲民主・海江田氏も「5000円」!? 夕刊フジ質問状に「きょうは回答できない」 2019.11.20

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の前日に開かれた「前夜祭(夕食会)」をめぐり、左派野党は「会費一人5000円は安すぎる」などと追及している。ところが、立憲民主党の最高顧問、海江田万里衆院議員の資金管理団体が提出した政治資金収支報告書を見ると、同じホテルで「一人5000円程度」と計算できるパーティーを開催していた。

>海江田氏の資金管理団体「海江田万里を支える会」が2015〜17年に提出した政治資金収支報告書には、毎年12月、ホテルニューオータニ(東京・千代田区)で「海江田万里を支える会望年会」というパーティーを開催していた。

>注目のパーティー収入と、支払いをした人数、ホテル側への支出は別表の通り。全員が会場に訪れていたとして計算すれば、一人当たり約4398円から約5587円になる。

>安倍首相後援会の「前夜祭」と、さほど変わらない金額ではないか。

>そこで、夕刊フジは18日昼すぎ、海江田事務所に、以下のような質問状を送った。

 (1)支払いした人と参加者を同じと考えれば、1人あたり5000円程度です。これは、ホテル側と交渉・合意のうえで支出したものでしょうか?

 (2)1人あたり5000円程度とすれば、安倍首相の「前夜祭」とほぼ同額です。野党やメディアは「1人5000円では、ニューオータニではパーティーはできない」と批判していますが、どうお考えですか?

 (3)参加者が少ない場合も考えられます。前出した3年間の参加者を教えていただけますか?

 (4)提供した飲食の内容をお教えくださいませ。「銀座久兵衛」の寿司は出ましたか?

>19日夕まで、約1日半回答を待ったが、海江田事務所は「今日は回答できない」としている。





そもそも、桜を見る会の何が問題だったのか。

もう、わけわかめ… (*´∇`) アハハ





zakzak;「よくわかっている先生、野党にもおられるはず」 ニューオータニ側が明かす「領収書」と「明細書」 2019.11.20

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の前日に開かれた「前夜祭(夕食会)」をめぐり、左派野党やメディアは「会費一人5000円は安すぎる」「領収書を一人一人に発行するのはおかしい」などと批判している。事実はどうなのか? ホテルニューオータニ側に疑問について聞いた。

>「当ホテルは、お客さまの安全、安心を担保しています。個別のパーティーについては回答できませんが、一般論としてお話ししたい」

>同ホテルの関係者はこう語った。

>まず、注目された会費一人5000円について。

>「開催時期や人数、食事や飲み物の内容、宿泊とのパッケージか、お客さまの利用頻度など、さまざまなケースがあり得ます。他ホテルとの競合になりますので、いろいろな相談をさせていただいている。『端数を切ってほしい』などよくあります。ケースによって、さまざまです」

>与野党関係ないのか?

>「当然です。野党にも、よく分かっている先生もおられるはずです」

>領収書を一人一人に発行する件はどうか?

>「当然、あり得ます。会費制のパーティーや食事会、女子会など、一人一人に領収書を切るケースはいくらでもあります。総額を超えなければ、領収書はご依頼通りに発行します。テレビで『考えられない』という指摘があったようですが、現状をよく知らない方の発言じゃないでしょうか。他のメディアの取材にも同様に答えているのですが、答えた通りに報じてくれない。不可解です」

>野党は、明細書を開示を求めているが、あり得るのか。

>「一般論として、ホテルはお客さまとの信頼で成り立っています。お客さまの了解がなければ開示できません。会費制のパーティーの場合、参加者全員の了解がなければ無理でしょう」






NHK NEWS WEB;与党 国民投票法改正案採決目指す 野党 「桜」追及へ 国会 2019年11月20日 12時50分

>今の国会の会期が残り3週間を切る中、与党側は、国民投票法改正案の採決を目指す方針を確認しました。一方、野党側は、総理大臣主催の「桜を見る会」について、徹底して追及する方針を確認しました。

>自民・公明両党の幹事長と国会対策委員長らは、20日朝、都内で会談し、安倍総理大臣の在任期間が憲政史上最長となったことを受け、今後も緊密に連携していく方針を確認し、政府が編成作業を進める今年度の補正予算案について、災害からの復旧や経済対策のため、10兆円規模にすべきだという考えで一致しました。

>そのうえで、衆議院憲法審査会で継続審議となっている国民投票法の改正案について、野党側の理解も得て、今の国会で採決を目指す方針を確認しました。

>自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、「改正案をそのままにするのは立法府の不作為に映るのではないか。野党の理解をいただく中でしかできないことだが、成立を目指す努力を続けていく」と述べました。

>一方、野党側は、国会対策委員長が会談し、国民投票に伴うテレビ広告の規制を優先して議論すべきだなどとして、現時点では採決に応じられないという認識で一致しました。

>そのうえで、「桜を見る会」をめぐって、安倍総理大臣からの推薦が1000人程度で、選挙のために公的な行事を利用した疑いがあり、看過できないとして、改めて予算委員会の集中審議を求めるなど、徹底して追及する方針を確認しました。

>立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し、「『桜を見る会』の招待者の内訳が明らかになり、自民党ぐるみで税金の目的外使用をしていたという観点が出てきた。徹底的にただしたい」と述べました。

>共産党の穀田国会対策委員長は、記者会見で「モラルハザードが起き、隠蔽や改ざんなどによって、立憲主義が破壊されたという意味で、かつてない最悪の内閣だ。長期政権を許したのは、われわれの力不足もあるが、『桜を見る会』の問題で、この内閣を打倒したい」と述べました。






asan_001.jpg














posted by kwazz at 17:33| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする