2017年08月08日

いずれ始まる、手の平返し…w

ZAKZAK;民進離党表明の細野氏に罵詈雑言の数々 同年代議員は「女性のところに行くんだよ」 安積明子氏がリポート 2017.8.7

>民進党の細野豪志元環境相が4日、離党と新党結成の意志を表明した。自身が立ち上げた党内グループ「自誓会」の会合でメンバーに説明したが、自分勝手な細野氏にあきれ果てたのか、現時点では、行動をともにしようとする議員は見当たらない。突然、打ち上げた「モナ男新党」はどうなるのか。ジャーナリストの安積明子氏が、民進党内でわき起こる、細野氏への罵詈雑言をリポートする。

>「政治センスが悪すぎる。党代表選(21日告示、9月1日投開票)前の不安定な時期に、突然、離党を言い出すなんて…。後ろから鉄砲を撃つような卑劣な行為だ。自民党の石破茂元幹事長と同類だ」

>民進党の中堅衆院議員は、こう吐き捨てた。

>党幹部の1人も「改造人事で、安倍晋三内閣の支持率が上がりそうだったので、『安倍首相が衆院解散を打つかもしれない』と慌てたのだろう。それでどこに行くの? 小池百合子都知事の『都民ファーストの会』か? 裏で話が付いているのかもしれないが、かつて代表選に出た政治家が『自分だけ逃げ出せたらいい』と考えるとは、がっかりだ」と語った。

>細野氏は2000年の衆院選で初当選し、当選6回。環境相や民主党幹事長などを歴任した。関係者によると、7月2日の都議選以降に小池氏と密談したという。新党結成をめぐり意見交換した可能性がある。

>別の民進党衆院議員は「1人だけ逃げるのか!」と激怒し、別の議員は「党内では、もう存在感のない人だから、ご勝手にどうぞ。それにしても、あの人(=細野氏)は陰気臭いね」と言い切った。

>さらに、こんなことをズバリと言った同年代の議員もいた。

>「細野氏は民進党を出て、女性のところに行くんだよ。そう、きっと女性だよ、女性!」

>女性とは、前出の小池氏のことなのか。

>ほんの一部だが、細野氏に同情的な意見もある。

>ベテラン参院議員は「細野氏が今年6月の静岡県知事選に出ようとしたとき、『民進党から離れたいのだろうな』と思った。途中で諦めてしまったけど、あれはチャンスだったのだから、思いきって出ればよかったんだ。つくづく、先を読むことができない人だと思う」と語った。

>ちなみに、細野氏の離党表明について、すでに離党(除籍)した長島昭久元防衛副大臣はツイッターで「遅い」とつぶやいた。

>現状打破を狙って、離党表明した細野氏だが、先の見通しはなかなかつかないようだ。





沈みかけの泥船から、小ネズミどもが、我も我もと大脱走… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;小池新党の攻勢に浮足だつ民進党…「いつか来た道」が現実味 2017.8.7 23:17

>小池百合子東京都知事が事実上率いた地域政党「都民ファーストの会」が、いよいよ永田町に触手を伸ばしてきた。小池氏側近の若狭勝衆院議員が7日に設立を発表した政治塾「輝照(きしょう)塾」は、都民ファーストの国政進出の足がかりにほかならない。党勢低迷にあえぐ民進党では、にわかに所属議員が浮足立ち始めた。

>「国政をどういう立ち位置で、どういう理念でやるのか。注視していきたい」

>民進党の野田佳彦幹事長は7日の記者会見で、政治塾と「日本ファーストの会」の設立について淡々と感想を語った。

>ただ、心中は穏やかではないはずだ。若狭氏は6日のフジテレビ番組で、民進党を離党する細野豪志元環境相と新党構想について協議すると表明したばかり。さらに、選挙基盤の脆弱(ぜいじゃく)な若手を中心に、離党して小池氏と連携することを模索する向きもあるからだ。

>若狭氏は7日の塾設立発表の会見で、現職国会議員も塾生として認める考えを示した。既存政党に手を突っ込むと公然と宣言しているに等しい。ただでさえ、危機感を募らせる民進党内は都議選での都民ファースト圧勝に動揺が広がっている。比例復活当選者が大半を占める松野頼久元官房副長官グループの7月の会合でも「行き場があれば都民ファーストでやりたい」との発言が相次いだ。

>振り返れば、旧民主党政権末期の「離党ドミノ」の引き金も地域政党の台頭だった。「大阪維新の会」を母体とする旧日本維新の会などに多くの議員が流れた。民進党は「いつか来た道」を歩み始めているように映る。

>一方、自民党の萩生田光一幹事長代行は7日、BSフジ番組で民進党の離党者らが「小池新党」に駆け込むとの見方について「政策が一致しないのに数合わせで一緒になっても無理なことは歴史が証明している」と冷ややかに語った。






yasuna_sonya_002.jpg







覚悟 - さらば民進党、真の保守を目指して -
覚悟 - さらば民進党、真の保守を目指して -長島 昭久

ワニブックス 2017-06-27
売り上げランキング : 196876

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
参謀力 -官邸最高レベルに告ぐ さらば「しがらみ政治」- 元東京地検特捜部検事・政治家の闘い 偽りの「都民ファースト」 (WAC BUNKO 258) 日本人のための平和論 欧米の侵略を日本だけが撃破した 米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体 (角川新書) フェイクニュースの見分け方 (新潮新書) ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判 (ちくま新書 1267) 「小池劇場」が日本を滅ぼす 月刊Hanada2017年9月号 ケント&幸洋の大放言!

posted by kwazz at 05:44| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ファーストの会、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

産経ニュース;【民進離党表明】細野豪志氏が地元で離党説明 「いずれ解党か再編」 静岡県連の会合 2017.8.7 13:18

>民進党の細野豪志元環境相=衆院静岡5区=は7日、静岡市で開かれた党県連の臨時の常任幹事会で、4日に表明した離党意向について説明した。「(民進党は)解党か再編せざるを得ない」などと述べたという。

>会合を途中で退席した細野氏は記者団に「二大政党制という大きな目標は民進党と同じ。それがどういう姿なのかについての考え方(の違い)だ」と強調した。離党後も静岡5区で立候補することも明らかにした。

>県連会長の榛葉賀津也参院国対委員長は会合後の記者会見で「出席者のほぼ全員が慰留したが意思は固いと思った。見守るしかない」と話した。

>榛葉氏によると、細野氏は「今の民進党には解けない矛盾がある。いずれ解党か再編せざるを得ない」などと述べたという。





三極の出現で、いよいよ、泥船選挙互助会は終わりの終わりへ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;若狭勝議員が政治団体「日本ファーストの会」設立を表明 政治塾「輝照塾」開催も 2017.8.7 14:53

>衆議院議員の若狭勝議員(60)が7日、記者会見し、自身が7月13日に、自身が代表の政治団体「日本ファーストの会」を立ち上げたことを明らかにした。その上で、永田町の「政治のプロ」以外から、政治参加を目指す幅広い人材を全国から募るため、「日本ファーストの会が運営する政治塾を開催します」と話した。

>日本ファーストの会を設立した理由として、「先月投開票の都議選と昨年の都知事選で示された有権者の声として自民、民進でもない政党を有権者が求めていると感じたため」と説明した。若狭氏は政治塾の初会合を9月16日に開くと発表した。小池百合子知事が講師を務める。

>若狭氏の話した記者会見冒頭での主な説明は以下の通り。

     ◇

>「政治のプロだけによる政治だけでなく幅広い人材のもとで行われるべきとの考えです。希望の塾に応募者が殺到したのは政治が従来のような政治のプロによるものではなく、国家国民のために政治が行われるべきだということのあらわれだと思う。流れの先導役として永田町という限られた世界に生きている人だけでなく幅広い人材が必要だから応募者が殺到した。

>こうした東京都で示された声を全国から広く集めてこれからは政治のプロの経験だけでなく幅広い層で日本を前に進めていく先導役を集める政治塾を開催することにした。

>今回の政治塾は「輝照塾」(きしょうじゅく)。ゆえんは、『一燈照隅 萬燈照国』(いっとうしょうぐうばんとうしょうこく)という天台宗の最澄さんの言葉からとった。はじめは一隅を照らす小さなあかりでも、その明かりが百万になれば国中を明るく照らすものになる。政治の在り方として示唆に富む。「輝照塾」においてははじめは小さな動きでもやがてそれが大きなトレンドとなり、国中が国民目線で輝く光で照らされていくという指針のもとで幅広く集まって、講義するという名前の下に政治塾を開催する」(WEB編集チーム)






narisumasi_001.jpg







偽りの「都民ファースト」 (WAC BUNKO 258)
偽りの「都民ファースト」 (WAC BUNKO 258)片山善博 郷原信郎

ワック 2017-06-22
売り上げランキング : 16128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「小池劇場」が日本を滅ぼす 新潮45 2017年 07 月号 [雑誌] 大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実 (SB新書) 偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する 東京都庁の深層 (小学館新書) 検証 産経新聞報道 激論! 安倍政権崩壊 月刊WiLL (ウィル) 2017年 8月号 月刊Hanada2017年9月号 知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)







posted by kwazz at 05:34| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする