2017年08月09日

反安倍で、内ゲバ勃発かい? …wwwww

産経ニュース;「閣内不一致の時限爆弾」 野田氏起用に自民船田氏 2017.8.8 00:09

>自民党の船田元・憲法改正推進本部長代行は7日、自身のメールマガジンで、安倍晋三首相が内閣改造で起用した野田聖子総務相に関し「来年の党総裁選に出馬すると公言している。閣内不一致の時限爆弾を抱えたのではないか」と懸念を示した。党人事も「(首相の)お友達の一部は党役員として処遇される。挙党態勢を目指したかに見えたが、中途半端の印象を拭い切れない」と批判した。




かつてのプリンスも、無能をさらして落ちぶれ果てて。

小物臭プンプンですわ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





日本経済新聞;野田総務相「総裁批判はひきょう」 2017/8/8 17:13

>内閣改造で入閣した野田聖子総務相は8日、日本経済新聞社などのインタビューで「非常に苦しんでいるときに、いたずらに今いる(安倍晋三自民党)総裁を仲間が批判して政権を弱くするのはひきょうなことだ。今まで外野で言っていたことを同じテンションで、中できちっと伝えることが必要とされているのではないか」と述べた。

>来年9月に予定されている自民党総裁選への出馬については「いま決め打ちすることは考えていないが、方向性としてはそこは進んでいく」と述べ、改めて出馬への意欲を示した。2015年の総裁選では推薦人20人が集まらず、出馬を断念した。推薦人について「自分の仕事を通じ、いろんなリストが増えてくるといい」と語った。

>NHK改革については「全般的にみて一般国民からの批判があることも事実だ。受信料やガバナンスの問題など色々あるなかで、しっかりと公共放送としてやるべきことをやっているかどうかも検討し対応してほしい」と話した。






産経ニュース;【森友国会】石破茂&船田元コンビが「自民党分断」工作か? 壊し屋・小沢一郎氏の薫陶受け… 2017.3.18 15:00

>自民党内で、船田元(はじめ)元経企庁長官と、石破茂元幹事長への警戒論が聞かれる。学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地取得問題をめぐり、野党陣営に賛同するような発信をしているのだ。2人はかつて自民党を離党した同士で、新進党時代には小沢一郎氏(現・自由党党首)の薫陶を受けている。何か背景があるのか。(夕刊フジ、3月12日掲載)

>「国会で参考人を呼ぶことも1つの手段だ」「特別の力学が働いたと思わざるを得ない」

>船田氏は10日の朝日新聞朝刊やデジタル版で、森友問題について、こう語った。政府が否定する政治家の関与を示唆し、参考人招致を認めない党の方針と正反対の意見を披露したことになる。

>船田氏といえば、栃木県内で幼稚園から大学・大学院まで運営する学校法人「作新学園」で学院長を務めてきた。その経験を踏まえた発言だが、安倍晋三首相が会計検査院に問題解明を委ねたことにも、次のような痛烈な批判を投げつけた。

>「何らかの結論を1カ月も2カ月も出さないとすれば、隠れみのにしたと思われても仕方ない」

>石破氏の発言も注目された。

>9日の派閥会合で、石破氏は森友問題について、「野党から言われるまでもなく、われわれの側として示すことも必要ではないか」「政府・与党全体として、いろんな疑惑を払拭していくことが党の信頼を確立するためにも大事なことではないか」と語った。

>船田氏と石破氏はかつて、「鉄の結束」で知られる田中派に所属した。「政界の壊し屋」と呼ばれる小沢氏は先輩にあたる。同派はその後、竹下派、小渕派…と継承されるが、1993年の衆院選前に、小沢、船田両氏らは集団離党し、自民党を下野に追い込んだ。小沢氏は94年に新進党を結党するが、船田、石破両氏は同党に参加した。

>小沢氏は8日、森友問題で大阪の小学校用地を視察し、「大きな疑念を抱かざるを得ない」「役所を急がせる何らかの背景があったのかと想像される」と語った。船田、石破両氏の発言とシンクロする。

>このため、自民党内では「船田、石破両氏は党内政局を仕掛ける気ではないのか」「小沢氏は、自民党分断を狙っている。船田、石破両氏と連携しているとは考えたくないが…」などと推察する向きもある。

>政治評論家の伊藤達美氏は「『安倍1強』といわれるなか、船田、石破両氏は存在感を示したかったのだろう」といい、続けた。

>「野党側は、森友問題で参考人招致を求めているが、衆参予算委員会の集中審議で、問題の本質はほぼ明らかになった。それにも関わらず、こうした発言を繰り返すのは、結果的に『利敵行為』そのものだ。船田、石破両氏が永田町で『政局に疎い』と噂されるゆえんなのだろう」






haruhi_034.jpg







日本人に帰化したい!!
日本人に帰化したい!!孫向文

青林堂 2017-08-18
売り上げランキング : 20879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体 (角川新書) なぜ私は左翼と戦うのか 今こそ、韓国に謝ろう 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 「小池劇場」が日本を滅ぼす 中国人が見た ここが変だよ日本人 日本第一党宣言 余命三年時事日記―共謀罪と日韓断交 在日特権と犯罪 アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史

posted by kwazz at 10:08| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ようやっと、離党かい…w

YOMIURI ONLINE;細野氏が離党届「共産との共闘は信念に反する」 2017年08月08日 15時34分

>民進党の細野豪志・元環境相は8日、国会内で野田幹事長と会談し、離党届を提出した。

>細野氏は会談後の記者会見で、離党の理由について蓮舫代表が進める共産党との協力を挙げ、「基本的政策が根本的に異なる共産党との共闘は信念に反する」と説明した。





さて、ミドリの小池と話が付いたか… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;【民進党代表選】枝野幸男前幹事長が基本政策発表 原発ゼロ法案、年内にも 2017.8.8 21:55

>民進党代表選への立候補を表明している枝野幸男前幹事長は8日、国会内で記者会見し、選挙戦で打ち出す基本政策を発表した。「多様性を認め合い『お互いさま』に支え合う日本」を掲げ、医療、介護や子育て支援の充実を訴える。

>菅直人内閣の官房長官として、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に対応した経験から、「原発ゼロ法案」を年内にも国会に提出する考えも示した。党方針の「2030年代原発ゼロ」の年限前倒しも検討するという。

>憲法改正に関しては、9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の改憲案に反対姿勢を示す一方、「必要な条文改定にはしっかりと取り組む」と明言した。

>一方、赤松広隆前衆院副議長が束ねる旧社会党系グループは8日の会合で、代表選で枝野氏を支援することを決めた。代表選は枝野氏と前原誠司元外相の対決が軸となる見通しだ。






boomerang_001.jpg







「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)
「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)浅羽 通明

筑摩書房 2016-02-08
売り上げランキング : 143448

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
右翼と左翼 (幻冬舎新書) 宗教に関心がなければいけないのか (ちくま新書) 愛国と信仰の構造  全体主義はよみがえるのか (集英社新書) アナーキズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書) 反米という病 なんとなく、リベラル 現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史 (イースト新書) 憲法の涙   リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください2 この経済政策が民主主義を救う: 安倍政権に勝てる対案 日本会議の研究 (扶桑社新書) 偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち

posted by kwazz at 05:52| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

籠池内閣、完全にふっ飛んだよな…w

産経ニュース;著述家・菅野完氏に東京地裁が賠償命令 女性をベッドに押し倒す 2017.8.8 18:27

>ベストセラーの新書「日本会議の研究」で大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞の読者賞を受賞した著述家、菅野完(たもつ)氏(42)から性的暴行を受けたとして、女性が220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は8日、110万円の支払いを命じた。

>判決によると、菅野氏は新聞に意見広告を出す運動を通じて平成24年7月に女性と初対面。作業のため訪れた女性宅で、女性の意に反して性行為を求め、ベッドに押し倒した。

>菅野氏は訴訟で「女性の体には触れたが、性的暴行と評価されるようなものではない」と反論。「女性の主導により週刊誌で報じられ、社会的制裁を受けている」として慰謝料の減額を求めていた。

>天川博義裁判官は「女性の陳述書に不自然な点はなく、菅野氏側は何ら反証をしていない」と指摘。減額の主張も「証拠がない」と退けた。





すでに、パヨにすら、まともに相手にされていないような詐欺師を持ち上げた。

野党とマスゴミ、どうするよ… (*´∇`) アハハ





週刊金曜日ニュース;『日本会議の研究』菅野完氏の性的「暴行」事件訴訟が結審、被害軽視の姿勢 2017年7月21日4:59PM

>『日本会議の研究』の著者・菅野完氏が2012年に起こした性的「暴行」事件についての裁判が7月4日、東京地裁で結審した。

>裁判は、被害女性が15年末に200万円の損害賠償を求め起こした民事訴訟。結審に当たり菅野氏側が提出した書面には、事件を報じた小誌の記事が流布されたことで相当の社会的制裁を受けたなどとして、「本件で認定されるべき損害額は、5万円を超えることはない」と、被害を軽視する見解が記されていた。自らの性的「暴行」についての言及はなかった。

>裁判資料によると、菅野氏は事件当日、女性の家に初対面であるにもかかわらず上がり込み、パソコン作業の後、突然女性に抱きつき、のしかかった。押し倒された恐怖で悲鳴を上げた女性の頬に菅野氏は顔を押しつけてキスをし(菅野氏側はキスしていないとの見解)、「抱っこして」と要求した。女性が菅野氏を抱きかかえ背中に数回両手を当てると体を離したが、その後も性的欲望を伝えてきた(詳細は小誌16年7月15日号)。

>女性の行動は、〈力づくで犯されるのではないかという極度の恐怖〉によるものだが、菅野氏側は自らの行為について、〈一般的に、他人に対して性的行為を求めるとき、言語的説得によるのではなく、相手方の身体に接触することにより自らの性的行為をしたい意思を相手方に伝達する〉と、暴力的な“一般論”を展開している。

>女性は結審当日の意見陳述で、「今も知らない男性と2人きりになったり、被告(菅野氏)に似た人を見かけると、体が硬直し、冷や汗をかき、呼吸が苦しくなります。私にとって、この被害は過去のことではなく、現在進行形です」と訴えた。被害を軽視するような言論があることに対しては、「被害者の口を封じることに繋がり、加害者を利することになる」と強調。ジャーナリスト・山口敬之氏からの準強かん被害を訴えた詩織さんと同様に、「黙らされている誰かに」勇気を与えられると信じて裁判を闘ったと述べた。

>一方の菅野氏は、裁判に一度も出ず、書面の中で「反省」の意は示す一方、自らの加害を「比較的軽微」と主張してきた。結審の書面では、今年3月の和解協議が決裂した責任は女性にあるとの姿勢に転じた。判決は8月8日となる。

(本誌取材班、7月14日号)






kagoike_001.jpg







良心をもたない人たち (草思社文庫)
良心をもたない人たち (草思社文庫)マーサ スタウト Martha Staut

草思社 2012-10-04
売り上げランキング : 1399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫) 文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫) サイコパス (文春新書) 診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF) 他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書) 自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書) 他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書) ゆがんだ正義感で他人を支配しようとする人 (講談社+α新書) パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書) 困った性格の人とのつき合いかた −パーソナリティ障害を理解して自分を守る







posted by kwazz at 05:43| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする